輸入住宅の専門家による施工情報の提供


by Supervisor-homemade

黒く変色した木製サッシ

c0108065_13324370.jpg


九州の建築会社さんから、アルミクラッドの輸入木製サッシの
不具合で窓が開けられないので修理が出来ないかという相談を
頂きました。

写真を見る限り、建具(障子)のフレームが腐っているようですが、
その影響で開閉する為の金物が脱落しているのかも知れません。

そのサッシは、ボウ・ウィンドウと呼ばれる弓形に張り出した
5連窓の豪華なサッシですが、資料もなくてメーカーも特定する
のが難しいというものでした。

外側にアルミが被覆された木製サッシは、通常木部が腐ってきても
木部だけを新しい木に交換するということはありません。

それは、木部だけに不具合の原因があるとは限らないからです。

つまり、木部だけを交換しても他に原因があれば、すぐにまた
木が腐ってくる恐れがあるのです。

輸入サッシ・メーカーでも不具合の原因を調査し、それを日々
改善していますから、不具合のある建具(障子)を外して
新しい建具に交換することが一番いい修理方法だと言えるのです。

ただ、メーカーが分からないような状況であれば、最悪木部のみの
修理・交換をしなければなりません。

だからこそ新築時の図面や仕様書、記録が大切なんですね。

因みに、今回再度記録を探して頂いたら、マーヴィン(Marvin)
のものであるかも知れないという情報を本日頂きました。

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートを
して欲しい、私と話をしたいという方は、お問い合わせ下さい。
全国どこでもご相談を受け付けます。

尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事を
いくつかご覧の上適否をご判断願います。
[PR]
# by mikami-homemade | 2017-01-20 13:45 | メンテナンス
c0108065_14492564.jpg


以前建具の木部の腐れがあったと記事に書かせて頂いた
20年前のハード(Hurd)社製ダブルハング・サッシ。

その窓を外から見た写真がこちらですが、どちらも何事もなく
きれいな状態に見えますよね。

でも、実際は上窓と下窓とが重なり合う場所などで腐食が進んで、
ロックも出来ないような状況に陥ってしまいます。

こういったケースでは、ハードの窓は建具を新しくするしか方法が
ありませんが、現在製造されている建具と若干形状が異なってきます。

そういう場合、普通のサッシ・メーカーであれば、窓の周囲の外壁や
内壁を一部撤去して窓枠を含めた窓全体を交換することとなりますが、
ハードのダブルハングは窓枠をそのままにして、枠に付属している
ジャム・ライナーを新しい建具に対応するタイプに交換します。

そう、ジャム・ライナーの厚みを調整して、防水性もよくなった
新しい建具に交換出来るのですから、交換費用もある程度に
抑えることが出来るし、工事も大掛かりにならずに済みます。

勿論、外からの見た目も以前のままになりますから、交換した
ということは外の誰にも分かりません。

でも、このアップグレード・キットがアメリカから入荷するまでは
3~4ヶ月程度掛かりますから、同じような問題を抱えている
皆さんは、セキュリティ対策を考えて早めに交換の手配をして
欲しいものですね。

<関連記事>: 下枠が腐ったダブルハングの建具

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートを
して欲しい、私と話をしたいという方は、お問い合わせ下さい。
全国どこでもご相談を受け付けます。

尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事を
いくつかご覧の上適否をご判断願います。
[PR]
# by mikami-homemade | 2017-01-19 14:58 | メンテナンス
c0108065_9193438.jpg


アメリカでもメジャーなデルタ(Delta)社の洗面水栓。
日本でも多くの輸入住宅に採用されました。

この写真の水栓金具は、10年近く前に施工されたもののようですが、
吐水口からポタポタ水が落ちる状況だそうです。

恐らく、レバー下に内蔵された止水バルブに不具合があるのだろうと
アドバイスを差し上げて、新築時の資料などを確認して頂きました。

幸運にも商品と一緒に箱に入っていた部品図が残されていて、
それをメールでお送り頂きました。

現在でも止水バルブは製造されているようで、何とかアメリカから
調達出来そうです。

このように少しの手掛かりがあれば、交換部品を探すことが可能
ですので、どうぞ新築時の資料を大切に保管しておいて下さいね。

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートを
して欲しい、私と話をしたいという方は、お問い合わせ下さい。
全国どこでもご相談を受け付けます。

尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事を
いくつかご覧の上適否をご判断願います。
[PR]
# by mikami-homemade | 2017-01-18 09:26 | 輸入設備
c0108065_10422335.jpg


こちらは、ボールドウィン(Baldwin)社製のドアラッチ。

ドアレバーは、ブロンズを油で磨き上げたようなアンティークな
美しいデザインのものになっています。

お客様からラッチが壊れたので部品の取り寄せが出来ないか
相談を頂いたのですが、新築時にオーダーした思い入れのある
ドアレバーなので、これを何とか使い続けたいと伺いました。

ボールドウィンは、ドアノブ・メーカーでも高級な部類の製品を
作っている処なんですが、国内には販売代理店もなく部品の
供給も海外からの取り寄せとなります。

このドアレバーだけでなく、家にある他のものも順次壊れてくる
恐れがありますから、その都度輸入していては経費だけでも
結構な金額になってしまいます。

ですから、今回調達するのであれば、少し多めに購入して
将来の交換に備えることをお勧めしました。

勿論、国内でも部品調達が比較的簡単な輸入メーカーのものに
取り換えることもご提案しましたが、この場合はお客様の
お気持ちを優先すべきと思います。

世の中には、手軽さや安さだけでは計れないものがありますね。

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートを
して欲しい、私と話をしたいという方は、お問い合わせ下さい。
全国どこでもご相談を受け付けます。

尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事を
いくつかご覧の上適否をご判断願います。
[PR]
# by mikami-homemade | 2017-01-17 10:48 | 輸入設備

久しぶりのご相談

c0108065_11362386.jpg


大阪府のお客様から、屋根に天然スレートを使いたいという
ご相談を頂きました。

一度葺いたら100年以上の耐久性がある本物ですが、それなりの
お値段になりますから、お客様にもそれなりの覚悟と資力が必要です。

写真は、お客様から頂いた屋根のイメージですが、ストレートな
一文字葺きの天然スレートになっていて、軒先の一列だけを銅板を
用いた鈑金屋根になっています。

腰葺きと呼ばれる手の込んだ施工ですが、平屋の贅沢なおうちには
よく合いますよね。

銅板ですから緑青が吹いてすぐに青く変色すると思われがちですが、
最初は黒く変色して50年以上掛かって徐々に青くなってくるので、
それまで私たちが生きていられれば見ることが出来るという代物です。

天然スレートの屋根も鉄分が染み出してきているようで、少し赤く
変色してきている処はなかなか風情がありますねぇ。

今回、建築自体は大手住宅メーカーさんが施工して、屋根だけを
お客様が直接発注されるという形のようですが、さてさてご契約は
どうなることでしょうか。

在庫や職人の状況を確認した上で見積をしますので、少々時間が
掛かってしまいますが、どうぞお待ち下さいね。

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートを
して欲しい、私と話をしたいという方は、お問い合わせ下さい。
全国どこでもご相談を受け付けます。

尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事を
いくつかご覧の上適否をご判断願います。
[PR]
# by mikami-homemade | 2017-01-16 11:41 | 外装工事

名古屋は、雪景色

c0108065_1271241.jpg


昨日たくさん雪が降るという予報だったけど、昨日の夜遅くから
今日の未明に掛けての方がよく降りました。

お陰で夜中に車が通ることもなく、自宅の周辺はひっそりした静かな
住宅街となりました。

夜が明けて、窓越しに外を見ると轍以外は真っ白の銀世界。

車も殆ど通らない日曜日は、本当に落ち着いた感じでいいですねぇ。

でも、朝の9時過ぎにガス・ファンヒーターが突然暖房を止めてしまいました。
キッチンのコンロも火が着きません。

何らかの原因で、ガスのメーターに付いている安全装置が働いてガスが
シャットダウンしてしまったようです。

ほぼ同じ位置にお隣のガスメーターも付いているのですが、そちらは
特に問題がない様子。

まあ、安全装置を解除して復旧すればそれで終わりの話なんですが、
地震もないのにどうしてそうなったのか分かりません。

寒い冬にガスが止まると給湯器のトラブルが思い浮かびますが、
こういう時はガスの元の状況を確認すると共に、給湯器の電源を一度
抜いてリセットさせると復旧することが多いですから、慌てず冷静に
対処するようにして下さいね。

ただ、10年以上使っている給湯器は、寿命が来ている場合がありますから、
最近変だなと感じたら早めに修理・交換をお考え下さい。

でないと、この寒い冬にお風呂もお湯も使えないなんてことになりますよ。

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートを
して欲しい、私と話をしたいという方は、お問い合わせ下さい。
全国どこでもご相談を受け付けます。

尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事を
いくつかご覧の上適否をご判断願います。
[PR]
# by mikami-homemade | 2017-01-15 12:12 | 全般
c0108065_10341846.jpg


ドアノブやドアレバーは、バネの反動を利用して作動するので、
長く使っているとどうしても悪くなってきます。

それは、国産だけでなく輸入のドアノブでも同じこと。

写真のものは、シュラーゲ(Schlage)社の美しいドアレバーですが、
不具合の為かレバーが下がり気味になっています。

20年近く経ってくれば、恐らくこのように家のどこかのドアで
不具合が起きてくるように思います。

そんな時、予備を用意している人はいないでしょうから、輸入の
ドアノブをどうしたら早く手に入れることが出来るか不安に思うお客様も
いらっしゃるかも知れません。

でも、安心して下さい。同じメーカーのものは手に入らなくても
当社のように北米製のドアノブを国内在庫している処は存在します。

ドアノブの構造やデザインは、各社で違っているのですが、取付け穴の
大きさや位置という基本的な点はどのメーカーでも同じで作って
いますから、こだわりや好みが合えば違うメーカーの新しいドアノブに
交換することが可能です。

輸入住宅は、意外とメンテナンスや交換が簡単に出来ますが、そういう
ことを相談出来るビルダーの確保が大切なんですね。

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートを
して欲しい、私と話をしたいという方は、お問い合わせ下さい。
全国どこでもご相談を受け付けます。

尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事を
いくつかご覧の上適否をご判断願います。
[PR]
# by mikami-homemade | 2017-01-14 10:40 | 輸入設備
c0108065_12564198.jpg


防火認定を受けている輸入木製サッシと言えば、ペラ社が有名ですが、
古くに施工された窓の中には雨漏れを起すものも存在します。

勿論、全部が全部そうなるというものではありませんし、現在輸入
されているサッシは改善がなされていると思います。

とは言え、14年近く前に施工されたこのペラのボウウィンドウでは、
はめ殺し(FIX)の建具(障子)の木枠が腐ってしまい、補修が必要
となっています。

恐らく、外装に張られたアルミ板のコーナー部分やガラスとの取り合い
付近の防水が切れて、建具の中に雨水が侵入したのでしょうね。

早めに発見して適切に対処すれば、大ごとにならずに済むのですが、
建具の奥側から徐々に腐食が進行するようなケースでは、なかなか
早く発見するのは難しいかも知れません。

今回のケースは、白い塗装がされていましたので、木の状態が
分かりにくく更に不具合の発見が遅れてしまったということと、
新築を担当した住宅メーカーが既に輸入住宅の扱いを止めてしまって
いたということも問題に拍車を掛けたかも知れません。

今の状況であれば、ボウウィンドウそのもののフレームにまで、
木部の腐食が進んでいないかも知れませんが、建具を外して
中を開けてみないとしっかりしたことは言えません。

病気と同じで、早めの発見、早めの対応こそが家の寿命を長く保つ
秘訣ですので、どうぞご注意下さいね。

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートを
して欲しい、私と話をしたいという方は、お問い合わせ下さい。
全国どこでもご相談を受け付けます。

尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事を
いくつかご覧の上適否をご判断願います。
[PR]
# by mikami-homemade | 2017-01-13 13:01 | メンテナンス
c0108065_13163048.jpg


北米のガレージドア・メーカー、ウェイン・ダルトン(Wayne Dalton)。

日本の輸入住宅でも多くのビルトイン・ガレージ用に採用されていますが、
見た目のスマートさからトルク・マスターという独自のデザインのものも
多く出回っています。

通常のガレージ・ドアの場合、ドアを持ち上げるトーション・スプリングは
トーション・バーの周囲を覆う形で設置されるのですが、トルク・マスター
というシリーズでは、バーの中に内蔵されたスプリング・チューブという
形式になっています。

ただ、こうしたデザインはアメリカでも少数派で、ましてや日本では
ウェイン・ダルトンの販売代理店やサービスのネットワークが存在しない為
特殊なパーツの在庫がないというのが実情です。

ですから、スプリング・チューブに内蔵されたバネが切れてしまうと、
そのドアに適合するものを特定した上で、海外に発注を掛けなければ
なりませんし、納期も3ヶ月程度みておく必要があります。

その間、大切な車を露天に曝したり、ガレージを開けっぱなしにしたり
しなければいけませんから、防犯上や維持管理上相当のストレスを
感じることとなります。

そういう意味では、時間を掛けてアメリカから取り寄せるよりも、
国内で在庫のある標準的なガレージ・システムに取り換えた方が現実的
かも知れません。

勿論、そういう時の為に交換用部品を複数購入しておくことが出来れば、
その心配もなくなるのですが、そこまで考えるお客様は少ないでしょうね。

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートを
して欲しい、私と話をしたいという方は、お問い合わせ下さい。
全国どこでもご相談を受け付けます。

尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事を
いくつかご覧の上適否をご判断願います。
[PR]
# by mikami-homemade | 2017-01-12 13:22 | 輸入設備

お揃いの家具で寝室を

c0108065_13245231.jpg


日本で家具を買うという時、ベッドはベッド、整理ダンスは整理ダンス
という形で別々で購入するのが普通です。

アメリカやカナダでもそういう買い方をする人は多いのですが、統一感
のあるインテリアにしたいというこだわりのある人には、お揃いの家具を
提案出来る家具メーカーが存在します。

カナダのダーハム・ファニチャー社には、写真のような寝室向けの
セット家具があるのですが、その品質は素晴らしいの一言です。

カナダですから、やさしい木目を持ったメープルの木を使っています。
勿論、べニアではなく無垢材で出来ています。

塗装は、落ち着いたイメージを出す為にマホガニー色が採用されています。

ベッドだけでなく、その脇のナイトスタンドや大き目のミラー・チェストが
お揃いだと、ゴージャスな感じがしますよね。

また、舟形のヘッドボードの装飾などは、欧米のトラディショナルなデザイン
を踏襲していますから、シンプル・モダンの流行とは一線を画します。

家の新築やリノベーションをする際に、資材と一緒にこうした家具や
インテリアを輸入するのって楽しいですよね。ツアーに行かれる方は、
お店で実物を確認して購入することも出来ますよ。

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートを
して欲しい、私と話をしたいという方は、お問い合わせ下さい。
全国どこでもご相談を受け付けます。

尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事を
いくつかご覧の上適否をご判断願います。
[PR]
# by mikami-homemade | 2017-01-11 13:32 | 輸入住宅