輸入住宅の専門家による施工情報の提供


by Supervisor-homemade
c0108065_13055371.jpg

輸入住宅を建てる人なら、やっぱりビルトイン・ガレージは必修ですね。

車に乗ったままリモコンスイッチを押せば、ドアが自動でせり上がって
いく様子は、家を建てたという満足感を満たしてくれます。

でも、ガレージドアも機械で動きますから、日頃のメンテナンスの
他に5年毎のバランス調整や10年毎の定期点検も必要です。

こちらは、新築から15年近く経ったガレージドアですが、トーション
スプリングと呼ばれる大きなバネが断裂し、ドラムワイヤーも

外れてしまいました。

トーションスプリングは以前にも交換したことがあるようですが、
10年毎の交換時期よりも寿命が短い場合もあるようです。

それは、バネの個体差もありますし、日頃のメンテナンスを実施
しているかどうかや使用頻度などによっても変化します。

また、木製ドアの場合雨風に当たりますから、どうしても自然と
歪みや狂いが生じやすいということもあるかも知れません。

ですから、屋外用の木部防水塗料 ティンバーケアなどを使って
塗り直しをしてやらないといけません。

いいものは手間・暇を掛けてこそ、長く調子よく使えるものです。

決して何も手入れをしなくていいものが、いいものという訳では
ありません。(勿論、手入れが少なくて済むのは助かりますが、
それが美しさや満足感につながるものではありません)

素敵なインナー・ガレージを維持していきたいなら、どうぞ
手を掛けて修理・メンテナンスをしてあげて下さいね。

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートを
して欲しい、私と話をしたいという方は、お問い合わせ下さい。
全国どこでもご相談を受け付けます。

尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事を
いくつかご覧の上適否をご判断願います。



[PR]
# by mikami-homemade | 2017-07-27 13:13 | 輸入設備
c0108065_14465752.jpg

以前、ペラ(Pella)・ウィンドウのフレンチ・ドアやケースメント等の
修理・メンテナンスをさせて頂いたお客様から、ご連絡を頂きました。

何でも、今度はダブルハング・サッシのロック金物(クレセント)が
破損したので、新しい部品が欲しいとのこと。

こちらがその部品ですが、送って頂いたこの写真のものは
壊れていないもので、どういった部品か分かるようにと
メールして頂いたもののようです。

こうしたロック部品は、各窓メーカーでデザインが若干異なりますが、
昔のものは鋳物のものが多かったようですが、最近の製品では
硬質プラスチックのものが増えてきています。

プラスチックと言っても石のように非常に硬く、そう簡単には
壊せないのですが、やはり経年劣化は避けられません。

勿論、鋳物はそれよりも衝撃に弱いでしょうから、あまり乱暴に
扱わない方が得策です。

でも、一旦壊れてしまうと、防犯上ロックが出来ないというのは
少々不安ですから、出来るだけ早めに復旧したいものですね。

今回、ペラに部品の調達を相談しましたが、予備も含めて
1ヶ月くらいで手に入りそうです。

輸入サッシのこうした部品に変な感じがしたら、壊れる前に
早めに在庫の確認をすることも大切かも知れませんね。

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートを
して欲しい、私と話をしたいという方は、お問い合わせ下さい。
全国どこでもご相談を受け付けます。

尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事を
いくつかご覧の上適否をご判断願います。



[PR]
# by mikami-homemade | 2017-07-26 14:55 | メンテナンス
c0108065_14101489.jpg

大きくて重いレンガを外壁(外装)材として使うレンガ積みの輸入住宅。

強固な鉄筋コンクリートで出来た基礎の上に載せてレンガを積んで
いきますから、建物の構造体にも負担を掛けない外壁となります。

でも、窓のある開口部の上にも外壁はありますから、そういった処は
基礎から積み上げるという訳にはいきません。

そんな場所で使われるのが、L字型をしたアングル鋼。

L字にすることで強度を上げて、上から掛かる重量にも耐えられる
状態を作り出します。

この写真は、そのアングル鋼が入れられた輸入サッシの窓上の状態です。

アングル鋼とサッシとの間にスペースがあるように見えますが、これは
上のレンガの重みでアングル鋼が下がってくるようなことに備えての
スペースです。

勿論、隙間から雨が中に入り込まないように、薄いサイディングや
防水コーキングで処理をしています。

こうして自然の摂理をうまく利用して造られるレンガ積みの輸入住宅
ですが、全てノー・メンテナンスという訳にはいきません。
(レンガ積みそのものは、ほぼノー・メンテナンスと言っても過言では
ありませんが・・・)

アングル鋼は厚みのある鉄で出来ていますから、表面に塗られた
錆止め塗装は定期的に塗り直しをしてやる必要があります。

屋根の鈑金や軒裏、輸入サッシの周囲の防水コーキングなどの
補修メンテナンスと一緒に、アングル鋼の塗装もお忘れなく。

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートを
して欲しい、私と話をしたいという方は、お問い合わせ下さい。
全国どこでもご相談を受け付けます。

尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事を
いくつかご覧の上適否をご判断願います。

[PR]
# by mikami-homemade | 2017-07-25 14:18 | 外装工事
c0108065_10083616.jpg

最近、インナー・ガレージに取り付けられているオーバースライダーの
ガレージ・ドアの修理について相談を頂くことが多くなっています。

こちらの写真は、北九州のお客様から頂いたウェインダルトン
(Wayne Dalton)社製の電動オープナー。

ドアを持ち上げるトーションスプリングが切れて、モーターの力だけで
開閉させていたのか、モーターの調子も悪くなっているようです。

また、バネの力をドアに伝えるドラム・ワイヤーも伸びてしまって
いるようで、こちらも一緒に交換です。

適合する必要部材を調達する為に、ドアの大きさや重量を調査しなければ
ならないのですが、現場が遠いということもあってお客様にチェックを
して頂きました。

普通のお客様であれば、恐らくそういったチェックをすることは
難しいのでしょうが、それが可能だったのはラッキーでした。

でも、こちらに付いているスチール・シャッターは、重量が45kgと
普通よりも相当軽い感じがしますから少々心配ではありますが、
何度もチェック頂いたようですから大丈夫でしょう。

今回は、電動オープナーとトーションスプリング、ワイヤーケーブル、
ドラムを現場に出荷して、取付けは現地で行ってもらう予定です。

修理・メンテナンスを責任を持ってやる場合、施工までの全てを
引き受けるのが一番ですが、取付け方法の知識や適切な道具がある
お客様の場合は、部材だけの供給も行います。

ただ、取付け方の間違いなど施工に係るトラブルは自己責任と
なりますから、その点は注意が必要です。

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートを
して欲しい、私と話をしたいという方は、お問い合わせ下さい。
全国どこでもご相談を受け付けます。

尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事を
いくつかご覧の上適否をご判断願います。

[PR]
# by mikami-homemade | 2017-07-24 10:19 | メンテナンス

チルト・ラッチの劣化

c0108065_12350853.jpg

随分古そうなカナダ キャラドン(Caradon)社製シングルハング窓
ですが、建具(障子)をサッシ枠に固定しておく為のラッチが、
このようにボロボロになってきました。

PVC樹脂製の窓自体には問題がなさそうですが、プラスチックの
こうした部品は太陽光の熱射や紫外線などによって、どうしても
劣化してきてしまいます。

チルト・ラッチは、窓を内側に倒して掃除する際にしか操作しない
部品ではありますが、ここの機能が失われてしまうと建具が
窓枠から外れてしまう恐れも生じます。

ここのお宅では、同じタイプのサッシが12ヶ所あるそうですが、
お知り合いも同様のサッシをいくつか使っていらっしゃるみたいです。

陽の当たりによって劣化の進行度も違うとは思いますが、何れ交換の
時期がやってきますから、今回一度に部品を調達して頂いた方が
いいかも知れませんね。

勿論、キャラドンというメーカーは、既に存在していませんから、
アメリカの同じ仕様の部品メーカーから調達することとなります。

輸入サッシのいいところは、汎用部品が多く使われていて、窓メーカー
からでなくても、小さな部品を調達出来るということですね。

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートを
して欲しい、私と話をしたいという方は、お問い合わせ下さい。
全国どこでもご相談を受け付けます。

尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事を
いくつかご覧の上適否をご判断願います。


[PR]
# by mikami-homemade | 2017-07-23 12:35 | メンテナンス
c0108065_13542872.jpg

岐阜県海津市の輸入住宅でサッシの大規模交換を予定していますが、
その建具が本日倉庫に入荷してきました。

交換する窓は15本近くありますし、そのうちの6本が大きな
スライディング・パティオドアという具合ですから、倉庫の中は
一杯という感じです。

普通だったら会社に一旦入れるなんてことはしないで、現場に直接
搬入すれば効率的で時間もセーブ出来るのですが、私たちには
その選択はありませんでした。

今回のペラ(Pella)・ウィンドウは、アルミクラッドと呼ばれる
木製サッシですから、木部に防水塗装を施さなければなりません。

また、塗装だけでなく、外装のアルミ部分のつなぎ目にもコーキング
を打って、防水処理を実施します。

こうしたことを建具交換した後にすることも可能ですが、サッシの
金物などが邪魔をして塗りにくい場所が出てしまいます。

だから、面倒ではありますが、会社に一旦搬入して、ここでパラペイント
を使って防水塗装等を行ってから、現場へと運ぼうという訳です。

数も数ですし、作業には時間も掛かります。また、これからお盆の
時期にも掛かってきますから、現場での取付けはお盆明けになりそうです。

こうした地道な作業と気遣いをすれば、それなりに時間や費用は
掛かりますが、窓の雨漏りによる木部の腐食で交換を余儀なくされた
という経緯を考えれば、丁寧な仕事こそお客様には求められていると
思います。

ですから、少々お時間は頂戴しますが、どうぞご容赦下さいませ。

<関連記事>: ペラのサッシは、ペアガラスだけじゃない

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートを
して欲しい、私と話をしたいという方は、お問い合わせ下さい。
全国どこでもご相談を受け付けます。

尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事を
いくつかご覧の上適否をご判断願います。


[PR]
# by mikami-homemade | 2017-07-22 14:03 | メンテナンス
c0108065_11594102.jpg
先日、東京の商業施設向けにアメリカから調達させて頂いた
マンテル(マントルピース)が、無事設置されたようです。

写真の中央にあるのがそのマンテルですが、少々小さくて済みません。

でも、実際は幅が1.5mもある大きなものですから、広いスペースには
このくらいのものが必要だと思います。

大理石を一旦粉々に粉砕して、再度固めて成形したものを手彫りで
装飾したものですから、本当に豪華です。

何故一旦粉砕するのかと言えば、天然の大理石のままだと、中に
思わぬ空洞が空いていたり、必要な大きさのものを確保するのが
難しかったりするので、彫りの安定を考えてこのようにして
造っているのだと思います。

真っ白な大理石に、少し黒っぽい大理石模様が入ったデザインは、
来客の多い輸入住宅にもピッタリです。

是非、皆さんのおうちにも如何でしょうか?。

<関連記事>: 手彫りのマントルピース

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートを
して欲しい、私と話をしたいという方は、お問い合わせ下さい。
全国どこでもご相談を受け付けます。

尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事を
いくつかご覧の上適否をご判断願います。


[PR]
# by mikami-homemade | 2017-07-21 12:05 | 輸入設備

こんなの、欲しかった?

c0108065_13115563.jpg

メンテナンスにお伺いする輸入住宅の件数が、どんどん増えてきて

いますが、シングル・ドアの玄関でストライクプレートがうまく
装着出来ていないというお宅を見掛けることがあります。

ストライクプレートとは、玄関ハンドルの開閉用ラッチがドア枠に
直接当たるのを防ぐ為に付けられる戸当たりの金属板を指すのですが、
この長さが短い為に木のドア枠が削れてしまっているというトラブルです。

普通は、こうしたトラブルが発生することはないのですが、屋外側の
ブリックモールディングと呼ばれる飾り枠をドア枠と同じ出面で
施工してしまったが為に、ストライクプレートが戸当たりの意味を
持たなくなってしまったのです。

言葉で言うとよく分からないと思うかも知れませんが、分からない方は
関連記事の写真をご覧頂くと理解が出来ると思います。

そんな状況で、新築した業者さんはいろいろ工夫をして、その問題を
解決しようとするのですが、それに適合した資材を持ち合わせていない
ので、うまく納まることが出来ず中途半端に終わります。

今回、私たちは、プレートの長さを長くしたストライクプレートを
アメリカから調達しました。

長さが8cm近くありますから、不具合のある殆どのドアに装着する
ことが可能です。

開閉ラッチのドア枠側をきれいに納めたいとお思いのお客様は、
是非これをお使い頂くといいのではないでしょうか。

ただ、私たちの在庫はそれ程多くありませんから、なくなりましたら
少々お待ち頂くかも知れませんので、ご了承下さいませ。

<関連記事>: こういう玄関ドアの処は、意外と多い
<関連記事>: 継ぎ足されたストライク・プレート

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートを
して欲しい、私と話をしたいという方は、お問い合わせ下さい。
全国どこでもご相談を受け付けます。

尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事を
いくつかご覧の上適否をご判断願います。

[PR]
# by mikami-homemade | 2017-07-20 13:24 | 輸入住宅
c0108065_11314623.jpg


システム・キッチンの標準コンロと言えば、前面に魚焼き機が付いた
ビルトイン・コンロです。

魚焼き機があると何かと便利だと思いますが、焼いた後の掃除が面倒で
あまり使わないというご家庭も多いかも知れませんね。

今回取り上げるのは、スイッチのツマミもカウンターの上に付いている
ドロップイン・コンロ。

オール・ステンレスで作られていて、いくつも料理をこなせる4つ口
タイプ。その上ゴトクが同じ高さでコンロ全面ですから、お鍋をスライド
移動しても安全です。

こういうヨーロッパ・テイストのデザインのものは、きっとキッチンを
スタイリッシュにしてくれるはずですし、料理も楽しくなるでしょうね。

この製品は国内で製造されていますから、将来のメンテナンスも安心です。

さあ、新築のみならず、キッチンのリフォームをお考えの方も、是非採用を
検討してみては如何でしょうか。

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートを
して欲しい、私と話をしたいという方は、お問い合わせ下さい。
全国どこでもご相談を受け付けます。

尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事を
いくつかご覧の上適否をご判断願います。
[PR]
# by mikami-homemade | 2017-07-19 11:34 | 輸入住宅
c0108065_13155475.jpg

コーラー(Kohler)と言えば、ホーロー製の大きなワン・シンク、
ベーカーズフィールド(Bakersfield)を思い浮かべる輸入住宅好きも
多いかと思います。

でも、コーラーを始め、シンクを作っている北米の住設メーカーは、
果敢に新しいトレンドに挑戦しています。

このステンレス・キッチン・シンクもその一つ。

日本のユーザーと違い、アメリカやカナダの主婦は、ツー・シンクを
好む傾向にあります。

実は、日本でもシステム・キッチンというものが導入された昭和40年代、
やはりアメリカに見習ってツー・シンクが一般的でした。

ただ、日本の台所では大鍋や大きなヤカンを洗うニーズが強く、徐々に
大きめのワン・シンクが主流になっていきました。

でも、付け置き洗いや水道水で冷やすという機能を重視している
北米の家庭ではワン・シンクは役に立たないという意識の方が
今でも強いのです。

さて、写真のシンクですが、キッチンカウンターの上に載せるオーバー
シンクとしても使えますし、カウンターに下にすっきりと納めるアンダー
シンクにもなるというスグレモノ。

モダン系の住宅は流行っている北米では、お店の厨房の感じを出す為に
ステンレスを多用するキッチンも人気です。

そして、シンクの角を出来るだけ直線的に作ることで、よりシャープで
モダンなキッチンにデザイン出来るという訳です。

日本では、モダン系のシステム・キッチンが流行っているとは言え、
まだまだモダン・デザインに拘ったものは多くないのが実情です。

是非、モダン・キッチンがお好きな皆さんは、シンクにも拘っては
如何でしょうか。

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートを
して欲しい、私と話をしたいという方は、お問い合わせ下さい。
全国どこでもご相談を受け付けます。

尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事を
いくつかご覧の上適否をご判断願います。

[PR]
# by mikami-homemade | 2017-07-18 13:23 | 輸入設備