輸入住宅の専門家による施工情報の提供


by Supervisor-homemade

アルミクラッドサッシの防水

c0108065_11264196.jpg


輸入サッシの中でも美しさと温かみを兼ね備えたものと言えば、
アルミクラッドの木製サッシ。

材質が木という点で、国産のサッシとは大きく趣きが違います。

ただ、木は自然素材故に日々の手入れが欠かせませんし、
日頃から状態をチェックすることが大切です。

特に雨水が強い風によってサッシの奥の方まで侵入すると、
長年の経過で木部が劣化することがよくあります。

基本は、雨が降った翌日に窓を開けて乾燥させればいいのですが、
それだけではいけないことも往々にしてあります。

それは、窓の枠や建具のつなぎ目が開いてきて、隙間を生じて
しまうような場合です。

隙間が空けば、そこから雨水が窓の内部に侵入します。

中に入り込んだ水は、なかなか抜けないですから、そのうち
内部の木を腐らせたり、割れを生じさせたりして、更に内部へと
水が侵入することとなります。

そうなると、サッシ自体の劣化だけでなく、周囲の構造体をも
劣化させたり、室内への雨漏りを生じさせたりしますから、
その修理にも時間とお金が掛かり、大変なことになるのです。

もしつなぎ目が開いてきたのを発見したら、埃を除去した後
早めにコーキングなどで防水処理するようにしましょう。

また、木部の防水塗装も定期的に行うようにして下さい。

手が掛かる分、愛着が出るのが輸入住宅のいいところ。
こうした地道な努力とメンテナンスが、あなたの輸入住宅を
美しく長持ちさせてくれるはずです。

輸入住宅の新築やメンテナンスをお考えの方は、ご相談下さい。

尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事を
いくつかご覧の上適否をご判断願います。
[PR]
by mikami-homemade | 2016-01-11 11:36 | メンテナンス