輸入住宅の専門家による施工情報の提供


by Supervisor-homemade

塗装が剥げた木製玄関ドア

c0108065_12493251.jpg


岐阜県のお客様から輸入の玄関ドアの塗装が剥げてきたので、
塗り直しのメンテナンスをお願いしたいというご相談を頂きました。

お住まいの輸入住宅は築17年とのことで、もしかしたら一度も
再塗装をしてこなかったのかも知れません。

ご覧頂いた玄関ドアは、家の北側に面した処にあるそうで、
南面程雨風に曝されていないとのことですが、それでも強い北風が
吹く時の雨であれば、ドアの下側に雨が当たることは考えられます。

状態を見る限り、木部が腐ってきているといったことはありませんが、
雨や湿気によってドアが変形したり、隙間が空いてきたりすることが
ないように、防雨・防水塗装をやっておく必要がありますね。

木製ドアは、温かみがあって古くなってもそれなりの趣きがある
ものですが、自然素材故の経年劣化や歪み・反りといった問題が
発生してくる可能性もあります。

そうした問題を少しでも回避する為には、木部を保護する為の
塗装をしなければなりません。

但し、家具や内装に使うニスを塗ったり、油性の塗料を施工したり
すると、用途の違いによって塗装が長持ちしないというケースも
多いですから、屋外の木部塗装の専門家に相談して慎重に対処
する必要があります。

塗料も適材適所。間違った塗装をしても意味はありませんし、
それが逆効果になることさえあるのです。

輸入住宅のメンテナンスでお困りの方は、お問い合わせ下さい。

尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事を
いくつかご覧の上適否をご判断願います。
[PR]
by mikami-homemade | 2016-01-29 12:55 | メンテナンス