輸入住宅の専門家による施工情報の提供


by Supervisor-homemade

ガラス・モールの割れ

c0108065_1558721.jpg


こちらは、トリムライト社製ファイバーグラス・玄関ドアの
写真ですが、ステンド・グラスの周囲にあるモール材に
ヒビが入ってしまいました。

築12年ということですが、その割には木目の塗装の状態もよく、
きれいにお使い頂いている感じがします。

ファイバーグラスが入った樹脂で表面が覆われたドアですから、
ドアそのものは相当丈夫に出来ていますが、ガラスを押える
部分のモール材は、樹脂のみで出来ていますから、経年劣化の
スピードも多少早いのかも知れません。

このひび割れは、お客様ご自身でパテ埋めされて補修をされた
ようですが、やはり素人補修では気になるとのことで私共に
ご相談を頂いたようです。

ただ、パテのようなもので簡易に補修する場合、素人の方が
やるよりも多少見栄えよくは出来るものの、新品のように
きれいになる訳ではないので、それを許容出来る場合に限ります。

どうしても元通りにしたいという場合は、新しく無塗装の
モール材をアメリカから取り寄せて、古いモールをドアから外し
新しいものを取付けた後にドアごと塗装するということになります。

でないと、モールとドアの色がきれいに合いませんからね。

費用と見栄えは、比例します。どこまで完璧を求めるかで、
その費用も上下しますので、皆さんの希望をはっきりさせる
ことが大切ですよ。

輸入住宅のメンテナンスでお困りの方は、お問い合わせ下さい。

尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事を
いくつかご覧の上適否をご判断願います。
[PR]
by mikami-homemade | 2016-02-01 16:05 | メンテナンス