輸入住宅の専門家による施工情報の提供


by Supervisor-homemade

ガラスが曇ったら、交換しましょう

c0108065_12432421.jpg


こちらは、ペアガラスが内部結露を起して曇ったペラ(Pella)社の
ダブルハング・サッシ。

外が見えないくらいガラスが真っ白になっています。

もう随分この状態だったようですが、フレンチドアのロック部品を
交換する案件があったので、同時に補修・メンテナンスをすることに
なりました。

樹脂サッシの場合、建具(障子、サッシュ)からペアガラスだけを
外して交換するのが一般的ですが、ペラのようなアルミクラッド・サッシ
の場合は、建具からペアガラスを外すことが難しいので、建具ごと交換
することとなります。

アメリカの工場で製作してもらうことになりますから、納期はおよそ
4ヶ月。ですから、すぐに交換出来るという訳にはいきません。

15年前に施工された輸入サッシですが、ちゃんと同じ大きさ、同じ
デザインで木製の建具を作り直してくれるなんて、国産の製品では
あり得ないことですよね。

そして、先日新しい建具が届きましたので、外装のアルミの周囲を
防水コーキングしてから、内側の木部もパラペイントのティンバーケアで
防水塗装を施しました。

c0108065_12513410.jpg


さて、交換した後の写真は如何でしょうか。外の景色もクリアに
見えてスッキリした感じがしますよね。

日に焼けた古い窓と新しい塗装の建具とでは、色の感じが全く違いますが、
木の腐食の問題を想定すると、ちゃんといい塗料を塗っておいた方が
いいでしょうし、長い年月が経てばある程度色も落ち着いてくるはずです。

そういう色の変化も楽しめる心持ちであれば、輸入住宅は次の世代にも
受け継いでいって頂けるはずです。

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートを
して欲しい、私と話をしたいという方は、お問い合わせ下さい。
全国どこでもご相談を受け付けます。

尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事を
いくつかご覧の上適否をご判断願います。
[PR]
by mikami-homemade | 2016-02-13 12:58 | メンテナンス