輸入住宅の専門家による施工情報の提供


by Supervisor-homemade

塗り直すなら、一緒に交換しよう!

c0108065_10232831.jpg


木製輸入ドアのように激しく劣化することはないですが、ファイバー
グラスの玄関ドアも表面の塗装は10年もすると悪くなります。

写真左が劣化して白く塗装が剥げた状態ですが、ファイバーグラス
自体は全く問題ない状況なので、写真右のように専用塗料で
正しく塗り直せばこのように美しい木目が蘇ります。

まるで新品のようで、信じられないくらい美しいでしょ。

一般の皆さんだけでなく、建築業者さんでもきっと木製ドアと
見間違えるのではないでしょうか。

でも、ドアの塗装だけでなく、10年もするとドアの金物も
劣化してきます。

鍵のデッドロックやドア・ハンドル、ヒンジといったものも雨風に
曝されて錆び付いてしまいますよね。

最近ではライフタイム・ワランティと呼ばれる錆びない金物が
登場していますが、それでもヒンジが長期の使用で減ってしまったり、
鍵が固くなったり、ハンドル・レバーのバネが利かなくなったり
しているかも知れません。

玄関ドアは家の顔。ファイバーグラスでも木製でも、塗装をする時は
ドアの金物類も一緒に交換すると気持ちよく住めるようになりますよ。

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートを
して欲しい、私と話をしたいという方は、お問い合わせ下さい。
全国どこでもご相談を受け付けます。

尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事を
いくつかご覧の上適否をご判断願います。
[PR]
by mikami-homemade | 2016-03-30 10:31 | メンテナンス