輸入住宅の専門家による施工情報の提供


by Supervisor-homemade

交換用建具の木部塗装完了!

c0108065_15144947.jpg


数ヶ月前にアメリカに注文した交換用の建具(障子)2本がようやく
入荷しました。

こちらの輸入サッシは、ペラ社製のアルミクラッド・サッシですから、
室内側の木部は無塗装で送られてきます。

このケースメントの窓は、幅が65cm、高さが130cmもありますから
ガラスやウェザーストリップにマスキング・テープを張るのも一苦労。

でも、ここで横着をして手を抜くと、塗料がはみ出した時に拭き取りが
大変になりますから、時間を掛けてきれいにテーピング。

塗料は、カナダ パラペイントの木部防水塗料 ティンバー・ケアです。
これは、雨や結露に強く、木の呼吸作用も阻害しませんから、
塗装が木から剥がれることもありません。

建具を交換しなければいけなくなった元々の原因は、雨や湿気が
アルミのカバーやガラスとの隙間から入り込んで腐ってしまった
ことにありますから、塗装は念入りにやる必要があります。

だから、塗装は二度塗りします。また、窓に建具が装着された状態
より建具単体の方が、細かな部分までしっかり塗装出来るんです。

ただ、揮発性の化学物質を含んでいませんから、乾燥するのに
半日以上掛かります。つまり、塗装の完了までに2日必要なんです。

やっぱり、手間・暇掛けないと丁寧な仕事は出来ませんね。

勿論、アルミとガラスとの接点や隙間にも防水コーキングをして
おきますから、昔のペラ・サッシのように腐るリスクは最小限に
なるはずですよ。

さあ、火曜に取付けですから、その様子は追ってご案内します。

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートを
して欲しい、私と話をしたいという方は、お問い合わせ下さい。
全国どこでもご相談を受け付けます。

尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事を
いくつかご覧の上適否をご判断願います。
[PR]
by mikami-homemade | 2016-04-10 15:21 | メンテナンス