輸入住宅の専門家による施工情報の提供


by Supervisor-homemade

バランサーの糸切れ

c0108065_10345790.jpg


輸入サッシ、アンダーセン社製ダブルハング・サッシの修理で
お問い合わせ頂きました。

この窓は、窓の両サイドに紐が上から降りてきて、建具(障子)を
持ち上げる際のサポートをします。

サポートとなる本体はバランサーと呼ばれていて、そこから紐が
出ているという構造です。

でも、写真のように紐が途中でちぎれてダラ~ンとぶら下がった
状態になっているのが分かりますでしょうか。

この状態では、窓をうまく持ち上げることが出来なくなりますから、
サッシの開閉も難しいということとなります。

このバランサーの寿命は、おおよそ10~15年。不具合の殆どは、
この糸切れが原因です。

Andersenの古い上げ下げ窓は、よく開閉する場所では早めに
バランサーを交換するように心掛けて下さい。

ご自身で交換が出来ない場合は、私たちが部品の調達から施工まで
お手伝い致します。

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートを
して欲しい、私と話をしたいという方は、お問い合わせ下さい。
全国どこでもご相談を受け付けます。

尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事を
いくつかご覧の上適否をご判断願います。
[PR]
by mikami-homemade | 2016-04-12 10:40 | メンテナンス