輸入住宅の専門家による施工情報の提供


by Supervisor-homemade

木部が腐っても諦めないで!

c0108065_9144157.jpg


不具合のあるペラ(Pella)社製ケースメント・サッシのメンテナンス
をしに、名古屋市緑区のお客様の輸入住宅に伺ってきました。

この写真は、悪くなったサッシの建具を取り外した処ですが、
金具が取り付けてある下端の木部がこのように劣化していました。

金物の取付けビスも完全に脱落し、全く開け閉め出来ない状態でした。

こうなると、お客様で何とかすることは不可能です。でも、建てた
工務店さんは、輸入住宅の事業から撤退したという理由で対応して
くれなかったそうです。

困ったお客様はNETで検索して私たちを見付け、ご相談を頂きました。

それから数ヶ月。アメリカのペラ・ウィンドウの工場で全く同じ
サイズの建具を造ってもらい、ようやく取付けまで漕ぎ着けました。

c0108065_9262541.jpg


勿論、昔のままというだけであれば、また雨や結露によって劣化を
起こすリスクが生じますが、ガラスや外装アルミの周囲に防水の
コーキングを予め施工し、木部には高品質防水塗料のティンバーケアを
二度塗りしてあります。

私たちがこうしたケアをした上で取付けするのは、輸入サッシを長持ち
させたいという願いがあるからです。

さあ、どうでしょう、既存のサッシ枠に見事に取り付けられた新しい
ペラの建具は。

窓の開閉調整も行って、前よりスムースに可動するようになり、
悩んでいたお客様の気持ちも晴れやかになったと思います。

時間や手間は掛かりますが、直したいという強い意志さえあれば、
必ず元通りの美しい輸入住宅に修復出来ます。

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートを
して欲しい、私と話をしたいという方は、お問い合わせ下さい。
全国どこでもご相談を受け付けます。

尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事を
いくつかご覧の上適否をご判断願います。

<関連記事>: 交換用サッシュの木部塗装完了!
[PR]
by mikami-homemade | 2016-04-13 09:36 | メンテナンス