輸入住宅の専門家による施工情報の提供


by Supervisor-homemade

色落ちしたブルースのフローリング

c0108065_1141212.jpg


最近のフローリングの殆ど全ては、ウレタン塗装と呼ばれる樹脂
コーティングを表面に施したものとなっています。

ウレタン塗装は、水にも強く色の変化もしないという長所を持って
いますが、反面湿気を吸ったり吐いたりするといった木の呼吸作用を
阻害するというデメリットも存在します。

国産の合板フローリングのように、既に木としての特性を失って
しまった床材にはウレタン塗装は有効ですが、私たちが使う無垢の
木製フローリングにはやはりオイル系の塗装の方が向いているかも
知れません。

ただ、最近は無垢のフローリングでもウレタン塗装のものが主流に
なりつつあり、オイル仕上げの床材は少なくなってきているというのが
現実です。

輸入住宅ブームの際に流行ったブルース(Bruce)やロビンス(Robbins)
社のオーク・無垢フローリングは、鉱物オイル系WAX仕上げでしたから、
梅雨時のように湿気のある時期でも床がベトベトすることもなく、
快適な室内環境を守ってくれました。

ただ、WAXを塗っただけの床材ですから、水が付くと写真のように
WAXが浮いて白くなってしまいます。

勿論、すぐに水を拭き取ればこうなることは防げるのですが、家事を
しながらだったり、小さな子供さんだったりすると、そのままに
なってしまうこともしばしばですね。

ただ、こうなったからと言って心配することはありません。

汚れやごみを丁寧に除去した上で、私たちが取り扱っている「Dura Seal」
というクリーナー・ワックスを塗れば、徐々にその美しさは戻ってきます。

着色されていないナチュラルな床材には、ナチュラル(ニュートラル)を。
そして、茶色に着色された床材にはダーク(コーヒーブラウン)をお勧め
しています。

手に入らなくなったブルース専用のワックスに代わる無垢の床材専用の
オイル系ワックス塗料をお求めの方は、是非お使い下さい。

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートを
して欲しい、私と話をしたいという方は、お問い合わせ下さい。
全国どこでもご相談を受け付けます。

尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事を
いくつかご覧の上適否をご判断願います。

<関連記事>:ブルース・フローリング用ワックス、入荷!
[PR]
by mikami-homemade | 2016-07-04 11:12 | メンテナンス