輸入住宅の専門家による施工情報の提供


by Supervisor-homemade

塗り直せば、まだ大丈夫

c0108065_10431081.jpg


シンプソン(Simpson)社製木製輸入ドア、シャトーミッシェル。

両袖にサイドライト(子扉)が付いている上に、トップにも
トランザムの明かり取りまで付いている豪華な玄関ですね。

ただ、新築から20年近く経っているにも係らず、塗り直し等の
メンテナンスを全くやってこなかったので、木の表面が黒ずんだりして
劣化が見受けられます。

ただ、この玄関の位置が、下屋のある奥の方であった為、雨に曝される
ことが少なかったようで、20年にしては傷みが少ない方ではあります。

木の割れなどもあまりないようですから、この程度なら表面に少し
ペーパーを当てて、スムースにしてからパラペイントのティンバーケアを
塗装してやれば、相当元に戻るような気がします。

尚、表面の化粧板が既に剥がれた状況の場合は、真っ白く塗装する方が
美しく仕上がると思います。ヨーロピアンに行くなら、赤や緑で塗装
するのも楽しいですよ。

また、経年劣化していれば、ドア下のボトム・ウェザーストリップなどの
気密パッキン材なども破れてきていますから、交換した方がいいですね。

あとは、防犯対策として鍵の隙間にガードプレートを装着したり、
必要あればダブルロックにするなりすれば、ほぼ完璧です。

(その他には、ドア・ヒンジを交換してドアの位置調整をしたり、
ディンプル・キーのシリンダーに交換して更に防犯を強化する
などありますが、少しずつやれる範囲で行いましょう)

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートを
して欲しい、私と話をしたいという方は、お問い合わせ下さい。
全国どこでもご相談を受け付けます。

尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事を
いくつかご覧の上適否をご判断願います。
[PR]
by mikami-homemade | 2016-08-11 10:48 | 塗装工事