輸入住宅の専門家による施工情報の提供


by Supervisor-homemade

無事取付け出来ました

c0108065_9525396.jpg


ハード(Hurd、現シエラ・パシフィック)社のサッシ・メンテナンス
について、何度か書かせて頂いておりますが、実際に取り付けた
状態の写真をお見せします。

建具(障子)や両側面のジャム・ライナーは、新しくなっていますから
真新しいナチュラル色になっています。

これも、20年後には色が変化して、ケーシング(飾り枠)と同じような
色合いになっていることでしょう。

この色の違いさえなければ、恐らくサッシを交換したなんて、分からない
でしょうね。それくらいピッタリのサイズになっているのです。

アップグレード・キットは、外壁も内装も何もいじることなく、
不具合のある建具を新しいものに出来るので、本当に素晴らしいと
思います。

こういったサービスも、国産サッシにはない輸入サッシのいいところ
かも知れませんね。

あと、こういうことを書くと、輸入サッシって不具合が多いように
感じる人もいるかも知れませんが、不具合が起きた輸入住宅は
ほんの極一部です。

そういう問題を相談する先がないお客様が全国からホームメイドに
問い合わせ頂くので、いつも記事を書かせて頂く状況となって
いるだけなんです。

高級で温かみのある木製のサッシなどは、自然素材ですからそれなりの
ケアが必要です。革張りのソファは合成皮革(ビニール)のソファ
よりも値段が張りますが、手入れをしないと10年で傷んでしますのと
同じです。

いいものを長く使う為には、日頃のメンテナンスが大切です。

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートを
して欲しい、私と話をしたいという方は、お問い合わせ下さい。
全国どこでもご相談を受け付けます。

尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事を
いくつかご覧の上適否をご判断願います。

<関連記事>: サッシのデザイン変更があっても対応出来ます
<関連記事>: 今なら、古いダブルハングでも交換出来ます
[PR]
by mikami-homemade | 2016-11-15 10:00 | メンテナンス