輸入住宅の専門家による施工情報の提供


by Supervisor-homemade

ハード社製? ダブルハング窓用バランサー

c0108065_14493050.jpg


福島県のお客様からハード(Hurd)社の窓ではないかと思われる
輸入サッシに不具合があるので、部品の調達が出来ないかとの
お問い合わせを頂きました。

こちらが、その窓の側枠の写真です。

グレーっぽい色(実際には白だと思いますが)の方が屋外側。茶色の
木部が見える方が室内側です。

通常上窓用と下窓用の2つのバネが側枠に並んで入っているのですが、
室内側に近い方(下窓用)のバランサー・スプリングが断裂して
しまったのか、ジャム・ライナーの上からバネが飛び出してきています。

こういう場合、窓メーカーの考えにも拠りますが、バランサー・スプリング
だけを交換するケースと、ジャム・ライナーごと交換するケースの二通りの
調達が考えられます。

また、両サイドにあるバランサーのうち、片側だけが切れてしまった
ようですが、古いバネは伸びてきているでしょうから、両方のバランスを
考えて2つ共交換することが必要です。

ハードのサッシであれば、バランサーにしてもジャム・ライナーにしても
比較的簡単に交換することは可能ですが、果たして素人のお客様が
ご自身で交換することはどうでしょうか?

何れにしても、まずはサッシ・メーカーを特定し、更に窓サイズから
適合する部品を見付けることが大切です。

それにしても、17年前のサッシでも修理可能というのは素敵ですよね。

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートを
して欲しい、私と話をしたいという方は、お問い合わせ下さい。
全国どこでもご相談を受け付けます。

尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事を
いくつかご覧の上適否をご判断願います。
[PR]
by mikami-homemade | 2016-11-17 14:56 | メンテナンス