輸入住宅の専門家による施工情報の提供


by Supervisor-homemade

輸入サッシ外装の防水処理

c0108065_15411493.jpg


輸入の木製サッシは、雨漏れが原因で木部の腐れを生じてしまう
ことがよくあります。

基本としては、雨が降った翌日には窓を開けて十分に乾燥させる
ことで問題にならないように出来るのですが、一概に全てそれで
解決するという訳でもありません。

輸入の木製サッシに限らず、ペアガラスが使われている窓は、
窓枠の隙間から雨が侵入すると稀にペアガラスの中の空気層に
水分や湿気が入り込むことがあるのです。

そうなると、ガラス内に結露を起し最悪ガラスが脱落する恐れが
生じますから、樹脂サッシやアルミサッシでも注意が必要です。

また、写真のようなアルミクラッドの輸入サッシの場合は、
外装のアルミのつなぎ目などから雨が侵入することもあります。

そういった状況から、私たちは窓の外装に防水処理をすることを
お勧めしています。(交換用の建具を取り付ける前には、私たちは
必ずこうした防水処理を念入りに行います)

勿論、輸入サッシ・メーカーでコーキング処理をしてありますから
そこまでやる必要はないという意見もあるでしょう。

窓の施工を行う住宅メーカーや工務店さんでも、サッシの取付けや
サッシの周囲の防水処理は行いますが、サッシ自体の防水施工を
行う人は殆どいません。

ですから、お客様ご自身でもDIYで防水コーキング等を打たれる
ことをされては如何でしょうか。そういうことをやってあった
にしても、10年もすればコーキングも劣化しますからね。

コーキングもいろいろ種類がありますし、色も数種類存在します。

適材適所を心掛けて、悪くなる前に是非トライしてみて下さい。

マスキングなど面倒な準備作業もありますが、慣れれば誰でも
簡単に施工出来るのがコーキングです。

ただ、やり過ぎて万一の水抜きの場所まで塞がないように!

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートを
して欲しい、私と話をしたいという方は、お問い合わせ下さい。
全国どこでもご相談を受け付けます。

尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事を
いくつかご覧の上適否をご判断願います。
[PR]
by mikami-homemade | 2016-11-29 15:47 | メンテナンス