輸入住宅の専門家による施工情報の提供


by Supervisor-homemade

ウェザーストリップも定期交換

c0108065_15144085.jpg


こちらの写真は、マーヴィン社製掃出しサッシ用のウェザーストリップ。

随分劣化が進んでいる為、応急処置としてテープで千切れるのを
抑えています。

ウェザーストリップは、気密や防水性能を高める役割がありますから、
ビードと呼ばれる樹脂製の羽根が付いているものが多いのですが、
その羽根が取れてきてしまうんですね。

Marvinに限らず、AndersenでもHurdでも然程違いがないものが
取り付けられていますから、10年くらいしたら劣化の具合をちゃんと
チェックして頂く方がいいかも知れません。

屋外と接する開口部にこうしたものが取り付けられる訳ですから、
窓だけでなく玄関ドアや勝手口といった処にも、同様に気密材が
取り付けられているはずですから、そちらも一緒に点検するように
して下さいね。

こうしたウェザーストリップは、どの輸入サッシ(ドア)・メーカーでも
消耗品として何らかの在庫を持っていますから、製造時期や品番などを
特定すれば、必ず代替のものを調達することが可能です。

ただ、国内に在庫がないものや形状が昔と違うものになっていたり
しますから、オーダーの際には納期や取付け方法に注意して下さいね。

早めに交換すれば、それだけ気持ちもよくなるはずです。

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートを
して欲しい、私と話をしたいという方は、お問い合わせ下さい。
全国どこでもご相談を受け付けます。

尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事を
いくつかご覧の上適否をご判断願います。
[PR]
by mikami-homemade | 2016-12-03 15:21 | メンテナンス