輸入住宅の専門家による施工情報の提供


by Supervisor-homemade

う~ん、やっぱり点火しない

c0108065_12301417.jpg


ロジェール社製の古いドロップインコンロ TS-40Bのメンテナンス
に行ってきました。

修理部品の供給先にも既に部品はないと言われ、掃除や研磨などで
何とか復旧しないかダメ元で作業をしてみました。

クレンザーや重曹はアルカリ、クエン酸は酸性といくつもの洗浄剤
と一緒に金属ブラシやタオル、ドライヤー、歯ブラシを準備。

実際に現場のお宅に着いて作業を開始したのですが、多少の錆びや
スス汚れはあるものの奥様の手入れが行き届いているせいか、
すこぶるきれいな状態でした。

とは言っても、何らかの汚れによる不具合があるかも知れないと
いうことで、バーナーヘッドやその受け台、点火プラグ等の汚れ落とし
を行いました。

4つあるバーナーのうち、1つのバーナーは1回だけ奇跡的にガスに
点火して着火出来ましたが、その後はまた元の状態に・・・。

そして、他の3つはツマミを回すと「カチカチ」音はするのですが、
ガスが出るだけで全く反応なし。

スパークさせる為の部品か、途中の結線の不具合だと思いますが、
しっかりした分解手順や交換部品の調達が出来ていない状況では、
これ以上手を入れることは控えるべきでしょう。

再度、修理部品を供給出来る会社に問い合わせをしてみて、
何らかの対処方法がないか探ってみることになりました。

だって、そこ以外は全く問題がないコンロですからね。

もしどうしてもダメなら、新しいドロップインコンロを調達する
方向となるかも知れませんが、ロジェールのデザインはほんと
可愛らしいですから何とかしてあげたいものです。

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートを
して欲しい、私と話をしたいという方は、お問い合わせ下さい。
全国どこでもご相談を受け付けます。

尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事を
いくつかご覧の上適否をご判断願います。
[PR]
by mikami-homemade | 2016-12-11 12:34 | メンテナンス