輸入住宅の専門家による施工情報の提供


by Supervisor-homemade

珍しいスウェドアの室内用ドア

c0108065_1143313.jpg


先日、アンダーセンの窓のメンテナンスにお伺いした一宮市のお客様
の輸入住宅で、室内ドアが床やドア枠に当たってきて開閉がしづらい
という相談を頂きました。

そのドアは、スウェドアの室内ドアで、20年以上前に施工されたもの
でした。

現在、スウェドアは玄関ドアのみが国内で流通している状態で、
室内用は滅多にお目に掛かれない貴重品です。

そのドアに取り付けられていたドア・ヒンジが写真のものですが、
少し蝶番に隙間が空いて減ってきている感じがします。

交換するにしても、同じヒンジが国内にあるかどうか?
また、もしかしたら、ヒンジ自体に高さを調整する機能があるかも
知れません。

一度輸入している会社に問い合わせをしてみないといけませんね。

万一そのどちらもダメということになったら、ワッシャーを入れて
高さを上げたり、ヒンジそのものを別のものに交換したりするなど
しなければならないと思います。

まあ、何れにしても何とかなるとは思いますが・・・。

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートを
して欲しい、私と話をしたいという方は、お問い合わせ下さい。
全国どこでもご相談を受け付けます。

尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事を
いくつかご覧の上適否をご判断願います。
[PR]
by mikami-homemade | 2016-12-13 11:48 | メンテナンス