輸入住宅の専門家による施工情報の提供


by Supervisor-homemade

バルコニーも雨漏りの原因か?

c0108065_1434046.jpg


昨日、屋根の不具合についてお話ししましたが、次にバルコニーを
チェックした状況を見てみましょう。

こちらは、玄関ポーチの上にある陸屋根形式のバルコニーです。

物干しとして使うのであれば、奥行きは90㎝程度でいいのですが、
玄関ポーチの屋根を兼用しているので2.3m程度の奥行きがあります。

広くなる分雨を受ける面積が大きくなりますから、それなりの排水経路を
確保しておく必要がありますし、定期的な排水口の掃除は必修です。

この輸入住宅は、手入れをされていない状態が長く続いたのか、
バルコニーに降った雨を集めて流す中樋には、土や落ち葉といったゴミが
溜まってしまっています。

こうした状態では、集中豪雨のような時には排水が追い付かず、バルコニー
全体に雨が溜まってしまうかも知れません。

バルコニーの床は、FRP防水と呼ばれる施工がされていますが、手摺壁
へのFRPの立ち上がりが5㎝程しかありませんから、その高さを越える
ような水が来れば、そこから構造体に水が入ってしまいます。

当然、床面にも雨水が入りますから、FRPの床の接着が緩くなり
床合板からFRPが浮いた状況になるかも知れません。

それ以外にも、手摺の上に取り付けてある鈑金の笠木が劣化することに
よって、そこから雨漏れを起こす危険性もありますから、慎重にチェック
すべき処です。

バルコニーの施工が原因の雨漏れリスクはこのくらいですが、昨日お話し
した屋根や外壁といったところから雨水がバルコニーに侵入してくる
恐れも考慮に入れておかないと、バルコニーを補修しても雨漏りが
止まらないなんてバカなことになります。

住宅において不具合が露見する場合、その多くは複合的な原因に
よって起こるものです。

ここだと決め付けず、その原因を深く考察出来るような専門家の
力を借りて対策を練ることが肝心ですよ。

勿論、普段の掃除や手入れが最も大切なことは間違いありません。

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートを
して欲しい、私と話をしたいという方は、お問い合わせ下さい。
全国どこでもご相談を受け付けます。

尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事を
いくつかご覧の上適否をご判断願います。
[PR]
by mikami-homemade | 2016-12-21 14:12 | 外装工事