輸入住宅の専門家による施工情報の提供


by Supervisor-homemade

チャネル・バランサーは、糸が命

c0108065_11453895.jpg


こちらは、インシュレート社製シングルハング・サッシ用のバランサー。

シングルハングとは、上下にある建具(障子)の下側の窓だけが
可動するタイプのサッシのことを言います。

Insulate社のもの以外に、北米の樹脂サッシ・メーカー各社でこの
チャネル・バランサー(長い金属の棒状タイプ)が採用されています。

それは、構造が比較的簡単で取り換えについても然程難しくない
という理由なんでしょうね。

勿論、こういう構造のサッシは、国産にはあまりないでしょうから、
一般のお客様や工務店・リフォーム業者が交換するには慣れが必要です。

このバランサーは、今まで何度も取り上げていますが、おおよそ10年
で交換が必要となる消耗品です。

車で言えば、ブレーキ・パッドやタイミング・ベルトみたいなもの。

消耗を起す場所の多くは、バネとフックとをつなぐ糸。
この糸が長年の使用で切れてしまうという訳です。
(稀にバネが錆びて切れることもあるようですが・・・)

この糸以外では、糸周辺の滑車にゴミが入り込んだり、滑車自体が
歪んだりして、糸がうまく巻き戻せなくなるというトラブルもある
ようです。

何れにしても、バランサーを新しいものに交換さえすれば、新築時の
ような状態に戻りますから、窓の開け閉めに異常を感じたら早めに
ご相談下さいね。

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートを
して欲しい、私と話をしたいという方は、お問い合わせ下さい。
全国どこでもご相談を受け付けます。

尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事を
いくつかご覧の上適否をご判断願います。
[PR]
by mikami-homemade | 2017-01-10 11:50 | メンテナンス