輸入住宅の専門家による施工情報の提供


by Supervisor-homemade

黒く変色した木製サッシ

c0108065_13324370.jpg


九州の建築会社さんから、アルミクラッドの輸入木製サッシの
不具合で窓が開けられないので修理が出来ないかという相談を
頂きました。

写真を見る限り、建具(障子)のフレームが腐っているようですが、
その影響で開閉する為の金物が脱落しているのかも知れません。

そのサッシは、ボウ・ウィンドウと呼ばれる弓形に張り出した
5連窓の豪華なサッシですが、資料もなくてメーカーも特定する
のが難しいというものでした。

外側にアルミが被覆された木製サッシは、通常木部が腐ってきても
木部だけを新しい木に交換するということはありません。

それは、木部だけに不具合の原因があるとは限らないからです。

つまり、木部だけを交換しても他に原因があれば、すぐにまた
木が腐ってくる恐れがあるのです。

輸入サッシ・メーカーでも不具合の原因を調査し、それを日々
改善していますから、不具合のある建具(障子)を外して
新しい建具に交換することが一番いい修理方法だと言えるのです。

ただ、メーカーが分からないような状況であれば、最悪木部のみの
修理・交換をしなければなりません。

だからこそ新築時の図面や仕様書、記録が大切なんですね。

因みに、今回再度記録を探して頂いたら、マーヴィン(Marvin)
のものであるかも知れないという情報を本日頂きました。

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートを
して欲しい、私と話をしたいという方は、お問い合わせ下さい。
全国どこでもご相談を受け付けます。

尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事を
いくつかご覧の上適否をご判断願います。
[PR]
by mikami-homemade | 2017-01-20 13:45 | メンテナンス