輸入住宅の専門家による施工情報の提供


by Supervisor-homemade

揺れるファイポンの親柱

c0108065_14572497.jpg


1年くらい前に愛知県刈谷市で施工したファイポン(Fypon)のデッキ手摺。

屋根を受けるポスト(柱材)を後付けで施工したり、強度的に不安定な
ウッドデッキの上に載せたりと、なかなか手間の掛かる仕事をした
のですが、今日1年点検後のメンテナンスに行ってきました。

実は、デッキ手摺をざら板の上に固定する為の親柱があるのですが、
これが左右に4cmくらい揺れるというので、見てもらえないかという
ご依頼を頂きました。

通常、ガッチリとざら板にボルトで固定されていますから、柱が揺れると
いうことは考えられないのですが、現場を確認すると確かにグラグラと
しています。

親柱をパーツに分解して床の固定金具を露出させた処、ボルトが緩んで
金具が少し浮いた感じになっていました。

恐らく子供たちが手摺の上に乗ったり、手摺を揺らしたりしたことで、
デッキからボルトが少しずつ抜けてきたんでしょうね。

デッキのざら板の厚さが薄いですから、ボルトのスクリューの掛かりが
少ないので仕方ありません。

標準の短いボルトを外して、もっと長いビスを使ってざら板だけでなく
大引きの材木にもビスが利くように施工を改善しました。

また、親柱とざら板、固定金具とざら板を強力な接着剤を使って
更に強く固定をしました。

これでまたグラグラするようなら、メーカーの施工マニュアルや
施工手順を変えて頂く以外方法はありません。

それにしても、しっかり施工しても1年くらいで柱が揺れる不具合が
起きるなら、同様のトラブルになっているおうちは全国にたくさん
あるんでしょうね。

<関連記事>: なかなかきれいでしょ

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートを
して欲しい、私と話をしたいという方は、お問い合わせ下さい。
全国どこでもご相談を受け付けます。

尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事を
いくつかご覧の上適否をご判断願います。
[PR]
by mikami-homemade | 2017-02-02 15:04 | 定期点検