輸入住宅の専門家による施工情報の提供


by Supervisor-homemade

樹脂なので、割れることも

c0108065_852378.jpg


昨日記事に書かせて頂いたファイバーグラス製玄関ドアの塗り直し
ですが、その際に一緒に直すモール材の写真。

ステンドグラスをドアに固定する為の飾りのモールディングが、
いくつか割れている状況です。

こうした枠材は、ファイバーグラスのドアの場合はプラスチック製。
木製ドアの場合は木で出来ています。

写真のものはプラスチック製ですから、陽に当たって固くなって
くると、温度変化などによる伸縮に耐えられなくなります。

紫外線対策として早めに塗り直しをしていれば、その劣化も少なくて
済むのですが、ドア自体の塗装がこんなに劣化してくる状況まで
塗装をしなければ、樹脂のモールも自ずと脆くなっているはずです。

このステンドグラスの大きさに合うモール材が見つかればいいのですが、
なければパテや樹脂などを埋め込んで補修する必要が生じます。

ドアの塗装をうまくやって、出来るだけ元の状態に近づけることが
職人技ですが、ファイバーグラス・ドアの木目塗装をしたことのない
塗装業者では難しいかも知れません。

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートを
して欲しい、私と話をしたいという方は、お問い合わせ下さい。
全国どこでもご相談を受け付けます。

尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事を
いくつかご覧の上適否をご判断願います。
[PR]
by mikami-homemade | 2017-02-22 09:00 | メンテナンス