輸入住宅の専門家による施工情報の提供


by Supervisor-homemade

糸切れしたシングルハング・バランサー

c0108065_12264493.jpg


先週、山梨県のお客様からメーカー不明の輸入の樹脂サッシに
取り付けられているチャンネル・バランサーが不具合を起したので、
交換したいというご相談を頂きました。

何でも、これから販売する中古物件の輸入住宅に施工されている窓に
付けられているものらしく、これが正常でないと売るに売れない
といった状況なのかも知れません。

写真をよく見ると、糸に連結しているはずのバネには、糸がつながって
いないような感じですし、糸自体も変に曲がっていていつ切れても
おかしくない状態です。

バランサーは、窓を開閉させる為には必修のパーツです。そこに
付いているバネや糸(ヒモ)が伸びたり切れたりしてしまうと、
サッシを持ち上げる機能が働きません。

つまり、開かずのサッシとなってしまう訳ですね。

バランサーは、10年毎くらいで交換する消耗品です。少し開け閉めが
おかしいなと感じたら、バランサーの破損を疑って下さい。

また、不具合のある窓以外に、上げ下げ窓がいくつか存在する場合は、
今正常なサッシもそろそろバランサーを交換する時期に来ています。

その時は、まだ大丈夫と思わずに全てのバランサーを交換するように
して頂きたいと思います。一度にやらないと、輸入する経費だけでも
バカになりませんから・・・。

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートを
して欲しい、私と話をしたいという方は、お問い合わせ下さい。
全国どこでもご相談を受け付けます。

尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事を
いくつかご覧の上適否をご判断願います。
[PR]
by mikami-homemade | 2017-02-27 12:36 | メンテナンス