輸入住宅の専門家による施工情報の提供


by Supervisor-homemade

トップパネルが破損したガレージドア

c0108065_10381395.jpg


施工して12年経つウェイン・ダルトン(Wayne Dalton)社製の
ガレージドアが、割れてしまったので、修理をお願いしたいという
ご依頼を頂きました。

埼玉県のお客様ですが、お近くに対応頂けるような業者さんが
いらっしゃらないということで、名古屋の私共にわざわざご連絡を
頂いたとのことでした。

早速、状況を確認する為に写真をお送り頂いたのですが、
スプリングのシステムが特殊なトルクマスターと呼ばれるタイプの
ガレージドアでした。

このトルクマスターは、ウェイン・ダルトンのみが採用している
開閉機構で、日本国内では対応する部品類が存在しない状況です。

10年程度で交換が必要となるスプリング(バネ)ですから、こちらの
ものもそろそろ交換のタイミングに来ていますし、今後のメンテナンス
を考えれば、私たちも在庫を持っている標準的なトーション・スプリング
にこの際交換しておくべきだと考えます。

今回破損したガレージドアは、スチール製かファイバーグラス製の
もののように見えますが、こうしたものは断熱性や軽量化を考えて、
中身にウレタンフォームが入れられています。

ドア表面の薄いスチールやファイバーグラスの面材に覆われている
状態ではある程度の強度を発揮しますが、面材が割れたり剥がれたり
してしまうと、極端にその強度が失われてしまいます。

ガレージドアと電動オープナーとを繋げている黒いドア・アームが
ありますが、このドア・アームとドアとがボルト留めされた部分から
割れが入っている感じです。

こういう場合、ドアがスムースに上がらない状況の中、無理に
オープナーでドアを引き上げようとして、この部分に大きな負荷が
掛かってしまったか、もしくはドアがオーバースライドした状況の
時に、ドアの中央を押し下げるような力が加わったのが原因と
思われます。

このままガレージドアを開閉させて使っていると、ドアがレール
から脱落したりして、人や車の上に落ちてくる恐れもありますから、
もしこうなったら作動させることは中止して下さい。

今回幸い代替出来るガレージドアがありますから、ドアの交換や
システムの切り換えが可能ですが、絶妙のバランスや力加減で
作動するガレージドアですから、こうなる前に定期的な点検や
調整を行うよう心掛けましょう。

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートを
して欲しい、私と話をしたいという方は、お問い合わせ下さい。
全国どこでもご相談を受け付けます。

尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事を
いくつかご覧の上適否をご判断願います。
[PR]
by mikami-homemade | 2017-03-04 10:46 | メンテナンス