輸入住宅の専門家による施工情報の提供


by Supervisor-homemade

中央部分が損傷したガレージドア

c0108065_11343218.jpg


サンバースト・デザインの明かり取り窓が付いたガレージドア。

朝日とも夕陽とも取れるデザインですが、ここのガレージは、
東向きなので朝日としておきましょう。

こちらのガレージドア中央の窓の上あたりを見ると、スチールの
パネルの表面がデコボコしたり割れたりしているのが分かります。

何故かドア・パネルの裏側には損傷は見られないのですが、
パネルとパネルとをつなげる金属ヒンジが断裂していました。

ヒンジの取付け位置がおかしくて、ヒンジやパネルに無理が掛かった
のかも知れませんが、そこはもう少し詳しくチェックする必要が
ありますね。

因みに、スチールドアの中身は、断熱材の発泡ウレタン。この素材
だけでは強度が出ないのですが、周囲をスチールの薄板で覆うことで
ガレージドアの強度と断熱性の2つを発揮します。

ですから、スチールに割れといった損傷があると、その強度も
自ずと落ちてしまいます。

今回、このガレージドアは交換することになりますが、ドアのバランス
を含めてしっかり調整していきたいと思います。

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートを
して欲しい、私と話をしたいという方は、お問い合わせ下さい。
全国どこでもご相談を受け付けます。

尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事を
いくつかご覧の上適否をご判断願います。
[PR]
by mikami-homemade | 2017-03-28 11:39 | メンテナンス