輸入住宅の専門家による施工情報の提供


by Supervisor-homemade

ここまで閉まらないのは、珍しい

c0108065_10293855.jpg


数ある輸入サッシの中でも、ウェザーシールド(Weather Shield)社の
ものは枠が細くて繊細な美しさを持っています。

日本中でこのサッシが使われていると思いますが、ここ東海地方で
施工されているのは比較的少ないかも知れません。

そんなウェザーシールドの窓ですが、名古屋のお客様からいくつも窓に
不具合があるので見て欲しいという相談を頂きました。

20年近く前の輸入住宅ですが、当時はハイカラで目立つ建物だった
ことは想像に難くありません。

不具合のあるサッシは、掃き出しサッシ、はめ殺し窓など様々ですが、
最も状況が悪いのは横に開いていくケースメント・サッシです。

写真は、そのケースメントの一つですが、建具(障子)が半開きした
状態で閉まらなくなり、タオルを隙間に押し込んで、ガムテープを
上から貼っています。

外から建具を押して、何とか窓を閉めようとしたそうですが、
どうしてもダメでこのように対処するしかなかったようです。

半日全体的な状況把握をしただけなので、これから詳しく個々のサッシ
の問題点や原因の究明をしなければいけませんが、建物自体の下がりや
歪みがあるかも知れません。

また、サッシがそうした建物の変化に対応出来ない感じで施工された
ということも考えられます。

勿論、サッシの開閉金物が経年劣化で歪みが発生し、建具の建て起こし
が悪くなって、窓枠にうまく納まらなくなったということもあるでしょう。

今回、外壁の塗装なども計画されているということですから、
その際お足場を利用して屋外からも窓の調整や防水処理をして
頂くと、よりよいリフォームになる気がします。

何れにしても、少し時間を掛けてしっかり修理したいと思います。
こういう輸入住宅を見ると、使命感に駆られますね。

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートを
して欲しい、私と話をしたいという方は、お問い合わせ下さい。
全国どこでもご相談を受け付けます。

尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事を
いくつかご覧の上適否をご判断願います。
[PR]
by mikami-homemade | 2017-03-29 10:35 | メンテナンス