輸入住宅の専門家による施工情報の提供


by Supervisor-homemade

玄関ドアのウェザーストリップの交換

c0108065_1432970.jpg


昨日は、本来お休みの日でしたが、お客様のご都合でマーヴィン
(Marvin)社のフレンチドアとケースメントの建具交換をしました。

現場は、名古屋市緑区でそれ程遠くありませんし、そのうち雨が
降ってくるという予報でしたので、作業を早めに進めました。

建具の交換やサッシの調整作業は無事にお昼過ぎには終わった
のですが、結構このおうちはいろいろなところが傷んでいました。

この家を建てられたビルダーさんはまだいらっしゃるようですが、
スタッフも殆ど全て辞めてしまったようで、メンテナンスも
殆ど行っていない状況のようです。

そのビルダーさんは、お客様からの問い合わせで、輸入玄関ドアの
気密パッキン ウェザーストリップを1本宅配で送ってきたらしい
のですが、取付けはご自身でやって下さいという感じだったそうです。

でも、お客様は素人ですから、ものがあってもどう取り付けていいのか
全く分からずそれを保管しておいたらしいのです。

そんな折、私たちが他のメンテナンス工事で伺ったものですから、
この気密材も取り付けてもらえないかということでお願いされました。

こんなウェザーストリップ一つ交換してあげられないビルダーさんに
憤慨しながらも、あまりそこの会社の業況がよくないという話も
聞きましたので、仕方ないとも思いました。

まあ、これを取り替えるくらいは簡単なことでしたから、サービスで
交換してあげました。

こうやって輸入住宅がメンテナンスされずに放置されている状況を
見ると、私たちだけでも何とか頑張らなきゃという気にさせられますね。

因みに、これと同じウェザーストリップがドアの両サイドと上部にも
付けられていないといけないのですが、未施工という感じでした。

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートを
して欲しい、私と話をしたいという方は、お問い合わせ下さい。
全国どこでもご相談を受け付けます。

尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事を
いくつかご覧の上適否をご判断願います。
[PR]
by mikami-homemade | 2017-04-27 14:38 | メンテナンス