輸入住宅の専門家による施工情報の提供


by Supervisor-homemade

屋根裏の結露

c0108065_21594517.jpg


今日は、愛知県知多郡美浜町のお客様から、家のチェックをして欲しい
というご依頼を頂いて見てきました。

ここの輸入住宅は、まだ築6年程度ということですから新築同然
といった感じなんですが、至る処問題を抱えていらっしゃるようです。

名古屋や東京で手広く輸入住宅を施工していらっしゃる住宅メーカー
さんなんですが、現場の監督者に商品の知識や施工の納め方の経験が
乏しく間違った仕事をしているといった印象でした。

また、設計自体もいろいろミスがあったようで、屋根裏の不必要な場所に
大きな梁(ハリ)が床面から飛び出していました。

建てた後でお客様が住宅メーカーに問い合わせた処、全く不要な梁で
あったことを認めたそうですが、建築のプロならあり得ん話ですよね。

ですから、その後訴訟沙汰に近いところまで行ったそうですが、
そりゃそうなるでしょう。

そんな中、お客様から一番気になるので見て欲しいと言われたのが、
この屋根裏収納。

発泡系のウレタン断熱材が、屋根面に吹き付けてあって、それを
厚手のビニールシートで覆っています。

屋根裏の一番高い所は相当の熱と湿気があって、夏でもないのに
まるで湿度100%の熱帯のようです。

そういった状況ですから、ビニールや断熱材には黒カビが発生し、
ビニールの上を水が流れているところがたくさん見受けられました。

そう、これは一見雨漏りに見えますが、ひどい結露なんです。

発泡系の断熱材は、アイシネンのように空気を通すようなスグレモノ
もあるのですが、価格ありきで施工されるものは全く通気性が
ありません。(勿論、私たちはこんなものは使いませんよ)

そんな断熱材の上からビニールを張っていますから、室内の暖かくて
湿った空気が上がってくれば、自然とビニールの中で結露を起しますし
屋根の野地板と断熱材との間でも結露を起して合板が腐ってきます。

ビニールもいい加減に張ってありましたから、湿気も入り放題。

こうした湿気を外に逃がす工夫をしていれば、まだましだったと
思いますが、棟木の上も完全に塞がった状態でした。

換気棟なんて20年も前から一般的なのに、そうした施工がされて
いないのは、お金を惜しんだか施工や材料の知識がなかったかの
何れかでしょう。

今日は、お客様に改善策のいくつかを提示して、それを効果的な
ものの順に実施していくように助言してきました。

どことは言いませんが、HPは素敵でも施工が粗雑なビルダーは
たくさんいますよねぇ(笑)

<関連記事>: 屋根裏及び屋根裏部屋の結露対策(1)

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートを
して欲しい、私と話をしたいという方は、お問い合わせ下さい。
全国どこでもご相談を受け付けます。

尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事を
いくつかご覧の上適否をご判断願います。
[PR]
by mikami-homemade | 2017-04-28 22:09 | 断熱材入れ工事