輸入住宅の専門家による施工情報の提供


by Supervisor-homemade

輸入サッシの金物交換

c0108065_16222843.jpg


マーヴィン(Marvin)のフレンチ・ケースメント・サッシに
付いているオペレーター・ギアやウィンドウ・ヒンジ等の金物を
交換しにやってきました。

こちらは、愛知県大府市の輸入住宅ですが、キッチンに付いている
両開きのフレンチ・サッシの開閉がスムースに行かないというので、
金物類を交換して建具(障子)の建て起こしを調整します。

センターフレームのない観音開きですから、広く開放的な感じに
なりますが、フレンチ・サッシは他と比べて値段も高く、施工される
頻度も限られていると言えます。

ただ、輸入住宅好きにとっては、やっぱり憧れなんでしょうね。
本格的な輸入住宅では、こうした窓が取り付けられていることが
比較的よくあります。

さて、この写真はオペレーターの交換作業の一コマですが、通常
オペレーターは木製のカバーの中に隠れています。

ですから、オペレーターを外す際には、そのカバーを取らないと
オペレーターに触ることが出来ません。

木製ですから、カバーを外す時には慎重に作業を行う必要があります。

カバーの固定には隠しビスなどが用いられていますし、そのビスの
頭も四角い形状の穴であったりしますから、専用の工具などがないと
カバーすら外すことが出来ません。

そして、そのカバーを外した処がこの写真ですが、建具も付いていない
状況だと何だか雑然とした感じがします。

ここでやっとオペレーターを外すことが可能となり、外した建具に
付いていたウィンドウ・ヒンジを新しいものに付け替えて、建具を
サッシに取り付ければ完了です。

今回は、それ程大きくないサッシュだったからいいですが、
これが大きくて重いものになると一人での作業は難しく
なります。

そういう時は、もう一人サポートがいると安心して交換作業が
可能となりますが、その分作業工賃も多く必要となります。

輸入サッシがうまく閉まらない、ロック出来ないという問題が
生じたら、こうした金物類を交換して建具を調整すれば
簡単に直ります。

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートを
して欲しい、私と話をしたいという方は、お問い合わせ下さい。
全国どこでもご相談を受け付けます。

尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事を
いくつかご覧の上適否をご判断願います。
[PR]
by mikami-homemade | 2017-05-01 16:30 | メンテナンス