輸入住宅の専門家による施工情報の提供


by Supervisor-homemade

浴室の防水メンテナンス

c0108065_1448569.jpg


台風一過という訳ではないですが、昨日雨が降ったせいか
今日の名古屋は風も涼しい快晴の空となっています。

そんないい天気ですが、今朝は日進市のお客様の浴室にお邪魔
しております。

以前、シャワー水栓を開けるとボコボコという音と共に、床のタイル
のところから水(お湯?)が出てくるので見て欲しいという相談を
頂いていたのですが、大工さんが忙しく延び延びになっていました。

今回、仕事の合間をみて、こちらの浴室メンテナンスをすることに
なったのですが、床のタイルの下は何か空洞が空いているのか、
少しブカブカした感じになっています。

そんなことでしたから、床は構造材で床組みがしてあって、その上に
FRP防水などをして仕上げにタイルを張っているのだろうと推測
していました。

でも、実際写真のように床タイルを剥がしてみたら、下地は堅い
コンクリート。ハンマーで叩いてもビクともしません。
(私たちは、こういう浴室を「在来のお風呂」と呼びます)

下地のコンクリートも割れなどの損傷は全くないようで、単に
タイルが全体的に浮いていただけだったようです。

どうして浮いたのかは分かりませんが、タイルとコンクリートとの
間にどこかから水が入り込んで、接着面を徐々に剥がしていった
としか考えられません。

給排水の配管の漏水や構造下地の不具合や腐りといった問題も
あるだろうと考えていましたから、タイルの浮きという軽微な問題
で済んでいたことは不幸中の幸いでした。

タイルを剥がした状態で少し様子を見て頂いて、問題がない
ようでしたら、新しく用意したガラスのモザイク・タイルを
張り直します。

きっと、より美しい浴室になると思いますから、いいリフォーム
のチャンスだったのかも知れませんね。

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートを
して欲しい、私と話をしたいという方は、お問い合わせ下さい。
全国どこでもご相談を受け付けます。

尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事を
いくつかご覧の上適否をご判断願います。
[PR]
by mikami-homemade | 2017-05-27 14:54 | メンテナンス