輸入住宅の専門家による施工情報の提供


by Supervisor-homemade

こういう玄関ドアの処は、意外と多い

c0108065_12504799.jpg


これは、輸入住宅の玄関ドアのドア・ラッチの受け金物を
撮った写真です。

右端に見える黒いゴムのようなものは、気密パッキン材の
ウェザーストリップ。

ですから、左側が屋外側ということが分かりますね。

通常、ラッチ受け(ラッチ・ストライクと呼びます)は、ドア枠
よりも少し屋外側に飛び出していて、ラッチの爪がドア枠に
当たらないように施工されているのが一般的。

でも、こちらのおうちのように、ドア枠の外側に付ける飾り枠の
ブリックモールディングが、ドア枠面と全く同じ位置に付いています。

こうなると、ラッチ受けがブリックモールディングよりも内側に
なってしまいますから、ラッチの爪がラッチ受けよりも先に
ブリックモールディングに当たってきます。

いわゆるラッチ受けの寸足らず状態です。

そこで苦肉の策を考えたのか、ドア枠やブリックモールディングの
木を削ってラッチ受けを何とか取り付けて、更に爪が通過する
ところには薄い鈑金を入れてあります。

そうすることで、ブリックモールディングの木枠を傷めることなく、
ドアが閉まるように工夫したようです。

ただ、こうした納まりは見た目に悪く、あまり感心出来る施工
とは言えませんね。

ブリックモールディングをドア枠の面より少しずらして付けるだけで、
こうした変な仕事はしないで済むのですが、輸入住宅ブームの際に
初めて施工したという住宅メーカーや工務店は、マニュアルも見ず
勉強もしない状況で施工したという感じだったと思います。

こんな施工を何とか修正する方法は、2つあります。

一つは、位置が違うブリックモールディングを外して、正常な
位置に付け直すという方法。

これが、最も美しいやり方ですが、大工やペンキ屋さんの手間が
掛かります。

もう1つは、ブリックモールディングの外側まであるような長い
ラッチ受けを取り付けるという方法です。

北米ではこうしたラッチ受けも手に入れることが出来ますから、
ラッチ受けを交換するだけで改善することが可能です。

ただ、現場に合わせた大きさのものを輸入しなければなりません。
その調達時間と海外送料が掛かることを頭に入れる必要がありますね。

まあ、こうした施工をしている輸入住宅は、他にも通常の納まりと
違った処があるはずですし、それによる不具合も発生していると
思います。

やはり、金額のことばかりに気を取られることなく、しっかりした
輸入住宅ビルダーの処で家を建てることが、長い目で見たら一番
お値打ちな家づくりなのかも知れませんね。

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートを
して欲しい、私と話をしたいという方は、お問い合わせ下さい。
全国どこでもご相談を受け付けます。

尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事を
いくつかご覧の上適否をご判断願います。
[PR]
by mikami-homemade | 2017-05-29 12:56 | 輸入住宅