輸入住宅の専門家による施工情報の提供


by Supervisor-homemade

新しく作り直した輸入サッシの網戸

c0108065_11423763.jpg


メーカー不明の輸入サッシの網戸なんですが、お客様が取付けを
する際に樹脂製のコーナー部品を壊してしまいました。

また、その際網戸のアルミ・フレームも少し曲がってしまった
らしいのです。

そこで、似たようなコーナー部品と網戸フレームをアメリカから
取り寄せて、私たちが新しく作った網戸がこちらです。

サイズも仕様もほぼピッタリで作ることが出来ましたから、
きっとうまくサッシに取り付けて頂けるはずです。

少しスクリーンの張りが緩い感じに見えますが、この大きさの
網戸にしてはフレームが細身で、これ以上ピンと張ると
その力でフレームが歪んできてしまいます。

実際の処、最初網をピンと張って完成したのですが、写真のように
網戸を立てるとフレームが捻ってしまい、再度グラスファイバーの
網を交換して張り直したのです。

それにしても、網戸も自作してしまう輸入住宅ビルダーって、
他にもいるんでしょうかねぇ。

でも、こういうことをする為には、網戸の正確な寸法や
フレームの正しい断面形状、コーナー部品の特定といった
詳細が分からなければ出来ませんし、そういった部材を輸入する
費用も掛かります。

ただ、国内ではどこも同じものを製作してもくれないでしょうから、
そういった意味ではお金以上の価値があるかも知れませんね。

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートを
して欲しい、私と話をしたいという方は、お問い合わせ下さい。
全国どこでもご相談を受け付けます。

尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事を
いくつかご覧の上適否をご判断願います。
[PR]
by mikami-homemade | 2017-05-31 11:46 | メンテナンス