輸入住宅の専門家による施工情報の提供


by Supervisor-homemade

大きな網戸を張り替えました

c0108065_1217469.jpg


米国のプライジェム(Ply Gem)社に吸収されたカナダのキャラドン
(Caradon、CWD)社製サッシの網戸2枚を張り替えました。

幅70cm、高さ160cmもある大きな網戸です。

網戸の網(スクリーン)は、いつも使うグラスファイバー製の丈夫な
ものでしたが、網押さえのゴムは劣化していて、引っ張るとプツプツ
切れてしまいます。

また、ゴムの太さも通常のものよりも太いタイプでしたから、わざわざ
通常と太さの違う新しいものを調達しました。

アルミ枠のコーナー部品はプラスチックで出来ていますから、もう
そろそろ使用の限界に来ている感じですが、まだ何とか使えました。

外に開くケースメント・サッシの場合、網戸は環境が厳しい屋外側
ではなく、材料にやさしい室内側に取付けされているものです。

ですから、20年も経つ網戸であれば、いろいろ交換が必要な部品も
ありますが、材料の劣化のスピードは比較的遅くなっていたと思います。

何れにしても、スクリーンと網押さえの糸ゴムは交換しましたから、
また窓を開ける際にお使い頂けると思います。

網をきれいに張るには多少のコツが必要ですが、作業がしやすい
広いスペースと材料や道具さえあれば誰でも簡単に交換出来ます。

暑い夏がやってくる前に、輸入住宅にお住まいの皆さんも
網戸の張り替えに挑戦してみては如何でしょうか。

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートを
して欲しい、私と話をしたいという方は、お問い合わせ下さい。
全国どこでもご相談を受け付けます。

尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事を
いくつかご覧の上適否をご判断願います。
[PR]
by mikami-homemade | 2017-06-18 12:22 | メンテナンス