輸入住宅の専門家による施工情報の提供


by Supervisor-homemade

こんなに古くても大丈夫!

c0108065_10182732.jpg


築30年ほどの輸入住宅を購入された岐阜県のお客様から、
輸入サッシの網戸が何枚か壊れているので新しい網戸を調達したい
というご依頼を頂きました。

当初どこの窓メーカーのものか分からないということでしたが、
先日当社に網戸のサンプルをお持ち頂いた際に、横方向に開く
ケースメント・サッシのクランク・ハンドルも欲しいということで、
ハンドルの実物をもってきて頂きました。

そこには、「Hurd」の刻印があるではありませんか。

ここをご案内頂ければ、窓メーカーがハードであることはすぐに
分かったはずですが、これをメーカーのロゴだとは思わなかった
みたいです。

ケースメントのハンドルは、操作する頭の部分が取れてしまったり、
オペレーターに差し込む穴のギザギザがなめてしまって、オペレーター
のギアが回らなくなったりする不具合があります。

ハンドルの多くは、窓部品を製造している部品メーカーの汎用品
であることが殆どですから、メーカー純正品でなくてもすぐに
調達することは可能です。

今回ハード社に問い合わせた処、新しいものは若干形状が変わっている
ものの古いハンドルと互換性のある部品を供給出来るという返事を
もらいました。

30年も前の古い窓でもこうして部品が手に入るというのは、
日本ではあり得ないことですね。

勿論、日本の家は30年もすると壊されてしまうのが現実ですから、
そこまで部品のサービスをする意味がないのかも知れませんが・・・。

日本の住宅メーカーや建材メーカー、消費者も、家づくりの考え方を
もう一度考え直すべき時が来ていると思います。

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートを
して欲しい、私と話をしたいという方は、お問い合わせ下さい。
全国どこでもご相談を受け付けます。

尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事を
いくつかご覧の上適否をご判断願います。
[PR]
by mikami-homemade | 2017-06-24 10:22 | メンテナンス