輸入住宅の専門家による施工情報の提供


by Supervisor-homemade

窓の周囲は、要注意!

c0108065_11211401.jpg

コテ塗り風に扇形の模様を付けて仕上げられた塗り壁の外壁。

地中海のプロバンス風に見えるということで、20年近く前に
流行したデザインですね。

でも、交通量が多い場所や黄砂や酸性雨などが降ってくるような
地域では、そのコテ跡に汚れが沈着してしまいます。

更に追い打ちを掛けるように、温度変化などで外壁が伸び縮みして、
ジョリパットのような塗り壁材にヒビが入ってしまうこともあります。

その原因の多くは、コストを重視した為に下地作りを疎かにした
ことにあるのですが、金額重視の傾向がある日本では仕方ないこと
かも知れませんね。

ジョリパットは、外壁の表面に塗った仕上げ材ですから、単にそれが
割れただけではすぐに防水性に問題が起きる訳ではありません。

ただ、サッシの周囲は、下地の防水紙がカットされる開口部でも
ありますから、弱点となる可能性が比較的高いとも言えます。
(透湿性防水シートは、防水構造の最後の砦です)

私たちのように、下地にサイディングを張ったり、外部通気層を設けたり
することで、雨の侵入にハードルを作ることが出来ますが、それを
するにはコストが必要です。

コストを低くしたいという家で、コストが高くなるような施工を
敢えてやるということは、真逆の考え方が共存することになりますから、
ほぼそうした施工をしていることはないでしょう。

ですから、サッシ周りや外壁の構造用合板のつなぎ目などで雨漏り
しているという不安を感じたら、出来るだけ早めに原因を究明して
正しい施工をすることが大切です。

勿論、それを正すには、相応の費用を覚悟しなければなりませんよ。

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートを
して欲しい、私と話をしたいという方は、お問い合わせ下さい。
全国どこでもご相談を受け付けます。

尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事を
いくつかご覧の上適否をご判断願います。

[PR]
by mikami-homemade | 2017-07-17 11:26 | 外装工事