輸入住宅の専門家による施工情報の提供


by Supervisor-homemade

チルト・ラッチの劣化

c0108065_12350853.jpg

随分古そうなカナダ キャラドン(Caradon)社製シングルハング窓
ですが、建具(障子)をサッシ枠に固定しておく為のラッチが、
このようにボロボロになってきました。

PVC樹脂製の窓自体には問題がなさそうですが、プラスチックの
こうした部品は太陽光の熱射や紫外線などによって、どうしても
劣化してきてしまいます。

チルト・ラッチは、窓を内側に倒して掃除する際にしか操作しない
部品ではありますが、ここの機能が失われてしまうと建具が
窓枠から外れてしまう恐れも生じます。

ここのお宅では、同じタイプのサッシが12ヶ所あるそうですが、
お知り合いも同様のサッシをいくつか使っていらっしゃるみたいです。

陽の当たりによって劣化の進行度も違うとは思いますが、何れ交換の
時期がやってきますから、今回一度に部品を調達して頂いた方が
いいかも知れませんね。

勿論、キャラドンというメーカーは、既に存在していませんから、
アメリカの同じ仕様の部品メーカーから調達することとなります。

輸入サッシのいいところは、汎用部品が多く使われていて、窓メーカー
からでなくても、小さな部品を調達出来るということですね。

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートを
して欲しい、私と話をしたいという方は、お問い合わせ下さい。
全国どこでもご相談を受け付けます。

尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事を
いくつかご覧の上適否をご判断願います。


[PR]
by mikami-homemade | 2017-07-23 12:35 | メンテナンス