輸入住宅の専門家による施工情報の提供


by Supervisor-homemade

ペラ社製ダブルハングのクレセント

c0108065_14465752.jpg

以前、ペラ(Pella)・ウィンドウのフレンチ・ドアやケースメント等の
修理・メンテナンスをさせて頂いたお客様から、ご連絡を頂きました。

何でも、今度はダブルハング・サッシのロック金物(クレセント)が
破損したので、新しい部品が欲しいとのこと。

こちらがその部品ですが、送って頂いたこの写真のものは
壊れていないもので、どういった部品か分かるようにと
メールして頂いたもののようです。

こうしたロック部品は、各窓メーカーでデザインが若干異なりますが、
昔のものは鋳物のものが多かったようですが、最近の製品では
硬質プラスチックのものが増えてきています。

プラスチックと言っても石のように非常に硬く、そう簡単には
壊せないのですが、やはり経年劣化は避けられません。

勿論、鋳物はそれよりも衝撃に弱いでしょうから、あまり乱暴に
扱わない方が得策です。

でも、一旦壊れてしまうと、防犯上ロックが出来ないというのは
少々不安ですから、出来るだけ早めに復旧したいものですね。

今回、ペラに部品の調達を相談しましたが、予備も含めて
1ヶ月くらいで手に入りそうです。

輸入サッシのこうした部品に変な感じがしたら、壊れる前に
早めに在庫の確認をすることも大切かも知れませんね。

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートを
して欲しい、私と話をしたいという方は、お問い合わせ下さい。
全国どこでもご相談を受け付けます。

尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事を
いくつかご覧の上適否をご判断願います。



[PR]
by mikami-homemade | 2017-07-26 14:55 | メンテナンス