輸入住宅の専門家による施工情報の提供


by Supervisor-homemade

ガレージドアの問い合わせが多いですねぇ

c0108065_13055371.jpg

輸入住宅を建てる人なら、やっぱりビルトイン・ガレージは必修ですね。

車に乗ったままリモコンスイッチを押せば、ドアが自動でせり上がって
いく様子は、家を建てたという満足感を満たしてくれます。

でも、ガレージドアも機械で動きますから、日頃のメンテナンスの
他に5年毎のバランス調整や10年毎の定期点検も必要です。

こちらは、新築から15年近く経ったガレージドアですが、トーション
スプリングと呼ばれる大きなバネが断裂し、ドラムワイヤーも

外れてしまいました。

トーションスプリングは以前にも交換したことがあるようですが、
10年毎の交換時期よりも寿命が短い場合もあるようです。

それは、バネの個体差もありますし、日頃のメンテナンスを実施
しているかどうかや使用頻度などによっても変化します。

また、木製ドアの場合雨風に当たりますから、どうしても自然と
歪みや狂いが生じやすいということもあるかも知れません。

ですから、屋外用の木部防水塗料 ティンバーケアなどを使って
塗り直しをしてやらないといけません。

いいものは手間・暇を掛けてこそ、長く調子よく使えるものです。

決して何も手入れをしなくていいものが、いいものという訳では
ありません。(勿論、手入れが少なくて済むのは助かりますが、
それが美しさや満足感につながるものではありません)

素敵なインナー・ガレージを維持していきたいなら、どうぞ
手を掛けて修理・メンテナンスをしてあげて下さいね。

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートを
して欲しい、私と話をしたいという方は、お問い合わせ下さい。
全国どこでもご相談を受け付けます。

尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事を
いくつかご覧の上適否をご判断願います。



[PR]
by mikami-homemade | 2017-07-27 13:13 | 輸入設備