輸入住宅の専門家による施工情報の提供


by Supervisor-homemade

マーヴィンのバランサー

c0108065_10434198.jpg


こちらは、1999年に施工したマーヴィン(Marvin)社製のアルミクラッド
・ダブルハングの上下建具(障子)を外して、窓枠だけにした状態です。

窓枠の両サイドには、グレー・ベージュ色をした樹脂製のジャムライナー
が装着されていますが、その溝にはクラッチと糸でつながった
バランス・チューブが内蔵されています。

このバランス・チューブが、北米の上げ下げ窓で一般に使われている
バランサーに相当します。

クラッチと呼ばれる部品の上に建具のピボットバーを載せると、
クラッチの固定が外れて建具の重量を支えるバネが利いてくる仕組みに
なっています(今のマーヴィンとは部品形状が異なりますが、基本的な
仕組みは同じです)。

バランス・チューブが2つ見えるのは、上窓(アッパー・サッシュ)と
下窓(ボトム・サッシュ)のそれぞれを持ち上げる為にあります。

今回、このバランス・チューブに内蔵されたバネが弱くなって、
建具が自然と下がってきてしまうという不具合が起こりました。

新築時から18年も交換せずに使ってきたということですから、
バランス・チューブの寿命は既に過ぎているという感じですね。

単に下がってくるだけということで、何もせずにそのまま使うという
人がいるかも知れませんが、そのことを忘れて建具から手を離して
しまうと、建具が勢いよく落ちてガラスや建具が破損するなんて
ことになり危険です。

こういう消耗部品については、マーヴィンのような有力メーカーは
今でも部品供給をしてくれますから、早めに交換して下さい。

ただ、こうした部品を知らなかったり、交換方法が分からなかったり
する輸入住宅ビルダーやサッシ屋さんが殆どですから、一般の皆さんは
やれる人を探すのは大変かも知れません。

だからこそ、家を新築する際の業者選びは、重要なんですよね。

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートを
して欲しい、私と話をしたいという方は、お問い合わせ下さい。
全国どこでもご相談を受け付けます。

尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事を
いくつかご覧の上適否をご判断願います。
[PR]
by mikami-homemade | 2017-11-15 10:49 | メンテナンス