輸入住宅の専門家による施工情報の提供


by Supervisor-homemade

シャフト取付け型の電動オープナー

c0108065_10572345.jpg

シャフト取付け型の電動オープナーと言えば、ウェイン・ダルトン(Wayne Dalton)
社製の「i Drive」を思い浮かべますが、こちらのガレージドア・システムは
トーション・スプリングが内蔵されたトルクマスターという特有のシリーズだけ
のものでした。

一般的なシャフト露出型のトーション・スプリングと異なり、国内では交換品の
在庫をしているところがない状況ですので、チューブ・シャフト(トルク・チューブ)
の使用には問題があると言わざるを得ません。

当然、これを標準的なトーション・スプリングのシャフトに交換すれば、「i Drive」
も標準品に交換する必要があります。

もしチューブ・シャフトに問題がなく「i Drive」のみを交換したいとしても、この
「i Drive」は国内に在庫はありませんから、一般的なチェーン・ドライブやスクリュー
・ドライブ、ベルト・ドライブのガレージ・オープナーに交換することになります。

ただ、最近発売されたリフトマスター(Liftmaster)社製のオープナーなら、「i Drive」
と同様にシャフトに直接取り付けるタイプとなりますから、ガレージドアと天井の
間のスペースがあまりない天井の低いガレージには持って来いかも知れません。

(通常の電動オープナーを取り付ける場合は、ドア開口の上端と天井との間は、
最低40cmの空間が必要となります)

でも、新しいタイプの電動オープナーは、本体の大きさ故にガレージドアと袖壁
(側面の壁)との間にスペースが必要です。

そういう寸法的な問題をクリア出来れば、スッキリとしたガレージになるでしょうし、
今話題のスマート・スピーカー(AIスピーカー)のようなNET機器を接続すれば、
スマホでドアの開閉が自動で行えるようですよ。(別売のリモート・ライトといった
照明装置も追加可能です)

何かガレージ・ライフもどんどん進化してきていますねぇ。

<関連記事>: ウェイン・ダルトン社製のガレージ・モーター「iDrive」 (2015年7月10日)

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートを
して欲しい、私と話をしたいという方は、お問い合わせ下さい。
全国どこでもご相談を受け付けます。

尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事を
いくつかご覧の上適否をご判断願います。

[PR]
by mikami-homemade | 2017-11-19 11:13 | 輸入設備