輸入住宅の専門家による施工情報の提供


by Supervisor-homemade

カテゴリ:輸入設備( 57 )

性能差は、一目瞭然

c0108065_205150100.jpg


先日、自然オイル塗料のオスモとドイツ製樹脂サッシ、エーデル・
フェンスターを扱う「オスモ&エーデル」さんへ商品を見学に行きました。

オスモは私も昔使ったことがありますから、特段目新しいことはない
だろうと思っていました。(でも、実際は新商品もあり面白かったです。
これはまたの機会にご紹介しましょう)

今回のメインは、エーデル・フェンスターというサッシだったんですが、
北欧のサッシと同じような部材が使われているかどうかを知りたいと
思って伺いました。

結局の処、北欧のサッシとは違う部材、違うデザインで作られていて
共通する部品などはなかったのですが、写真のようなカット・サンプルを
見せて頂きました。

左が、エーデル・フェンスターのサッシ。右が国産の樹脂サッシ。

どちらもトリプル・ガラス仕様となっています。これだけの話なら
性能差はないように思いますが、実際はそうではありませんよ。

それは、樹脂のフレームにあったのです。

エーデル・フェンスターのサッシの枠は、ハニカム構造のように
部屋が細かく分かれているのが分かりますか?それに引き換え、
大手メーカーの国産サッシは各々の部屋が大きくあまり仕切りが
ないですよね。

部屋が細かく分かれているということは、フレーム強度が高いという
メリットと熱が伝わる速度が遅くなるという点が優れています。

そして、エーデル・フェンスターの枠の中には、金属のフレームが
内蔵されているではありませんか。

これを入れることで、窓に強い力が加わった際でもサッシが歪まず、
開閉が重くなったり、固くなったりする恐れが少なくなります。

だから、幅2.4mの大開口の窓や掃き出しサッシが可能となる訳です。
(国産サッシでは、それだけの強度が最近まで出せなかったという
お話も聞きました)

ただ、ガラスについては、空気層を多く取っている国産サッシの
方が断熱性は有利な気がします。

勿論、LOW-Eガラスの性能がどうかという点も比較しなければ
いけませんが、そこまでのことはカット・サンプルだけでは
不明です。

さて、皆さんは環境先進国、ドイツの製品を選びますか?
それとも国産サッシを選びますか。

性能や金額、アフターサービスを考えて、サッシも検討したい
ものですね。勿論、北米製のサッシもいいですよぉ~。

尚、ドイツ製でも国産でも一部を除いて樹脂サッシの防火認定は
取れていませんから、防火地域では単独で使うことは出来ません。

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートを
して欲しい、私と話をしたいという方は、お問い合わせ下さい。
全国どこでもご相談を受け付けます。

尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事を
いくつかご覧の上適否をご判断願います。
[PR]
by mikami-homemade | 2017-05-23 20:55 | 輸入設備
c0108065_13121311.jpg


以前、ミルガード(Milgard)のスライディング・パティオドアの
ロックレバー部品を紹介させて頂いたことがありますが、今回は
ジェルドウェン(Jeld-Wen)社のレバーです。

こうしたロックレバーは、鍵を開閉する為の爪が、鋳物などの
金属で出来ていますが、それ故折れたり欠損したりするリスクが
大きくなります。

勿論、部品が折れる程強い力で操作しなければ大丈夫なんですが、
ロック・ラッチの位置がずれたりして鍵が掛けづらくなると、
無理に鍵を操作してしまうようです。

ただ、こうした部品が壊れてしまっても、輸入サッシ・メーカーが
日本から撤退していたり、家を建てた住宅メーカーがアフターサービス
を提供しなかったりすることが多くなって、部品を調達出来ないで
いる人もいらっしゃるかも知れません。

私たち ホームメイドでは、ジェルドウェンの樹脂製掃出しサッシに
用いられるロックレバーを調達することが可能です。

掃出しサッシは、ロックが掛からなければ最も侵入しやすい場所と
なりますから、防犯上早めに修理しておきたいですよね。

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートを
して欲しい、私と話をしたいという方は、お問い合わせ下さい。
全国どこでもご相談を受け付けます。

尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事を
いくつかご覧の上適否をご判断願います。
[PR]
by mikami-homemade | 2017-05-19 13:17 | 輸入設備
c0108065_11143481.jpg


真っ白に塗装されたアルミクラッドの木製ドアには、やっぱり
ゴールドが似合いますね。

両開きのフレンチドアは、輸入サッシ・メーカーの各社で販売されて
いますが、どこの製品も値段は非常に高いですよね。

だからこそフレンチドアは、人気があるのかも知れません。

Marvinのこのドアに付いているハンドルは、ロックセットと一体型に
なったタイプで、強固なデッド・ロックが採用されています。

このロックだと、泥棒さんも侵入するのに時間が掛かりますから、
防犯性能は高いと言えます。(欲を言えば、ガードプレートも欲しい
ですが、メーカーオプションにはないようです)

また、輸入のガラスドアの多くは、ペアの強化ガラスを採用して
いますから、ガラスを割って侵入するのに躊躇するかも知れませんね。

まあ、入ろうとすればどんなドアだって侵入されますから、近隣の家
と比べて侵入へのハードルが高いということが重要です。

そういうことで、ここの家に入るくらいなら他に行こうという
気にさせることが出来るのです。

ただ、ハンドルやロックは、長く使っていると消耗するパーツです。

寿命を少しでも長くしたいのであれば、金物への潤滑剤の塗布や
ドアの建て起こしの調整を定期的に行って下さいね。

そうそう、気密材のウェザーストリップも劣化してきますから、
こちらも10年毎くらいで交換するようにしましょう。

いいものを長く使うには、それなりの手入れが必要なんですよ。

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートを
して欲しい、私と話をしたいという方は、お問い合わせ下さい。
全国どこでもご相談を受け付けます。

尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事を
いくつかご覧の上適否をご判断願います。
[PR]
by mikami-homemade | 2017-05-14 11:19 | 輸入設備
c0108065_13174192.jpg


インナー・ガレージのドアを交換して欲しいというご依頼を頂いた
際に、電動オープナーのリモコンが大きいので、小さいものに
交換したいというお話を頂きました。

こちらの車載リモコンは、ジニー(Genie)社製ガレージ・オープナー
用のものなんですが、大型のスマホよりも分厚くて大きな感じです。

これをハンドバッグなんかに入れて持ち歩くのは、ちょっと気が
引けますね。(写真は、原寸大より少し小さいくらいです)

今のリモコンは、手に握れば隠れてしまうくらいの大きさですから
随分と進化したものです。

20年前のリモコンですからある程度仕方ないですが、機能もシンプルで
壊れにくいかも知れません。(実際に20年近く不具合はないですし・・)

さて、今回これに変わる小さなリモコンがないか、問い合わせをして
みたのですが、新しいタイプのリモコンは互換性がなく、この古い
リモコンも在庫が残り1個しかないということでした。

将来ガレージ・オープナーを新しいものに交換すれば、自ずと小さな
リモコンが付いてきますが、それまでの間にこのリモコンが壊れない
とも限りません。

ですから、もし予算に余裕があるようでしたら、予備に古いタイプの
リモコンを1個購入しておくのもいいかも知れません。

それにしても、アメリカのメーカーのものは、これだけ年月が経っても
部品の供給があるなんて素晴らしいですよね。

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートを
して欲しい、私と話をしたいという方は、お問い合わせ下さい。
全国どこでもご相談を受け付けます。

尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事を
いくつかご覧の上適否をご判断願います。
[PR]
by mikami-homemade | 2017-04-04 13:23 | 輸入設備
c0108065_10132620.jpg


まん丸の握り玉が可愛らしいクイックセット(Kwikset)社の
ドアノブ、サーカ(Circa)。

岐阜県のお客様のおうちで、古いタイプのサーカを見かけました。

握り玉の付け根のデザインが、少し流線形になっていて、今の
デザインとちょっとだけ違っています。

でも、今のものとも殆ど見分けが付かないくらいの違いですから、
普通の人は全く分からないかも知れませんね。

さて、そんな古いサーカですが、長年使ってきたことで、ラッチの
バネが弱くなっていますし、ノブ自体に仕込まれたバネも全く
機能していない状態になっていました。

それも、家中のドアノブというドアノブが、ほぼ全て何某か
破損しているという状態で、よくここまで我慢して使って頂いたな
と逆に感心しました。

今回、これらのドアノブを交換することになったのですが、お客様に
このデザインが気に入っているので同じものが欲しいというご希望を
頂きました。

ただ、このサーカというシリーズは、国内では今後販売していかない
ということになるようです。

何故かは分かりませんが、複数あるクイックセットの販売代理店の
全てで、サーカの販売は在庫限りとなっています。

多分北米ではまだ販売はされるように思いますが、個別に輸入する
となるとその分割高になります。ですから、調子が幾分悪いという
場合は、在庫がなくならないうちに早めのご購入をお勧めします。

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートを
して欲しい、私と話をしたいという方は、お問い合わせ下さい。
全国どこでもご相談を受け付けます。

尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事を
いくつかご覧の上適否をご判断願います。
[PR]
by mikami-homemade | 2017-03-31 10:17 | 輸入設備
c0108065_2111186.jpg


先日、洗面用のホーロー・シンクらしき処に付いたキッチン・シンクの
不具合について相談を頂きました。

比較的小さめのシンクですから洗面用だと思うのですが、正面には
鏡らしきものがないし、もしかしたらキッチンなのかも知れません。

ただ、シンクの大きさからすると、少し大きめの水栓金具ですね。

さて、今回のご相談は、やはり吐水口からの水漏れで、ハンドルを
閉じてもポタポタ水が落ちるというものです。

止水パッキンであるカートリッジ・バルブを交換すれば、すぐにでも
直るトラブルですが、水栓メーカーが不明で品番や品名も分かりません。

輸入住宅に使われている金色の鶴首のキッチン水栓は、以前はどこの
輸入水栓メーカーでも作っていたのですが、今ではポリッシュド・ブラス
(ピカピカの金色)のクラシックなデザインは殆ど見かけなくなりました。

取り敢えず、同じデザインではありますが、鶴首がもう少し小さめの
洗面用水栓金具を見付けましたので、それをご提案しようと思います。

本当は、交換用のセラミック・バルブをご案内出来ればいいのですが、
少しでも形が違えば取付け出来ませんから、それは不可能です。

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートを
して欲しい、私と話をしたいという方は、お問い合わせ下さい。
全国どこでもご相談を受け付けます。

尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事を
いくつかご覧の上適否をご判断願います。
[PR]
by mikami-homemade | 2017-03-18 21:14 | 輸入設備
c0108065_22242838.jpg


先日、お客様の所に掃出しサッシのメンテナンスに伺った際に
部屋のドアの閉まりが悪いというので、見させて頂きました。

こちらのドアノブは、クイックセット(Kwikset)社のサーカ
(Circa)というシリーズの取っ手です。

まん丸なデザインが可愛らしいので、輸入住宅ではよく使われました。

不具合は、潤滑剤をスプレーしてあげたら簡単に直ったのでが、
ラッチ部分をふと見たら頭の先が丸いデザインになっている
ドライブイン・ラッチでした。

今では殆ど見掛けないドライブイン・ラッチですが、20年くらい前
の輸入住宅ではたくさん使われたのだと思います。

多分、この種のラッチを取り扱っている輸入住宅ビルダーは、
私たち以外国内には存在しないと思いますから、交換を考えて
困っているお客様は相当いらっしゃるでしょうね。

造るだけ造って後は知らないという仕事の仕方は、輸入住宅への
信頼や憧れを失わせてしまうだけです。

補修やメンテナンスに如何に対処していくかは、私たちに
突き付けられた使命ではないでしょうか。

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートを
して欲しい、私と話をしたいという方は、お問い合わせ下さい。
全国どこでもご相談を受け付けます。

尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事を
いくつかご覧の上適否をご判断願います。
[PR]
by mikami-homemade | 2017-03-16 22:29 | 輸入設備
c0108065_1422838.jpg


台湾の会社、ジョーデンが製造している輸入水栓金具は、価格も手頃で
デザインも欧米のクラシックなものを踏襲しているので、輸入住宅に
採用されるケースが多いかも知れません。

止水パッキンは、北米の水栓と同じようにセラミック・バルブを使用
していますから、半永久的という触れ込みでPRしています。

でも、人間の作るものですから、絶対に壊れないということはありません。

今回ご相談頂いたお客様のものは、セラミック・カートリッジに
付属しているプラスチックのリング部品が劣化して欠けてしまいました。

バルブ自体には問題ないのですが、小さな付属部品が悪くなっても
水漏れは起こってしまいます。

リング部品だけを取り寄せて交換出来れば、バルブを交換しなくても
直ってしまうのですが、メーカーは小さな部品だけの販売はして
くれません。

こういう場合は、セラミック・バルブ自体を取り寄せて、交換する
以外方法はないですね。勿論、セラミックで出来た部分が割れたり
すれば、同様に交換が必要です。

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートを
して欲しい、私と話をしたいという方は、お問い合わせ下さい。
全国どこでもご相談を受け付けます。

尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事を
いくつかご覧の上適否をご判断願います。
[PR]
by mikami-homemade | 2017-03-12 14:07 | 輸入設備
c0108065_12403422.jpg


輸入住宅のキッチンで定番とも言えるドイツ製食洗機ミーレ(Miele)。

洗練されたデザインや優れた耐久性、高い機能性が評価されてきた
のですが、日本にやってきたのが1992年。もう25年にもなるんですね。

今までは価格も国産のものに比べて、それなりに高いものであった
のですが、今回25周年を記念して特別価格の「G 4920 SCi」を
販売するそうです。

国産のものは45cm幅が多いのですが、この商品は60cm幅と大きめで
最大14人分の食器を洗うことが出来るばかりか、フライパンやボウル、
鍋も食器と一緒に洗えるのが素敵です。

この製品は、ドアのパネル材を別途取付けるタイプですので、キッチンの
ドアとお揃いの色にも出来ますね。

あと、プログラム時間を短縮するショート機能や、チャイルドロックも
備えているらしいですから、これは結構お値打ちです。

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートを
して欲しい、私と話をしたいという方は、お問い合わせ下さい。
全国どこでもご相談を受け付けます。

尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事を
いくつかご覧の上適否をご判断願います。
[PR]
by mikami-homemade | 2017-03-02 12:45 | 輸入設備

ブラスのキッチン水栓

c0108065_1493593.jpg


昨日、Aquadis社製水栓金具の水漏れトラブルの記事を書きましたが、
その代替のキッチン水栓が届きました。

北米では少なくなったブラス(ゴールド)のクラシックなデザイン。

白いレバーハンドルには、フランス語で「冷たい」「熱い」の文字が
書かれていて、ヨーロピアン・アンティークを思わせます。
(勿論、水栓はアンティークではなく、新品ですよ)

止水パッキンは、他の輸入水栓同様セラミック・カートリッジ。

ですから、水漏れのリスクは比較的少ないと思いますが、念の為
予備のセラミック・カートリッジも一緒に手配しました。

せっかく交換・修理するにしても、ワクワク感や楽しさを味わえる
ようなことをしたいですよね。

ただの修繕で終わるメンテナンス工事にするか、新たな価値を加える
リノベーションにするか。私たちなら、後者を提案します。

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートを
して欲しい、私と話をしたいという方は、お問い合わせ下さい。
全国どこでもご相談を受け付けます。

尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事を
いくつかご覧の上適否をご判断願います。
[PR]
by mikami-homemade | 2017-02-09 14:15 | 輸入設備