輸入住宅の専門家による施工情報の提供


by Supervisor-homemade

カテゴリ:外装工事( 55 )

バルコニー手摺用の子柱

c0108065_9113882.jpg


私が持っているのは、輸入住宅のバルコニーやデッキの手摺に付ける
Fypon社製の子柱(バラスター)です。

階段手摺の子柱のように装飾が美しいデザインは、憧れますよね。

こうした部材はミルワークと呼ばれ、硬質ウレタンで出来ていますから、
軽くて丈夫で成型もしやすいという特徴がありますから、手摺だけでなく
窓まわりの飾りや玄関ドアのヘッダー(上飾り)などにも使われます。

ただ、単なる飾りであれば強度は必要ないのですが、手摺や柱材となると
折れて人が落ちたりすると危険です。

その為、バラスターの中心には肉厚な塩ビのパイプが入れられています。
こうしてあれば、見た目も変わらず、簡単に折れることはありませんね。
(尚、屋根を支えるような大きなポストには、鉄パイプが入っています)

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートを
して欲しい、私と話をしたいという方は、お問い合わせ下さい。
全国どこでもご相談を受け付けます。

尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事を
いくつかご覧の上適否をご判断願います。
[PR]
by mikami-homemade | 2016-03-02 09:18 | 外装工事
c0108065_1452628.jpg


今朝、名古屋にある塗装会社の方が、営業をしに事務所にいらした。

10名程の職人さんを抱えて、塗装だけでなく防水工事や鈑金工事
なども手掛けていらっしゃる会社でした。

いろいろお話を聞いて、どんな仕事をするかも聞きました。

外壁の塗り替えは、塗装の色あせを回復させるという目的の他に
防水の劣化を復旧させることも重要な要素です。

この際、外壁の防水で一番気になるのが、サイディングのつなぎ目や
窓まわりや屋根との取り合い部分です。

そういう場所は、鈑金で雨が入らないように処理したり、コーキング
を用いて隙間を埋めたり、またその両方を複合的に施工したりする
ことが求められます。

コーキングを施工する時、まず古く劣化したコーキングを除去します。

ただ、安くやろうとする職人さんは、それを除去しないで、その上
から新しいコーキングを打ち増しします。

そういう職人さんは、一旦除去して新しくしてしまうと雨漏りの
発生リスクが増えるので、打ち増しした方が安全ですという言い方を
します。

ですが、写真のように小さな隙間である場合は、新しいコーキング剤が
隙間の奥の方までしっかり入ってくれません。

表面的に隙間が埋まっても、十分防水材が施工されていない状況では、
すぐにコーキングに割れが生じ雨漏りしてしまうかも知れません。

営業にいらした方は、面倒でも古いコーキングを全て取ると言って
いましたから、まずはいい印象を受けました。
(取らないでも大丈夫とか、その分安くやれますと言っていたら
きっとそこで話は終わっていたでしょうね)

次に、気になるのがコーキングを打った後、塗装をいつやるか
という問題です。

彼曰く、打設後2~3日経ってからで、もしコーキングが乾ききって
いない状態なら、その日の塗装はやらないで会社へ帰るとのこと。

これって、すごく大切なことなんです。まず、日にちを置くという
ことは仕事が止まるということですから、早くやって早くお金に
したいという一般的な考えからすると、ちゃんとした信念がある
ということに他なりません。

また、数日してから乾き具合を見て、施工するかどうかを判断する
というのも重要なことだと思います。

こうしたことは、塗装をしてしまえば、お客様には分からない
ことですが、後々コーキングが割れて雨漏りしたり、塗装にヒビが
入ったりするといったトラブルを引き起こさない為に施工しよう
とする職人の気遣いだと思います。

こういうペンキ屋さんは、飛び込みで外壁塗装を安くやりませんか
と言ってくる人には絶対いません。安かろう悪かろうということを
まずは理解する必要がありますよ。

大切なことは、殆ど見積には書かれていませんから、誰を信頼して
仕事をお願いするかが、家づくりでは重要となります。

建築って、人が命ですね・・・。

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートを
して欲しい、私と話をしたいという方は、お問い合わせ下さい。
全国どこでもご相談を受け付けます。

尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事を
いくつかご覧の上適否をご判断願います。
[PR]
by mikami-homemade | 2016-02-26 14:11 | 外装工事

外部塗装は、ツヤが大事

c0108065_1195929.jpg


先日、長久手市で塗り直しを行った玄関ポーチの柱です。

芯に鉄パイプが入っていて、その上にウレタンを成型して作られて
いるので、ウレタンを劣化から守る為に定期的に塗装をしてやる
必要があります。

剥がれかけた塗料の部分をきれいにサンディングして、パテ等で
表面をなめらかにしてから下塗りをして、最後にツヤのある上塗りを
掛けます。

飾り部材にツヤがあると、豪華な感じが出ますよね。

最近、内装の塗料のように、外装の塗装でもツヤのない塗料を使う
人もいるようですが、汚れ防止や耐久性を考えるとツヤのある
セミグロスの水性塗料を使うのがお勧めです。

輸入住宅では、外装の飾りなどでウレタン成型のモールディングが
よく使われますが、10年に一度、屋根や外壁、雨樋を塗り替えする際に
こうした外装材も塗り直しをして下さいね。

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートを
して欲しい、私と話をしたいという方は、お問い合わせ下さい。
全国どこでもご相談を受け付けます。

尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事を
いくつかご覧の上適否をご判断願います。

<関連記事>: 玄関のポーチ柱の塗り直し
[PR]
by mikami-homemade | 2016-02-14 11:20 | 外装工事
c0108065_1249987.jpg


ここのところ、空き巣被害対策の家の防犯について書かせて頂く
機会が多いですが、今回は国産サッシの防犯ガラスについて
ご紹介します。

セキュオペアとかサンバランス・セキュリティといった商品名で
販売されているガラスが、それに当たります。

ペアガラスではない、古いシングルガラスでも交換出来るタイプ
(シングルガラス)もありますので、既存宅の防犯リフォームを
することも可能ですが、出来れば断熱性能の高いペアガラスに
することをお勧めしたいですねぇ。

防犯ペアガラスは、2枚あるガラスの1枚を合せガラスにして、
ガラスが合わさった中にポリカーボネートといった樹脂被膜を
挟み込む形が一般的です。

こうすることで、合わせガラスを打ち破ることが難しくなり、
室内側のロックを解除したり出来なくなるようです。
(尚、ガラスのグレードで、防犯性能に違いが生じます)

また、少し高価になりますが、防火ガラス仕様にするとバーナーの
火を使って樹脂被膜や合わせガラスを突破することも難しくなる
そうですから、更に防犯性はアップします。

輸入の掃出しサッシのように、ペアの強化ガラスを使うといった
手法ではありませんが、国産のサッシメーカーやガラスメーカーも
防犯には力を入れてきているようですね。

それだけ、日本でも空き巣や泥棒が多くなってきたということ
でしょうね。

新築や家のセキュリティ対策でお困りの方は、お問い合わせ下さい。

尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事を
いくつかご覧の上適否をご判断願います。
[PR]
by mikami-homemade | 2016-01-19 12:55 | 外装工事

なかなかきれいでしょ

c0108065_194168.jpg


今日は、お付き合いのある輸入資材を扱う商社さんのご依頼で、
他社の大手住宅メーカーが手掛けている新築物件の柱と手摺を
取付けに行ってきました。

その住宅メーカーさんや下請けをされている工務店さんでは、
こうした輸入ものの円柱や手摺を取付けたことがなく、
どこかやれるところはないかということでお鉢が回ってきた
という訳です。

でも、通常の施工手順と違う形で作業を進めなければならず、
結構大変な工事でした。

ただ、いつも一緒にチームを組んで仕事をする大工さんに
やって頂きましたので、何とかきれいに納まりました。

美しいデザインのハンドレールやリズミカルに並んだ
バラスター(子柱)は、輸入資材のファイポン(Fypon)
ならではでしょ!

でも、こうしていろいろとお声を掛けて頂けるのは、
輸入住宅専門ビルダーとして信頼されているからだと
感謝しなければいけませんね。

これに懲りず、また難しい仕事があれば挑戦したいと
思います。

こうしたデザインの輸入住宅をご希望の方は、ご相談下さい。

尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事を
いくつかご覧の上適否をご判断願います。
[PR]
by mikami-homemade | 2016-01-16 19:10 | 外装工事

輸入窓

10年以上前の輸入窓(アルミクラッド)のトラブルは
ガラスと枠の隙間から雨が侵入して腐ってしまうことがよくあります。
窓すべて交換する家もありますが
今回のお宅は窓が雨に当たりにくいようで
窓は非常によい状態になっておりました。
早めの処置として木部の塗装と、外部ガラスと枠のコーキングをします。
c0108065_9433984.jpg


c0108065_9435159.jpg

[PR]
by mikami-homemade | 2014-10-23 09:30 | 外装工事

外装のリフォーム

レンガの家はメンテナンスは必要です。
やはりコーキングや軒裏などのメンテナンスは12~3年を目安に考えてください。
c0108065_11422949.jpg


c0108065_11424449.jpg

[PR]
by mikami-homemade | 2014-10-20 11:42 | 外装工事

バルコニーのコーキング

c0108065_17274066.jpg

バルコニーの床は、12.3年前は板金が主流でした。
雨漏りの原因となるコーキングの痩せをチェックです。
c0108065_1728499.jpg
c0108065_17281715.jpg
c0108065_17282663.jpg

[PR]
by mikami-homemade | 2011-07-14 17:29 | 外装工事

ほぼ終わりかな

外装工事はほぼ終わりいよいよ足場をはずします
c0108065_17113065.jpg
c0108065_17115159.jpg
c0108065_1712740.jpg
c0108065_17122264.jpg

[PR]
by mikami-homemade | 2007-04-10 17:12 | 外装工事

塗装完了

塗装が終わりいよいよ足場をばらしますが、その前に付けておかなくてはならないものがあります。数が少ないので私がとりつけました。24時間換気のフードには、はすばらしい機能が付いていますが、使いたくはないですね・・・
c0108065_21315333.jpg
c0108065_2132882.jpg
c0108065_21322426.jpg

[PR]
by mikami-homemade | 2007-04-07 21:32 | 外装工事