輸入住宅の専門家による施工情報の提供


by Supervisor-homemade

カテゴリ:外装工事( 59 )

大胆だけれど、美しい

c0108065_11392174.jpg


こちらの写真は、カナダのパラペイントのサイトで公開している外装の
配色提案例です。

濃いグレーの壁というと、日本ではネズミ色と呼ばれ、暗いイメージ
として敬遠されがちですが、同じグレーでもカナダの家はなんてお洒落
なんだと思いませんか?

グレーと一言で言っても、Para Paintsの色には青や紫、茶色などの
微妙な顔料(着色の素)が含まれています。

また、隣同士になる色のインパクトや相性、そしてアクセントになる
遊びの色もしっかり計算してデザインするので、色の美しさが
際立ってみえるという訳です。

また、色として認識しない白を用いることで、色の混雑を防いでいる
とも言えますね。

さて、日本に住む皆さんは、こうした色の遊びが出来るでしょうか。

もしそうしたいという希望がおありでしたら、ペイントに対する
知識と経験を持つプロにサポートしてもらうことをお勧めします。

そして、パラペイントのように美しいカラーが出せる輸入塗料を
ふんだんに使って、外観を飾ってみては如何でしょうか。

家の価値は、外観の色やデザインで決まると言っても過言ではありません。

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートを
して欲しい、私と話をしたいという方は、お問い合わせ下さい。
全国どこでもご相談を受け付けます。

尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事を
いくつかご覧の上適否をご判断願います。

関連ページ:パラペイント
[PR]
by mikami-homemade | 2016-07-24 11:45 | 外装工事
c0108065_15404225.jpg


昨日、18年ぶりくらいお会いしていないお客様が、来社されました。

家の塗替えなどを計画されていらしたそうですが、知り合いの塗装
業者さんから提示された外壁の色がどうしても好みでないということで
NETでいろいろ検索していたら、私のサイトを見付けたそうです。

そこで、私が手掛けた作品やパラペイントなどのブログ記事を
ご覧頂き、輸入住宅に特化したこんなビルダーが名古屋にいるんだ
ということで、連絡を頂きました。

実は、このお客様には以前何度かお会いしていて、いろいろと
輸入住宅の説明をさせて頂いたことがあったのです。

勿論、私が当時どんなお話をさせて頂いたのかは、もう忘れてしまい
ましたが、その方のお名前等はよく覚えておりました。

電話を切った後、お客様の方でもどこかで聞いたことがある名前だと
思われたみたいで、ご夫婦でその話をされた時、「あっ、あの人だ」と
いうことになったそうです。

いや~、ほんと奇遇ですねぇ。

当然、私も今までずっと輸入住宅を手掛けてきましたから、輸入資材や
輸入塗料の色などについては、その当時よりも圧倒的に知識や知恵が
付いております。

外壁だけでなく、玄関ドアの色やサッシ・モール、将来のリノベーション
についてもいろいろ提案や紹介をさせて頂けると思います。

ただ、新築は十数年も前のことなのに、その時のお客様の情熱は、
全く失われていなかったのにはビックリしました。

やはり愛着というものは、いつまで経っても変わらないものでなければ
いけません。

まだ、私共で施工するかどうかは分かりませんが、この再会が
いいご縁になるといいですね。

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートを
して欲しい、私と話をしたいという方は、お問い合わせ下さい。
全国どこでもご相談を受け付けます。

尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事を
いくつかご覧の上適否をご判断願います。
[PR]
by mikami-homemade | 2016-07-11 15:47 | 外装工事
c0108065_1062795.jpg


Para Paintsのサイトで紹介されているブログに掲載された
カナダの家の外観です。

グレーを基調とした全体像に、白い窓やガレージ・ドアをアクセント
にしたデザインは、エレガントな印象を与えていますね。

また、窓に映り込んだ青い空が、爽やかな雰囲気を感じさせます。

家のデザインは、家そのものの色遣いも非常に大切ですが、外構
デザインやお隣を含めた周囲の環境も加味しながら、自身の家が
どんな風にその場所に建っているかを想像することで決定する
必要があるのです。

でも、そこまで考えて外壁の色を決めている人は、日本では
非常に少ないのです。

それは、住宅メーカーの設計担当、リフォーム業者やペンキ屋さんで
色のことを勉強している人は全く存在していないのが原因です。

塗装工事を営業する人が、色については素人というのは、欧米では
考えられないことなんです。

色は感覚が大きな要素を占める素材ですから、美的センスがなければ
どうにもなりません。

そんな状況の中、塗料の性能や耐久性、丁寧な施工、安い価格の説明を
受けることはあっても、色の提案やコーディネートをしてくれる業者
さんが、皆さんの周囲にいらっしゃいますか?

確かに塗料の性能や施工の内容は大切なことですが、それはお客様に
とっては当たり前のこと。

外装の塗り替えで一番大切なことは、衰えた家のデザインを蘇らせて
その価値や愛着を取り戻すことなのです。

なのにあなたは、家のリフォームにおいて色以外のことで業者を
選択していませんか?

あなた一人で色を考えるより、プロのアドバイザーと一緒に
構想を練った方が素敵なリフォームが出来るのは自明の理です。

そう、色は家の性能そのものであり、価値を大きく左右します。

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートを
して欲しい、私と話をしたいという方は、お問い合わせ下さい。
全国どこでもご相談を受け付けます。

尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事を
いくつかご覧の上適否をご判断願います。
[PR]
by mikami-homemade | 2016-07-06 10:13 | 外装工事
c0108065_10125643.jpg


アンティーク感のある輸入住宅を目指しても、インターホンや
郵便ポストの周辺はどうしても現代風になってしまいますよね。

ここのお宅のポストについては、新築時に作家さんに頼んでオーダーで
製作して頂いたようですが、インターホンは市販品そのままといった
外観でした。

そこで今回、インターホンにステンレスのカバーをして、表面を
銅の液体金属を使って処理してみました。

下から出ている配線や穴は、テンキーを組み込む為のものですが、
アンティークな風情になったと思いませんか。

費用は多少掛かりますが、金属加工で製作すれば、どんな要望をも
叶えることが可能です。

全体的なデザイン・コンセプトに対して、ちょっとしたディテールに
こだわることが、家づくりの完成度を高めることをお忘れなく。

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートを
して欲しい、私と話をしたいという方は、お問い合わせ下さい。
全国どこでもご相談を受け付けます。

尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事を
いくつかご覧の上適否をご判断願います。
[PR]
by mikami-homemade | 2016-03-08 10:19 | 外装工事

バルコニー手摺用の子柱

c0108065_9113882.jpg


私が持っているのは、輸入住宅のバルコニーやデッキの手摺に付ける
Fypon社製の子柱(バラスター)です。

階段手摺の子柱のように装飾が美しいデザインは、憧れますよね。

こうした部材はミルワークと呼ばれ、硬質ウレタンで出来ていますから、
軽くて丈夫で成型もしやすいという特徴がありますから、手摺だけでなく
窓まわりの飾りや玄関ドアのヘッダー(上飾り)などにも使われます。

ただ、単なる飾りであれば強度は必要ないのですが、手摺や柱材となると
折れて人が落ちたりすると危険です。

その為、バラスターの中心には肉厚な塩ビのパイプが入れられています。
こうしてあれば、見た目も変わらず、簡単に折れることはありませんね。
(尚、屋根を支えるような大きなポストには、鉄パイプが入っています)

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートを
して欲しい、私と話をしたいという方は、お問い合わせ下さい。
全国どこでもご相談を受け付けます。

尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事を
いくつかご覧の上適否をご判断願います。
[PR]
by mikami-homemade | 2016-03-02 09:18 | 外装工事
c0108065_1452628.jpg


今朝、名古屋にある塗装会社の方が、営業をしに事務所にいらした。

10名程の職人さんを抱えて、塗装だけでなく防水工事や鈑金工事
なども手掛けていらっしゃる会社でした。

いろいろお話を聞いて、どんな仕事をするかも聞きました。

外壁の塗り替えは、塗装の色あせを回復させるという目的の他に
防水の劣化を復旧させることも重要な要素です。

この際、外壁の防水で一番気になるのが、サイディングのつなぎ目や
窓まわりや屋根との取り合い部分です。

そういう場所は、鈑金で雨が入らないように処理したり、コーキング
を用いて隙間を埋めたり、またその両方を複合的に施工したりする
ことが求められます。

コーキングを施工する時、まず古く劣化したコーキングを除去します。

ただ、安くやろうとする職人さんは、それを除去しないで、その上
から新しいコーキングを打ち増しします。

そういう職人さんは、一旦除去して新しくしてしまうと雨漏りの
発生リスクが増えるので、打ち増しした方が安全ですという言い方を
します。

ですが、写真のように小さな隙間である場合は、新しいコーキング剤が
隙間の奥の方までしっかり入ってくれません。

表面的に隙間が埋まっても、十分防水材が施工されていない状況では、
すぐにコーキングに割れが生じ雨漏りしてしまうかも知れません。

営業にいらした方は、面倒でも古いコーキングを全て取ると言って
いましたから、まずはいい印象を受けました。
(取らないでも大丈夫とか、その分安くやれますと言っていたら
きっとそこで話は終わっていたでしょうね)

次に、気になるのがコーキングを打った後、塗装をいつやるか
という問題です。

彼曰く、打設後2~3日経ってからで、もしコーキングが乾ききって
いない状態なら、その日の塗装はやらないで会社へ帰るとのこと。

これって、すごく大切なことなんです。まず、日にちを置くという
ことは仕事が止まるということですから、早くやって早くお金に
したいという一般的な考えからすると、ちゃんとした信念がある
ということに他なりません。

また、数日してから乾き具合を見て、施工するかどうかを判断する
というのも重要なことだと思います。

こうしたことは、塗装をしてしまえば、お客様には分からない
ことですが、後々コーキングが割れて雨漏りしたり、塗装にヒビが
入ったりするといったトラブルを引き起こさない為に施工しよう
とする職人の気遣いだと思います。

こういうペンキ屋さんは、飛び込みで外壁塗装を安くやりませんか
と言ってくる人には絶対いません。安かろう悪かろうということを
まずは理解する必要がありますよ。

大切なことは、殆ど見積には書かれていませんから、誰を信頼して
仕事をお願いするかが、家づくりでは重要となります。

建築って、人が命ですね・・・。

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートを
して欲しい、私と話をしたいという方は、お問い合わせ下さい。
全国どこでもご相談を受け付けます。

尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事を
いくつかご覧の上適否をご判断願います。
[PR]
by mikami-homemade | 2016-02-26 14:11 | 外装工事

外部塗装は、ツヤが大事

c0108065_1195929.jpg


先日、長久手市で塗り直しを行った玄関ポーチの柱です。

芯に鉄パイプが入っていて、その上にウレタンを成型して作られて
いるので、ウレタンを劣化から守る為に定期的に塗装をしてやる
必要があります。

剥がれかけた塗料の部分をきれいにサンディングして、パテ等で
表面をなめらかにしてから下塗りをして、最後にツヤのある上塗りを
掛けます。

飾り部材にツヤがあると、豪華な感じが出ますよね。

最近、内装の塗料のように、外装の塗装でもツヤのない塗料を使う
人もいるようですが、汚れ防止や耐久性を考えるとツヤのある
セミグロスの水性塗料を使うのがお勧めです。

輸入住宅では、外装の飾りなどでウレタン成型のモールディングが
よく使われますが、10年に一度、屋根や外壁、雨樋を塗り替えする際に
こうした外装材も塗り直しをして下さいね。

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートを
して欲しい、私と話をしたいという方は、お問い合わせ下さい。
全国どこでもご相談を受け付けます。

尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事を
いくつかご覧の上適否をご判断願います。

<関連記事>: 玄関のポーチ柱の塗り直し
[PR]
by mikami-homemade | 2016-02-14 11:20 | 外装工事
c0108065_1249987.jpg


ここのところ、空き巣被害対策の家の防犯について書かせて頂く
機会が多いですが、今回は国産サッシの防犯ガラスについて
ご紹介します。

セキュオペアとかサンバランス・セキュリティといった商品名で
販売されているガラスが、それに当たります。

ペアガラスではない、古いシングルガラスでも交換出来るタイプ
(シングルガラス)もありますので、既存宅の防犯リフォームを
することも可能ですが、出来れば断熱性能の高いペアガラスに
することをお勧めしたいですねぇ。

防犯ペアガラスは、2枚あるガラスの1枚を合せガラスにして、
ガラスが合わさった中にポリカーボネートといった樹脂被膜を
挟み込む形が一般的です。

こうすることで、合わせガラスを打ち破ることが難しくなり、
室内側のロックを解除したり出来なくなるようです。
(尚、ガラスのグレードで、防犯性能に違いが生じます)

また、少し高価になりますが、防火ガラス仕様にするとバーナーの
火を使って樹脂被膜や合わせガラスを突破することも難しくなる
そうですから、更に防犯性はアップします。

輸入の掃出しサッシのように、ペアの強化ガラスを使うといった
手法ではありませんが、国産のサッシメーカーやガラスメーカーも
防犯には力を入れてきているようですね。

それだけ、日本でも空き巣や泥棒が多くなってきたということ
でしょうね。

新築や家のセキュリティ対策でお困りの方は、お問い合わせ下さい。

尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事を
いくつかご覧の上適否をご判断願います。
[PR]
by mikami-homemade | 2016-01-19 12:55 | 外装工事

なかなかきれいでしょ

c0108065_194168.jpg


今日は、お付き合いのある輸入資材を扱う商社さんのご依頼で、
他社の大手住宅メーカーが手掛けている新築物件の柱と手摺を
取付けに行ってきました。

その住宅メーカーさんや下請けをされている工務店さんでは、
こうした輸入ものの円柱や手摺を取付けたことがなく、
どこかやれるところはないかということでお鉢が回ってきた
という訳です。

でも、通常の施工手順と違う形で作業を進めなければならず、
結構大変な工事でした。

ただ、いつも一緒にチームを組んで仕事をする大工さんに
やって頂きましたので、何とかきれいに納まりました。

美しいデザインのハンドレールやリズミカルに並んだ
バラスター(子柱)は、輸入資材のファイポン(Fypon)
ならではでしょ!

でも、こうしていろいろとお声を掛けて頂けるのは、
輸入住宅専門ビルダーとして信頼されているからだと
感謝しなければいけませんね。

これに懲りず、また難しい仕事があれば挑戦したいと
思います。

こうしたデザインの輸入住宅をご希望の方は、ご相談下さい。

尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事を
いくつかご覧の上適否をご判断願います。
[PR]
by mikami-homemade | 2016-01-16 19:10 | 外装工事

輸入窓

10年以上前の輸入窓(アルミクラッド)のトラブルは
ガラスと枠の隙間から雨が侵入して腐ってしまうことがよくあります。
窓すべて交換する家もありますが
今回のお宅は窓が雨に当たりにくいようで
窓は非常によい状態になっておりました。
早めの処置として木部の塗装と、外部ガラスと枠のコーキングをします。
c0108065_9433984.jpg


c0108065_9435159.jpg

[PR]
by mikami-homemade | 2014-10-23 09:30 | 外装工事