輸入住宅の専門家による施工情報の提供


by Supervisor-homemade

<   2009年 08月 ( 5 )   > この月の画像一覧

内部掘り方 

今日は内部掘り方の確認です。
c0108065_9555515.jpg

c0108065_9561197.jpg

赤い水糸が立ち上がり基礎天端+50でしたから
50+450(基礎立ち上がり)+220=720
ちょっとわかりづらい写真です。
c0108065_957611.jpg

c0108065_9573878.jpg

フェンスの設置も完了しました。
[PR]
by mikami-homemade | 2009-08-28 18:38

外周と深基礎掘り方

今日も掘っています。
c0108065_17572922.jpg

c0108065_1892773.jpg

上から、貫板の天端が基礎天よりプラス50ミリになっていますから50+350(基礎立ち上がり)+100(ベース天)+250(根入れ)+30(捨てコン)+120(砕石)になっております。
c0108065_17581961.jpg
c0108065_17583081.jpg

深基礎部分も確認済みです。大きな家なので明日まで掘り方はかかりそうです。
[PR]
by mikami-homemade | 2009-08-27 18:11

深基礎部の根切り

朝から掘りはじめたとのことで14時頃現場に到着。重機を使っている職人さんが「地盤が堅くて仕事が進まないね~」とのこと。
地盤調査の結果がとても良かったことを思い出し、「お施主様には、いいことですね」と。
c0108065_19352713.jpg
c0108065_1935426.jpg
c0108065_1936524.jpg

c0108065_19512944.jpg
c0108065_19521121.jpg

赤い水糸が基礎の一番上より+50ミリです。
したがって一番底から200+50+250+1,600+50=2,150です。
[PR]
by mikami-homemade | 2009-08-26 19:36

配置確認

水盛遣方(みずもりやりかた)です。

水盛遣方とは、基礎の水平や位置、寸法、基礎の芯の位置を確認することを言います。

水盛というのは、昔は水平を出すのに気泡管式の水準器などはありませんので、木枠に水を張り水平を取ったことに由来するようです。
水糸や水杭など「水」ということばがよく出てきます。水平を確認することに関係があるようです。
この後の流れとしては、遣方にしたがい、根切りと言って土を掘り、地業と言って砕石を敷き詰め、捨てコンと言って、鉄筋を組むための水平な場所を作るためのコンクリートを打ちます。
c0108065_1921993.jpg
c0108065_19211766.jpg

[PR]
by mikami-homemade | 2009-08-25 19:05

C邸着工

新規物件の着工です。
工事ができるように、草や木を撤去したところ100個近くの間知石が出てきました。
c0108065_9383076.jpg
c0108065_9384867.jpg
c0108065_9391175.jpg
c0108065_9392643.jpg


草や木もかなりの量ですので処分に費用がかかります。
[PR]
by mikami-homemade | 2009-08-24 18:26