輸入住宅の専門家による施工情報の提供


by Supervisor-homemade

<   2016年 07月 ( 30 )   > この月の画像一覧

c0108065_11142455.jpg


一昔前、フレンチ風(南フランス風)や地中海風の輸入住宅が
流行りましたが、その時多くの外壁に採用されたのが塗り壁でした。

扇形にコテ跡を付けてみたり、土のムラを出す為に写真のような
スタッコ調に仕上げてみたりしましたね。

ただ、そうした塗り壁の外壁では、新築から然程時間が経っていないにも
係らず、壁に亀裂が入るというトラブルが発生したのも事実です。

いろいろな原因が考えられるのですが、最も大きな原因となったのが、
下地の材料や施工が不十分だったことでしょう。

通気層などを取らずに、構造材の耐震合板の上にラスと呼ばれる網を
張ってから直接モルタルを塗ったり、ラスの代わりにラスカットという
モルタル用の板材を張ってからモルタルの下地を作るなどすると、
表面の割れが起こりやすくなります。

この家の場合は、構造用合板の上に通気層を取った状態で下地と
なる防火パネル材を張ってから、ジョリパットという塗り壁材を
塗っているようです。

ただ、下地のパネル材は、全くの一枚ものではありません。必ず
ジョイントと呼ばれるつなぎ目があることを忘れてはいけません。

窓の両端のように上からの重さを受けやすい場所にそのジョイント
ラインが揃っていたら、まさにそこは割れる弱点となってしまいます。

ただ、この家の場合は、それだけが原因とも言えないかも知れません。

それは、窓の周囲の防水性です。通常は、窓の周囲は防水コーキング
などで壁の中に雨水が侵入しないように処理をするのですが、窓の
周囲に飾り枠のケーシングが付けられています。

よく見るとケーシングのコーナーの部分が開いてきていますよね。

ここにはコーキング等が入っていないようですから、壁の中や窓に
雨水が侵入する恐れが生じます。

ですから、この家では雨水が塗り壁の内側から壁の劣化を誘った
という可能性があるかも知れません。

こういう場合、多くの工務店やリフォーム屋さんでは、防水材を
この上から施工して不具合を隠蔽するという方法で対処するでしょうが、
それでは原因究明も出来ませんし、再度雨漏れを起こしたら
同じトラブルが発生するだけです。

安かろう悪かろうという修理ではなく、お金を掛けてでも原因を
確認して、次にそういうトラブルが起こりにくい状況を作ること
こそが、一番家を長持ちさせる対処ではないでしょうか。

そう、急がば回れですよ。

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートを
して欲しい、私と話をしたいという方は、お問い合わせ下さい。
全国どこでもご相談を受け付けます。

尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事を
いくつかご覧の上適否をご判断願います。

<関連記事>: 塗り壁選びは、慎重に!
[PR]
by mikami-homemade | 2016-07-31 11:22 | 外装工事
c0108065_17225966.jpg


昔、愛知県西尾市の新築のお宅にタイル張りのキッチン・シンクを
取り付けたことがありましたが、未だにこうしたシンクをお好きな
方がいらっしゃるようです。

こちらのシンクや水栓もモザイク・タイルで出来ているのですが、
オーダー・メイドで作ってくれるそうです。

展示サンプルを見ても、結構いい感じに仕上げられていますし、
レトロ感も半端じゃないですよね。

手づくりの金魚のタイルが入っているのも、涼しげでいいです。

価格的にもまあまあこのくらいの設定だったら、お値打ちじゃ
ないかと思えるくらいですから、お好きな方なら是非やりたい
とお考えになるのではないでしょうか。

欲しいという方は、お問い合わせ下さい。

尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事を
いくつかご覧の上適否をご判断願います。

<関連作品>: イメージは、懐かしいおばあちゃんの家 ~M邸~
[PR]
by mikami-homemade | 2016-07-30 17:30 | 輸入設備
c0108065_13523819.jpg


ドアを使っているうちに、摩耗して削れてしまうドア用ヒンジ。

重い輸入の玄関ドアだから、ステンレスでも10年もすると交換が
必要になってきます。

そんなお客様から、金色(ブラス)のヒンジとアンティーク・ブラス
(古金色)のヒンジの2種類の注文を頂きました。

一方のお客様は、昔の状態に戻したいということで、オリジナルの
ものと一緒の金色のヒンジが欲しいとのこと。そして、もう一方の
お客様は、金色だったドアハンドルも既に錆びてきているので、
それにある程度合わせるように古金色のものを選択されました。

そして、それらのオーダー品を並べたのが、こちら。

金色はそのものですが、古金色はややくすんだシルバーに近い感じに
なっています。確かに少し黄色がかった色にも見えますが・・・。

新品の金属でアンティーク感を出すというのには、限界がある
のでしょうが、本当のアンティーク色が出てくるのには、もう少し
時間が掛かるかも知れませんね。

でも、古くなった感じのドアに、ヒンジだけがピカピカの金色で
付いていたら、何となく違和感があるでしょうから、これくらいの
古金色でいいのかも知れません。

この他に、いぶし銀のアンティーク・ニッケル色やブラック色も
ありますから、輸入ドアのヒンジを交換したいという方は、
ご相談下さい。

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートを
して欲しい、私と話をしたいという方は、お問い合わせ下さい。
全国どこでもご相談を受け付けます。

尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事を
いくつかご覧の上適否をご判断願います。
[PR]
by mikami-homemade | 2016-07-29 14:00 | 輸入設備

路上看板を新しくします

c0108065_1234993.jpg


あまりいいニュースではありませんでしたが、ゆきずり殺人事件の
報道の際にTVで大映りになった日進市梅森北交差点の路上看板を
作り変えることになりました。

2011年に設置して、5年も経つと白い雨染みなどが付いてきて
汚い感じになってきました。

今回の看板は、お洒落感を出すというよりもレンガ積みの外壁を
前面に出して、ホームメイドを知って頂くことに重点を置きました。

8月中には新しくなるはずですので、もし車で通られる際は
是非ご覧下さい(くれぐれも、脇見運転だけにはご注意を!)

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートを
して欲しい、私と話をしたいという方は、お問い合わせ下さい。
全国どこでもご相談を受け付けます。

尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事を
いくつかご覧の上適否をご判断願います。
[PR]
by mikami-homemade | 2016-07-28 12:09 | 輸入住宅

ロックシリンダーの欠損

c0108065_6465514.jpg


古くなった輸入の玄関ドアのハンドル・セット。

この製品は、クイックセット(Kwikset)社のものですが、
新築当初は金色のポリッシュド・ブラスだったのでしょう。

それが日が経つにつれ、表面に時代が付いて、アンティーク・ブラス
(古金色)へと変色しました。

これはこれでなかなかいい味を出していると思うのですが、ハンドル上の
デッドボルト(デッドロック)の中身がなくなっています。

何かの原因でロックシリンダーの中身が破損してなくなって
しまったのですが、こういう状況は初めて見ました。

ハンドル下のもう1つのデッドボルトが、ロックの役目を果たして
いますから、何とか生活に支障はないと思いますが、ダブルロックが
出来ない状況は、防犯上少し問題です。

今回、私からは、防犯強化型のシリンダーを提案して交換を
して頂くようにしたいと思います。

また、シリンダーは本来金色のものを使うべきでしょうが、ハンドル等の
錆び付きを考慮して、アンティーク・ブラスのものを用意しようと思います。

このシリンダーの他に、玄関ドアのヒンジの劣化や室内ドアの
ドアレバーの不具合などがあるそうですから、それらも一緒に
新しくなるようにして差し上げたいと思います。

こうして手を掛けてあげれば、愛着も戻ってくるはずですから・・・。

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートを
して欲しい、私と話をしたいという方は、お問い合わせ下さい。
全国どこでもご相談を受け付けます。

尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事を
いくつかご覧の上適否をご判断願います。
[PR]
by mikami-homemade | 2016-07-27 06:56 | メンテナンス

網戸スクリーンの出荷

c0108065_1538698.jpg


これは、本日の出荷品、輸入サッシ用の網戸のスクリーンです。

大阪の方からアンダーセン(Andersen)の窓用に1.5m程分けて
もらえないかというご相談を頂き、お送りすることになりました。

アンダーセンの網戸は、金属の網で出来ていますので、交換するには
網戸自体を新しく購入しないといけません。

そこでこのお客様は、私共からグラスファイバー製のスクリーンを
購入して、金属の網と交換していらっしゃいます。

グラスファイバーで出来た網ですから、伸び縮みもなく弾力性にも
富んだ高品質なスクリーンで、耐久性は10年以上です。

こうした網は、ホームセンターでは販売されていませんから、
NETでホームメイドを検索された方はラッキーですね(笑)

昨日、連絡を頂いた際に大した長さじゃないから送料も然程では
ないだろうと思い、見積をお出ししたのですが、幅が1.2mもある
長物は通常の荷物よりも送料はべらぼうに高いことを忘れておりました。

運送会社に実際に送料を確認した処、商品代金より高い送料を
言われてしまいビックリ。

もう完全な赤字ですが、言ってしまった以上仕方ありません。

皆さんがもしスクリーンを欲しいとお考えでしたら、出来るだけ
たくさんの長さで購入されることをお勧めします。

それは、きっと1m分を購入しても10m分を購入してもそれ程
送料に違いはなく、1m程度だと商品代の倍以上の送料となって
しまうからです。

皆さん、軽くても長物は送料が高いと覚えておいて下さいね。

勿論、網を折り畳んで小さくすれば、送料もお安くなるんでしょうが、
折り目が付くというリスクを考えると、ちゃんとロール状に巻いて
出荷するのが安心ですもんね。

こういう気遣いばかりしてもお金にはならないでしょうが、
楽しければ貧乏暇なしでもいいじゃないでしょうか・・・。

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートを
して欲しい、私と話をしたいという方は、お問い合わせ下さい。
全国どこでもご相談を受け付けます。

尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事を
いくつかご覧の上適否をご判断願います。

<関連記事>: 輸入サッシ、網戸の網の交換は10~15年 (2012年11月18日)
[PR]
by mikami-homemade | 2016-07-26 15:49 | メンテナンス

スチール製の郵便受け

c0108065_1541144.jpg


アメリカン・ポストと言えば、カマボコ型のスチール製。

特にアメリカの片田舎のロード・サイドなんかに行くと、一定間隔で
錆び付いたポストが並んでいる光景はよく見かけます。

やっぱり、アメリカのポストは、少し錆びているくらいが一番格好いい
と思います。

ただ、こうしたポストは長いポールの上に載せるタイプが一般的で、
家の壁に取り付けるとなると少々難しいものがあります。

そんな中、数年前に愛知県豊川市で取り付けたこの郵便受けは
如何でしょうか。

シンプルだけれど、スチール感満載でなかなかいいでしょ。

私のお客様から新しいポストでいいものはないかという相談を
頂きましたので、これを紹介させて頂きました。

その際、お客様から郵便受けの下の半円形の空間って、何に使うの?
という質問を頂きました。

いや~、いい質問ですねぇ。なんか、待ってましたという感じです。

アメリカではNewspaper Boy(郵便配達)が、新聞を配る際
家の軒先に投げ入れるのが一般的です。

(余談ですが、昔、ファミコン・ソフトでPaper Boyという
超むずいクソゲーがありました。知ってる人は相当なマニアです)

そこで、敷地の奥まで入ってこられるのも何だから、ポストに
こうした半円形の空間を付けてそこに丸めて入れてもらおうと
考えたみたいです。

いちいちフタを開け閉めする必要はないし、丸めるだけだから
新聞も折れ曲がったりしない。

勿論、定期購読の雑誌類なんかも入れてもらえます。

アメリカ人って、合理的ですねぇ~。

ただ、これを日本で取り付けた時、新聞屋さんや郵便屋さんが
それに気付いて入れてくれるかは、その人次第かも知れません。

でも、そんなことを知っている新聞配達がいたら、そりゃ
大した街ですよね。

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートを
して欲しい、私と話をしたいという方は、お問い合わせ下さい。
全国どこでもご相談を受け付けます。

尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事を
いくつかご覧の上適否をご判断願います。
[PR]
by mikami-homemade | 2016-07-25 15:45 | 輸入設備

大胆だけれど、美しい

c0108065_11392174.jpg


こちらの写真は、カナダのパラペイントのサイトで公開している外装の
配色提案例です。

濃いグレーの壁というと、日本ではネズミ色と呼ばれ、暗いイメージ
として敬遠されがちですが、同じグレーでもカナダの家はなんてお洒落
なんだと思いませんか?

グレーと一言で言っても、Para Paintsの色には青や紫、茶色などの
微妙な顔料(着色の素)が含まれています。

また、隣同士になる色のインパクトや相性、そしてアクセントになる
遊びの色もしっかり計算してデザインするので、色の美しさが
際立ってみえるという訳です。

また、色として認識しない白を用いることで、色の混雑を防いでいる
とも言えますね。

さて、日本に住む皆さんは、こうした色の遊びが出来るでしょうか。

もしそうしたいという希望がおありでしたら、ペイントに対する
知識と経験を持つプロにサポートしてもらうことをお勧めします。

そして、パラペイントのように美しいカラーが出せる輸入塗料を
ふんだんに使って、外観を飾ってみては如何でしょうか。

家の価値は、外観の色やデザインで決まると言っても過言ではありません。

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートを
して欲しい、私と話をしたいという方は、お問い合わせ下さい。
全国どこでもご相談を受け付けます。

尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事を
いくつかご覧の上適否をご判断願います。

関連ページ:パラペイント
[PR]
by mikami-homemade | 2016-07-24 11:45 | 外装工事
c0108065_13355211.jpg


以前撮った写真が出てきました。

大府市で建てさせて頂いたレンガ積み外壁の輸入住宅 N邸の
ひとコマです。

手で積んだとは思えない程のレンガの外壁とその前に止められた
カスタム仕様の古いハーレー・ダビットソン。

イギリスやアメリカ・ボストンの古い街並みにも似た家のデザインには、
クラシックな車やバイクは自然と溶け込んでいくようです。

ガレージが欲しいとお考えの皆さん、薄いレンガ・タイルではなく、
本物のレンガ積みで家を建ててみませんか?

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートを
して欲しい、私と話をしたいという方は、お問い合わせ下さい。
全国どこでもご相談を受け付けます。

尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事を
いくつかご覧の上適否をご判断願います。

<作品紹介>: 3連ガレージの大人のレンガ積み ~N邸~
[PR]
by mikami-homemade | 2016-07-23 13:41 | 輸入住宅

剥がれたジャムライナー

c0108065_15463524.jpg


20年近く前に施工されたペラ(Pella)・ウィンドウのダブルハング。

上げ下げ窓の両袖の窓枠には、動きをスムースにする為のジャムライナー
という樹脂の枠材が被せてあります。

この部品は、気密を高めたり、窓枠を雨や結露から守ったりする役目も
果たしていますから、大切な部材です。

そんなジャムライナーですが、薄いプラスチックで出来ていますから、
どうしたって劣化して破れてきてしまいます。

この写真では、ジャムライナーが剥がれている状況がよく分かりますね。

こうなると、ジャムライナーを新しいものに交換する必要がありますが、
それと同時にバランサーの交換もお勧めします。

通常、10年でバランサーを交換するのが理想ですが、もう20年近く
交換していないようなら、既に耐用年数は過ぎています。

建具(障子)を外すついでに消耗品を全て交換すれば、新品の窓の
ように気持ちよく使えるようになりますよ。

勿論、無理に交換をお勧めしませんが、近いうちに不具合を起こして
交換を余儀なくされると思います。今回、同時に交換メンテナンスを
すれば、その分取付け工賃はお値打ちになるはずです。

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートを
して欲しい、私と話をしたいという方は、お問い合わせ下さい。
全国どこでもご相談を受け付けます。

尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事を
いくつかご覧の上適否をご判断願います。
[PR]
by mikami-homemade | 2016-07-22 15:51 | メンテナンス