輸入住宅の専門家による施工情報の提供


by Supervisor-homemade

<   2016年 09月 ( 30 )   > この月の画像一覧

c0108065_14191396.jpg


窓の雨漏れに伴う外壁からの漏水に対処すべく補修・リフォームの
施工を進めている日進市の輸入住宅 Y邸。

不具合のあった古いキャラドン(Caradon)社のサッシを外し、
新しくマーヴィン(Marvin)社のインテグリティに入れ替えました。

その後、外壁や窓周辺の雨漏れの原因を確認した後、悪くなった構造体の
柱材や耐震構造用合板を撤去・入れ替えをして、適切な防水施工を
実施しました。

先日襲来した強い台風の雨風でも全く雨漏れの発生がありませんでしたから、
ようやく外壁等の仕上げにゴーを掛けました。

勿論、どんどん仕事を進めることは可能でしたが、仕上げた後に雨漏れが
起きれば、また下地まで剥がして対策を打たねばなりません。

ですから、少々時間が掛かっても、下地の状態でも雨漏れしないかどうかを
確かめてから、仕上げの工程に移ることは大切なことだと考えました。

普通の工務店さんから見れば、石橋を叩いて渡るくらい慎重に見えるかも
知れませんが、そういう丁寧な作業をすることでお客様は安心するのです。

さて、これが仕上げのスタッコフレックスを塗る前の下地処理です。

ベースコートを塗って、その上にクラック防止用のメッシュを幅広に
張ってあります。実際に外壁を剥がしたのは、これより10cm内側まで
ですから、既存の外壁と新しくした外壁とがしっかり馴染むように
してあります。

このベースコートが乾いた処で、メッシュの上から更にベースコートを
塗り重ねます。そうすることで、メッシュがベースコートでサンドされ、
割れ強度がアップするという訳です。

最後の仕上げであるスタッコフレックスを塗った状況は、また追って
ご覧に入れますね。

<関連記事>: クラックの入らない塗り壁 スタッコ・フレックス (2011年1月25日)
<関連記事>: 窓下は、水抜きスペース (2016年9月23日)

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートを
して欲しい、私と話をしたいという方は、お問い合わせ下さい。
全国どこでもご相談を受け付けます。

尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事を
いくつかご覧の上適否をご判断願います。
[PR]
by mikami-homemade | 2016-09-30 14:29 | 外装工事

網戸の交換も可能です

c0108065_1159985.jpg


巻き上げ式網戸を採用しているエクセルシャノン社製サッシ。

北米の技術を導入して、OEMで国産化した樹脂サッシを作っている
窓メーカーは以前と比べれば少なくなりましたが、エクセルシャノンは
その先駆けかも知れません。

さて、こちらは、浴室に取り付けられた両開きのフレンチ・ケースメント。

網戸スクリーンは、普段窓の上部にある網戸ボックスに納まっていて
必要に応じて引っ張り出すというタイプなんですが、引っ張り出す際に
両サイドのガイドレールから外れてしまうという不具合を抱えていました。

10年以上経ちますから、網戸もよれてきてうまくガイドレールを
走らなくなってくるのも仕方ないですね。

メーカーもしっかりしていますから、アフター・メンテナンスも
心配要りません。ちゃんと代替パーツを取り寄せて、交換出来ますよ。

ただ、窓に貼ってある製造番号等のシールは、大切にしておいて
下さいね。勿論、窓の形式やサイズ、施工時期等が分かれば、何とか
対処は可能ですが、シールがあれば確認作業も早くなります。

浴室などの場合は、湿気やカビが発生しやすい環境ですから、
文字が汚れたり消えてしまったりすることもあるでしょう。

そういう場合に備えて、カメラでシールを撮影して記録しておけば、
万一の時でも安心です。

建材にはこうした製造時の記録が付いているものが多いですから、
窓に限らず全ての建材でデータを残しておくと便利ですよ。

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートを
して欲しい、私と話をしたいという方は、お問い合わせ下さい。
全国どこでもご相談を受け付けます。

尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事を
いくつかご覧の上適否をご判断願います。
[PR]
by mikami-homemade | 2016-09-29 12:04 | メンテナンス
c0108065_1125478.jpg


屋外側がアルミで出来た木製輸入サッシのマーヴィン(Marvin)。

最近製造されたものではトラブルの相談を頂くことはありませんが、
1990年代以前に施工された窓では室内側の木部が腐ってくる
という不具合が数多くありました。

勿論、こうしたトラブルはマーヴィンに限ったことではなく、
木製サッシ全般で起こったことですが、その原因は2つのことが
考えられます。

1つ目は、サッシ自体の構造的な問題や防水処理の劣化です。

構造的な問題とは、外装のアルミ板と木部とがピッタリ接している
形状だった為に、サッシで内部結露が発生すると水分が接触面に
滞留してしまうということでした。

それは、建具と窓枠とが接する部分でも起こりました。

こうしたことは構造的な問題ですから、サッシ・メーカーの改善が
必要ですが、木部に適切な防水塗料を塗ることである程度防止する
ことも出来たと思います。

でも、実際には内装用のニスのような塗装を施していただけで、木部に
何ら防水塗装がなされていなかったことも問題だったと思います。

また、ガラスとアルミの境界線やアルミ・カバーのつなぎ目の
防水処理が何等かの原因で劣化したり、切れたりして雨水が
そこから侵入する問題もありました。

2つ目は、施工後のケアが不十分だったということです。

アルミクラッドの木製サッシは、自然素材で出来ています。
ですから、水分による腐敗が生じるということを常に意識して
いなければなりません。

にも拘わらず、多くの輸入住宅で梅雨や台風の時期でも常に
窓を閉め切ったままにして、晴れ間にサッシを開けて乾燥させる
というケアを怠ってきました。

また、サッシの防水処理が経年劣化で悪くなるということを
考えなかった為に、こちらも放置された状態で10年近く
分からなかったというご家庭が多いのです。

国産のアルミサッシにはない高級感や温かみ、湿気や温度を
調節してくれる素晴らしい機能が木製輸入サッシにはありますが、
ものには必ずデメリットも存在します。

輸入サッシのメーカーは、クレームに対して真摯に改善を
進めてきたところが残っていますから、構造的な部分では
問題は少なくなると思われます。

ただ、その後のケアという部分では、未だにそれをお客様側に
伝えていない住宅メーカーが存在します。
(こうした注意記事を書く建築会社は、ほぼありませんね)

また、そうしたデメリットに対応した生活を心掛けるお客様が
少ないというのも、現実としてあるでしょう。

高品質な輸入住宅を後世まで残していきたいというのであれば、
アフターケアが出来るビルダーと付き合っていくことも大切
ですが、お客様側でも家を注意深く見守っていくことも必要
だと思います。

これは、輸入・国産、どちらに限ったことではありません。

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートを
して欲しい、私と話をしたいという方は、お問い合わせ下さい。
全国どこでもご相談を受け付けます。

尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事を
いくつかご覧の上適否をご判断願います。
[PR]
by mikami-homemade | 2016-09-28 11:35 | 輸入住宅
c0108065_12572731.jpg


昭和の時代の応接室に出てくるような革張りのソファとラブシート。

アメリカでは、3人掛け以上をSofaと呼び、2人掛けはLove Seat
というのが普通なんです。

この革張りのクラシックさが、現代のシンプル・モダンなインテリア
にも絶妙にマッチするようです。

体が大きな欧米人向けですから、座面の奥行も56cmありますから、
ゆったりくつろげるリビングを意識しています。

勿論、体を横にして過ごすことも全然平気ですね。

これらの家具類は、アメリカの西海岸にあるショップから調達しますが、
新築やリフォームの際に輸入建材と一緒に輸入することも可能です。

インテリアのコーディネーションは、せいぜい壁・天井の仕上げや
カーテン・照明どまりという住宅メーカーが多いですが、皆さんが
その気になれば、リビング・ダイニングの家具や寝室のベッドや
ピローまで選ぶことが出来るのです。

そんなことまでやってくれる輸入住宅メーカーは、殆どなくなって
しまいましたが、ホームメイドならそれが出来ます。

また、そうしたものを実際に見て購入する「北米への建材ツアー」も
実施しますから、それはいい思い出になること間違いなしです。

関連ページ:カナダツアー&プランニング

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートを
して欲しい、私と話をしたいという方は、お問い合わせ下さい。
全国どこでもご相談を受け付けます。

尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事を
いくつかご覧の上適否をご判断願います。
[PR]
by mikami-homemade | 2016-09-27 13:06 | 輸入住宅
c0108065_12214956.jpg


先日、ヴァイスロイ(Viceroy)社のケースメント・サッシの修理
メンテナンスをご相談頂いたという記事を書かせて頂きました。

そして、昨日豊田市のお客様のおうちに訪問させて頂き、無事
作業を終了致しました。

その際、交換させて頂いたウィンドウ・ヒンジという部品がこちら。

元々輸入サッシに取り付いていたヒンジを見て、お客様自身が
海外の購入サイトで新しいものを調達されたようですが、よ~く
見ると若干形が違っていますね。

ほぼ同じ大きさではありますが、お伺いする前にその旨をお伝えして、
絶対取付けは可能と言えないけれど、一度やってみるかどうか
決断して下さいというお願いをして、伺うこととなりました。

私も全く同じ部品であれば、ビス穴がバカになっているなどの不具合が
ないのを前提にして、取付けにはある程度自信があります。

しかしながら、「微妙に違っていても大丈夫」とは言えないのです。

また、このウィンドウ・ヒンジは、オーニング・サッシと言って、
下側が外に開いていくタイプの窓に使われるのが一般的なヒンジ
でしたから、更にハードルは高くなります。

案の定、取付けするのに苦労した部分もあって、その分時間も
多く掛かりましたし、お客様にもお手伝いをお願いしました。

全くの素人の人が、古いものと同じ部品を探すのは大変なこと
だと思います。トライされたことには大変敬意を表しますが、
少しでも大きさやデザインに違いがある場合には、私共のような
プロに調達をご依頼頂くこともお考え下さいね。

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートを
して欲しい、私と話をしたいという方は、お問い合わせ下さい。
全国どこでもご相談を受け付けます。

尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事を
いくつかご覧の上適否をご判断願います。
[PR]
by mikami-homemade | 2016-09-26 12:27 | メンテナンス
c0108065_11573485.jpg


北米では、キッチン・シンクもまっ四角なデザインのものがトレンドと
なっていますが、洗面カウンターでも同様の傾向が出てきています。

それが、この「ピカソ スクエア」という名前の洗面ボウル。

カウンターとボウルが一体成型でワンピースとなったデザインは、
つなぎ目がなくて掃除もしやすい感じです。

日本のものでもそうですが、出来るだけ丸くなったデザインにして
柔らかな感じや優しい雰囲気を作ろうという傾向にあったのですが、
最近はシャープさが一つのテーマと言えるかも知れません。

洗面カウンターは、キッチン・カウンターと違い、アクリル製ですから
成型しやすいという特徴があり、こうしたデザインが可能となります。

ただ、アクリルは熱にそれ程強くありません。ですから、キッチンの
ように熱い鍋やフライパンを置くようなところには使えません。

これも適材適所ということですね。

こうしたカウンターは、オーダーで作ってもらいますから、ボウルの
位置や大きさ、カウンターの奥行や正面の木口デザインも自由自在。

勿論、色や模様などが豊富にあるのは言うまでもありません。

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートを
して欲しい、私と話をしたいという方は、お問い合わせ下さい。
全国どこでもご相談を受け付けます。

尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事を
いくつかご覧の上適否をご判断願います。
[PR]
by mikami-homemade | 2016-09-25 12:02 | 輸入設備

輸入サッシのガラス押え

c0108065_10514746.jpg


輸入サッシの多くには、ペアガラスの防水・気密や建具枠への固定の
為にグラス・ビード(Glass Bead)と呼ばれるガラス押えが
付いています。

こちらは、アメリカ サミット社製と思われる樹脂製掃出しサッシ
なんですが、サッシの外側のガラスに取り付けられたグラス・ビードが
一部なくなっている状況です。(こうした部品は、窓の内側にある
場合もございます)

何でも外壁塗装をした際に、業者さんが破損させてしまったらしい
のですが、このままでは見ため的にもガラス固定の観点からも
よくありませんね。

取り敢えず、部品の写真を送ってもらい、同じと思われるものを
見付けたのですが、材料の厚みや微妙な湾曲具合が違っている
ようです。(大きさは、ピッタリなんですが・・・)

新しい部品は、部品メーカーのサイトで確認したものですので、
一度サッシ・メーカーにも聞いてみようと思っています。

ただ、古いサッシですから、既に仕様が変わっている可能性も
ありますから、古い部品と全く同じものが手に入るかどうかは、
確約することが出来ません。

ただ、輸入サッシの多くは、こうした部品が今でも製造されて
いるという状況があります。もし交換部品が必要という場合、
それは素晴らしいことではないでしょうか。

いつまでも長く輸入住宅を愛していきたいという情熱をお持ちの
お客様には、私たちは今後も力をお貸ししていきたいと思います。

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートを
して欲しい、私と話をしたいという方は、お問い合わせ下さい。
全国どこでもご相談を受け付けます。

尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事を
いくつかご覧の上適否をご判断願います。
[PR]
by mikami-homemade | 2016-09-24 10:57 | メンテナンス

窓下は、水抜きスペース

c0108065_11452083.jpg


構造体にサッシを固定する為に、サッシの周囲にはネイル・フィンと
呼ばれる釘留め用の部品が付いています。

上下左右、サッシの全ての辺に付いていますから、知識のない大工
さんは全部に釘を打って留めてしまいます。

勿論、そうすることでサッシは建物の構造体にガッチリ固定される
訳ですが、建物というものは自分自身の重さによって徐々に
沈み込みますし、木や鉄骨の収縮・膨張などによっても動くのです。

もしそうした力がサッシに伝われば、どうなるでしょうか。

サッシは歪み、窓の開閉に支障をきたすこととなるのです。

つまり、ネイル・フィンで固定するには、一定の配慮が必要なのです。

こういう場合、まずサッシの両サイドを釘又はビスで固定します。
次に窓下を固定します。但し、釘穴の全てに釘を打つ必要はありません。

最後、窓上だけは固定しないでそのままにしておくというのが、
基本的なサッシの納め方となります。

そうすることで、上から建物の重量が掛かってきても、窓が上から
押されて潰れることはありません。

さて、次に窓の防水処理についてですが、サッシは雨漏りにおいて
一番の弱点スポットですから、サッシの防水は何層にもわたって
テープやシートを適切な場所に適切な形で張っていく必要があります。

今回、そうしたことを全てここに書くことは文字数の問題で控えますが、
1ヶ所だけ雨水の逃げ場を作っておく場所があります。

それは、窓下。ネイル・フィンの下側は構造体への雨の侵入を防ぐ為に、
防水処理を施すのですが、万一雨がサッシに入り込むようなことが
あった場合、ネイル・フィンと防水層との間から雨水が抜けるように
しておかなければなりません。

(写真は、窓からの雨漏りでサッシを交換したリフォーム現場です。
但し、こういう手順を全て分かっている業者は、意外と少ないのです)

ですから、ネイル・フィンの上には防水テープは張らないのです。
張ってしまうとそこに水が溜まり、それが元で逆流したり、別の
箇所に漏水してきたりすることとなるのです。

固定にしろ、防水にしろ、何でもかんでも完璧にやっておこう
というのは日本人らしい発想ですが、それは浅はかな考えでしか
ありません。

自然の摂理を深く考えて、もしもの時の為に次の一手を打っておく
ことが建築には大切なんですね。

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートを
して欲しい、私と話をしたいという方は、お問い合わせ下さい。
全国どこでもご相談を受け付けます。

尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事を
いくつかご覧の上適否をご判断願います。
[PR]
by mikami-homemade | 2016-09-23 11:55 | 外装工事
c0108065_10395517.jpg


こちらは、メーカー不明の輸入樹脂サッシのシングルハング窓。

写真のように、サッシ枠の溝の中に入っているゼンマイ式のバランサー
のバネが2つに断裂しています。いつも言いますが、どんなバランサー
でも寿命は10年程度です。

通常は、このバネ(コイル・スプリング)が1つになっていて、
バネが巻き上がる力を利用して、ボトム・サッシュ(下窓)が上に
持ち上がるように支えます。

でも、こうなってしまうと建具(障子)を上げ下げすることは出来ません。

殆どのケースでは、窓枠の両側にこれが付いているのですが、片側のみが
断裂します。ですから、建具のバランスが取れずうまく可動しなくなる
のです。

今回のお客様は兵庫県の方で、私共が遠方だからと私共から部品だけを
調達してご自身で交換をしたいとおっしゃっています。

枠の溝の中に入れられたのだから、交換するのも出来るはずだと
お考えのようですが、それをするのはなかなか大変なんですよ。
(バネやバランサーの付属品の方が、溝の幅より大きいので
物理的にうまく取り出せないのです)

まあ、やれないことはないのでしょうが、道具や経験の両方がないと
建築業者でも交換は出来ないと思います。

何でもトライすることは大切ですが、まずはプロの仕事をじっくり
見て、それから自分でやれるかどうか判断するのが一番いいやり方
かも知れませんよ。

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートを
して欲しい、私と話をしたいという方は、お問い合わせ下さい。
全国どこでもご相談を受け付けます。

尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事を
いくつかご覧の上適否をご判断願います。
[PR]
by mikami-homemade | 2016-09-22 10:49 | メンテナンス
c0108065_1051153.jpg


皆さん、昨日の台風で家は大丈夫でしたでしょうか?
名古屋に直撃するかと思い、少々ビクビクしておりましたが、
この地域では比較的被害も少なかったように思います。

さて、こちらはアルミクラッド・サッシからの雨漏りで、新しい
マーヴィン(Marvin)の窓に入れ替えた時の室内側の写真です。

無垢の木製サッシの美しさを感じさせる1枚ですが、その周囲も
是非ご覧下さい。

以前のサッシに付いていたケーシング(飾り縁)を外しましたので、
ビニール・クロスが張られていないケーシングの下にある石膏ボードが
露出しました。

窓の部分をくり抜く形で石膏ボードを張っていますから、つなぎ目を
少なくする工夫がされていて、なかなか仕事が分かっている大工さんが
張ったんだなと思いました。

ただ、それを知っている大工さんだったら、石膏ボードも縦に張らずに、
横にそれもレンガ張り(千鳥張り)にすれば、更にいい仕事だったと
思います。

ただ、ここで気になるのは、石膏ボードを留める為の釘。

20年も前に施工された家なので仕方ないとは思いますが、私たちは
こうした釘は使いません。何故なら、釘は知らず知らずのうちに
抜けてきて、壁紙やドライウォールの美しい塗装を浮かせてしまう
恐れが生じるからです。

また、釘の頭がボードの表面よりもめりこんでいるのが分かりますか?
これでは、ボードを固定する役目を十分に果たせません。

ですから、石膏ボード張りにはボード用のビスを用います。ビスは
回転させながら打っていきますから、釘打ちよりも仕事のスピードが
遅くなります。

でも、将来抜けてくることはありませんし、ボードの表面すれすれで
留めることも可能です。

時間や手間、材料費や道具は余分に必要となりますが、家が建って
何年かした後の美しさを意識したビルダーなら、絶対にボード釘は
使わないはずです。

さて、皆さんのおうちは釘を使っていますか、ビスを使っていますか?
小さな違いですが、実はその施工業者の力量や考え方が如実に表れる
工程でもあるのです。

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートを
して欲しい、私と話をしたいという方は、お問い合わせ下さい。
全国どこでもご相談を受け付けます。

尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事を
いくつかご覧の上適否をご判断願います。
[PR]
by mikami-homemade | 2016-09-21 10:59 | 内装(造作)工事