輸入住宅の専門家による施工情報の提供


by Supervisor-homemade

<   2017年 11月 ( 30 )   > この月の画像一覧

c0108065_09572770.jpg


昨日、空き巣や泥棒の被害の話を書きましたが、この時期家だけでなく
愛車の盗難やイタズラ被害も多くなります。

家には駐車場があると言っても、簡単なゲートがあるくらいで普通は
道路から隔てるものは何もないという感じが多いと思います。

アジア・アフリカでは丈夫な日本車の人気も高いですし、輸入車となれば
解体して部品としても高く売れます。

そんな日本ですから、2020年に向けて各家庭でもビルトイン・ガレージの
需要は高まってくるような気がします。

人材不足による外国人労働者の流入や所得の低い若年層も増えてきます。

家の前に少し余裕のある人は、頑丈な輸入ガレージドア付きの
インナー・ガレージを検討しては如何でしょうか。

車内からリモコンで開閉操作が可能ですし、ドアを破壊しない限り
屋外からは絶対に開けることが出来ません。(オープナーがOFFの際は
ロック・ストッパーが掛かります)

勿論、車がいつも雨風に当たることもなくなりますから、外装の劣化を
気にしなくて済むという利点もありますね。

但し、気持ちよくガレージをお使い頂くには、車のように定期的な
点検・整備が必要ですから、一連のメンテナンスが出来る施工業者に
建築をお願いすることが大切ですよ。

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートを
して欲しい、私と話をしたいという方は、お問い合わせ下さい。
全国どこでもご相談を受け付けます。

尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事を
いくつかご覧の上適否をご判断願います。

[PR]
by mikami-homemade | 2017-11-30 10:01 | 輸入設備
c0108065_11105818.jpg



もうすぐ12月。年の瀬も迫ってきましたが、このシーズンに多くなるのが
空き巣や泥棒の被害です。

窓ガラスを割られたり、玄関ドアをこじ開けられたり、その手口は乱暴な
ケースも見受けられるようになりました。

私たちが手掛ける輸入住宅でも例外ではなく、毎年何件かの相談を頂きますが、
一番多いのが被害を受けるまで何もしていなかったというものです。

セキュリティ対策の為、警備会社に高いお金を出して機器を設置して
毎月費用を支払うという方もいらっしゃいますが、一定時間警備員が来ない
ことを知っている空き巣たちは、簡単に侵入出来そうであれば気にせず
室内を物色します。

そういう状態にしないように、まずは入りにくい環境を作ることが
一番の防犯対策となるのです。

最も簡単で効果が高いのは、玄関ドアのこのガードプレート。

ドアの隙間から見えるデッドロック・バーを、このように隠します。

ガードプレートは厚みが3.4mmもありますから、バールのような
ものでも簡単に壊すことは難しいのです。

外開きのドアにビスで取り付けるだけのことですから、お客様自身でも
取付け出来ますし、費用も然程ではありません。

泥棒たちもおうちの状況を見ていますから、こうした対策をしているだけで
犯罪の抑止力となるものです。

うちは大丈夫とお考えの方は、まずこれから始めては如何でしょうか?

<関連記事>:輸入玄関ドアの安全対策

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートを
して欲しい、私と話をしたいという方は、お問い合わせ下さい。
全国どこでもご相談を受け付けます。

尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事を
いくつかご覧の上適否をご判断願います。


[PR]
by mikami-homemade | 2017-11-29 11:16 | 輸入住宅
c0108065_21025453.jpg


今日、岐阜県海津市でスライディング・パティオドア(掃出しサッシ)
やケースメント・サッシ等の交換をしてきました。

こちらは、和室の掃出しサッシですが、建具の木部が完全に腐って
しまい、ハメ殺しも可動サッシも両方交換しなくてはなりませんでした。

原因は、外装のアルミ・カバーとガラスとの間に雨が侵入し、長い時間
を掛けて中の木を腐らせてしまったことです。

ご覧のようにまるでシロアリに食われたように、木がボロボロに
なっています。よくここまで持ちこたえたというのが私の印象でした。

Pella社のパティオドアは、組み付けが非常に頑丈になっています。

特にFIXのハメ殺しサッシの方は、サッシ枠の下や上からいくつもの
長い釘でしっかり固定されていますから、枠を残して建具だけを
外すというのは至難の業です。

それでも、何とか太い釘を切断してようやくここまで外すことが
出来ました。(写真では、矢印の部分の建具枠がまだ残っています)

マーヴィンやアンダーセンといったサッシでは、これ程大掛かりな
解体作業にはなりませんが、ペラの掃出しサッシだけは、普通の
大工さんでは太刀打ち出来ないかも知れません。

そう言いながら、私たちはちゃんと建具の入れ替えを完了しました。

サッシの雨漏れでお困りの方は、早めに対処しないとこんな
大掛かりな修理が必要になりますから、注意して下さいね。

因みに、ちゃんと適切にメンテナンスしていれば、木製サッシでも
雨で腐ることはありません。

<関連記事>: ドアが腐ったペラの掃き出しサッシ

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートを
して欲しい、私と話をしたいという方は、お問い合わせ下さい。
全国どこでもご相談を受け付けます。

尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事を
いくつかご覧の上適否をご判断願います。

[PR]
by mikami-homemade | 2017-11-28 21:07 | メンテナンス
c0108065_14041025.jpg


私たち ホームメイドが施工する際は、こんなことはあり得ないのですが、
いろいろなおうちの修理やリフォームをさせて頂いていると、
よく見かけます。

写真は、内開きで施工されたマーヴィン(Marvin)社製フレンチ・ドア。

白と金色のコンビネーションが美しいのですが、白いドア枠材に黒く
引きずったような跡が見受けられます。

これは、ドア・ラッチの爪が枠を擦った跡なんですが、ドア枠側に
取り付けるラッチ受け(ストライク)が枠材とほぼ同じあることが
原因です。

通常は、枠材の位置をラッチ受けよりも外側にして、ラッチの爪が
当たらないような納まりにしなければならないのですが、そういう配慮
が欠けた結果こうなりました。

これは、施工上の問題のように思えますが、構造的に枠材が逃げられない
ような設計だったのかも知れません。

何れにしても、これでお客様に引き渡すのは、どんなものかと思います。

ただ、こうした問題が発生しても、枠に引きずることを回避する方法は
あるのです。

デザイン的に少々気になる方もいらっしゃるかも知れませんが、ラッチ
ストライクを長くしたものを用いて、引きずってしまう部分までカバー
するという方法です。

北米ではそうしたラッチ・エクステンションが作られていて、長さも
いろいろあるのです。(勿論、非常識に長いものはありません)

このように納まりの問題を抱えているような方は、もしかすると
私たちで解決出来るかも知れませんよ。

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートを
して欲しい、私と話をしたいという方は、お問い合わせ下さい。
全国どこでもご相談を受け付けます。

尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事を
いくつかご覧の上適否をご判断願います。


[PR]
by mikami-homemade | 2017-11-27 14:14 | 内装(造作)工事

雨で劣化しない為に

c0108065_10273621.jpg

先日、岐阜県海津市で玄関ドアとドア飾りを取り付けたという記事を
書かせて頂きましたが、その飾り柱の足元(ベース)をご覧に入れ
ましょう。

白いのがファイポン(Fypon)社製のウレタン樹脂で出来た柱材ですが、
玄関ポーチの床タイルから少しだけ浮いているのが分かりますか?

普通は床面に柱が着いていないとリアリティがないなんて言われる
でしょうが、そうすることは実はあまりいいことではありません。

発泡材のウレタンというものは水を吸いやすく出来ていますから、
床と接するように施工すれば雨水がタイルと柱材との間に滞留して
しまいます。

そういう状態になると雨水はなかなか乾かない状況になりますから、
ウレタンが劣化してきたりカビが生えたりしてきます。

それだけでなく、水分を含んで柔らかくなったウレタンは、シロアリ
などの格好の餌食となるかも知れません。

だって、ウレタンの中に入ってしまえば、薄暗くて誰からも見られる
ことなく思う存分食べられますからね。

こうやって5mm~1cm程度隙間を空けておけば、床に落ちた雨水も
そのうち乾いてしまいますし、ウレタンの柱材にも影響はありません。

勿論、絶対劣化しないとか虫が入らないとかは言えませんが、その
リスクは減らせることが出来るはずです。

こういうところにも知識と経験、気遣いが大切だと思いませんか?

<関連記事>: 玄関ドア周囲の飾り材施工

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートを
して欲しい、私と話をしたいという方は、お問い合わせ下さい。
全国どこでもご相談を受け付けます。

尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事を
いくつかご覧の上適否をご判断願います。

[PR]
by mikami-homemade | 2017-11-26 10:37 | 外装工事

この気遣いがいいですね

c0108065_09351846.jpg

こちらは、岐阜県海津市で取り付けた新しい玄関ドアのヒンジです。

輸入住宅の玄関ドアに限らず、玄関は人の出入りが一番多い場所
ですから、ドアのヒンジに掛かる負担も多くなります。

ましてや輸入の玄関ドアは、室内ドアに比べて格段に重いですから、
その重量を支えるだけでも大変です。

こうしたドア・ヒンジは、2枚の蝶番が噛み合わさって出来て
いますから、それらの金属が徐々に摩耗してきます。

写真のような銀色のものや輸入住宅らしい金色のものなど、色は
様々ありますが、私たちが使うヒンジは全て丈夫なステンレス製。

それでも摩耗による劣化は起こりますので、10年程度で定期的に
交換頂くようにお願いしております。

勿論、出来るだけ長く使って欲しいという思いから、蝶番同士の間に
ステンレスのワッシャーを噛ませてその摩耗を少しでも抑える工夫を
しています。

皆さんのお住まいが新築から10年以上経過していたら、是非玄関ドア
のヒンジもチェックしてみて下さい。

きっと、そろそろ交換して欲しいと悲鳴を上げているはずです。

もしそうなっていたら、こうしたワッシャー入りの新しいヒンジを
お使い下さいね。

<関連記事>: 摩耗した玄関ドアのヒンジ

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートを
して欲しい、私と話をしたいという方は、お問い合わせ下さい。
全国どこでもご相談を受け付けます。

尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事を
いくつかご覧の上適否をご判断願います。

[PR]
by mikami-homemade | 2017-11-25 09:44 | 定期点検
c0108065_10353694.jpg

既に本体カバーが取り外され、電子基板が露出した状態となっている
ガレージドアの電動オープナー。

スタンレー(Stanley)社の古いオープナーですが、どのくらいの
年数使われているのかは定かではありません。

中古物件に設置されているようで、ちゃんと動かせるようにしないと
販売することが出来ないという判断から、修理を相談されました。

ただ、単純にオープナーを交換すれば直ってしまうものかと言えば、
そうではありません。

ドライブ・チェーンも伸びて弛んでいる感じですから、ドアの重量が
相当オープナーへの負担となっていたことが伺えます。

ガレージ・オープナーの破損は、無理なドアの開閉によって起こります。

そういう場合、ドアの開閉を支えるトーションスプリングのバネが、
弱ってきていてうまくドアを持ち上げられなくなっている可能性が
否定出来ません。

また、ドアの左右のバランスが崩れていたり、左右のドラムワイヤーが
片方だけ伸びてしまっていたりすれば、ドアの開閉は重くなります。

一つの不具合の発生は、それに関連する部分の不具合によって
引き起こされているかも知れないということを忘れてはいけません。

交換の依頼をされただけだから、それをちゃんとやれば後は知らない
という仕事の仕方は、プロとは言えません。

知識と経験によって深読み出来るのが、本物ではないでしょうか。

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートを
して欲しい、私と話をしたいという方は、お問い合わせ下さい。
全国どこでもご相談を受け付けます。

尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事を
いくつかご覧の上適否をご判断願います。

[PR]
by mikami-homemade | 2017-11-24 10:46 | 輸入設備
c0108065_13170285.jpg

玄関ドアは常に人が出入りする処ですし、すきま風が入りやすい点では
気密性を上げておきたい場所でもあります。

そういった観点から、輸入ドアのドア枠には四方にウェザーストリップ
と呼ばれる気密パッキンが装着されているのです。

そして、雨が吹き込みやすいドア下の隙間に対処する為に、輸入住宅
ブームの際に建てられたおうちにはボトム・ウェザーストリップと
呼ばれる雨返し材(防風材)が取り付けられるのが普通でした。

ただ、この材料には長めのフィンがいくつも付いていて、これが
ボトム・シル(敷居材)に当たってドアの開閉に支障をきたすという
問題がありました。

そうした状況から、今ではこのボトム・ウェザーストリップ自体を
ドアには取り付けしないで、ボトム・シルに付けられたウェザーストリップ
だけで防水・防風・気密の性能を確保しようという方向になっています。

ただ、ドアの建て付け施工が悪かったり、長い間の使用でドアの位置が
正常な状況でなくなったりしてしまうと、これらの性能が発揮されない
ことにもなってしまいます。

当然、ウェザーストリップは緩衝材の目的もあり、ウレタン樹脂が
採用されていますので、そのうち縮んだり小さくなったりしてきます。

ですから、10年程度で新しいものに交換する必要もありますよ。

今でもボトム・ウェザーストリップは供給可能ですが、そういった
状況ですから、メンテナンスの際にはこちらは交換しない方向で
いった方がいいかも知れません。

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートを
して欲しい、私と話をしたいという方は、お問い合わせ下さい。
全国どこでもご相談を受け付けます。

尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事を
いくつかご覧の上適否をご判断願います。

[PR]
by mikami-homemade | 2017-11-23 13:33 | 外装工事
c0108065_1140495.jpg


昨日、岐阜県海津市の輸入住宅で玄関ドアの交換工事を行ったとの
記事を書きましたが、今日はそれを更に美しく、そしてきれいに
納める仕事をしてきました。

それが、一昨日当社の倉庫で仕上げ塗装を行った輸入玄関ドア用の飾り材を
取り付けるという工事です。

ドアの開口部を広げた為、レンガ・タイルをカットした木口(こぐち)が
露出して納まりが悪かったので、それを上からカバーするのが目的ですが、
こうすることで外装の防水性を確保出来ますし、何と言っても豪華さが
違ってきます。

当然、その手間や材料も多く掛かってきますから面倒も多いのですが、
手間が掛かっていると感じてもらえる仕事こそ、誰からも素敵と感じて
頂けるものだと信じています。

ギリシャ・ローマ時代のデザイン装飾ですから、それを出来るだけ忠実に
再現してこそ様式美が感じられると思いますから、細かな点も注意しながら
施工しています。

大理石を模した柱材の下には、「礎石」となるベースがなければいけません。

そして、その柱材の上にもキャップ(プリンス・ブロック)と呼ばれる
「まぐさ受け」が載せられます。

その上にはクロスヘッドと呼ばれる装飾された「まぐさ」がドア上の
建物重量を支えるのですが、これも元々石で出来ていましたから、
ピラスターよりも少し幅を広げて神社の鳥居のような安定感を演出します。

ギリシャ・ローマ時代の建物は、クロスヘッドの中央に「くさび石」の
キーストーンを入れることで石やレンガで出来た建物が崩れない構造と
なりましたから、これも安定感を出すアイテムと言えるかも知れません。

勿論、こうした材料は、全てウレタン樹脂で出来た装飾材ですから、
古代の建物ような機能がある訳ではありませんが、代々人間の脳に
刻み込まれた美しさへの観念は自然とこれを意識させるのです。

日本人のあなたにも、実はそれが刷り込まれているはずですよ。

こうしたことを知っていて建築するのと知らずに建てるのでは、
その完成度は自ずと変わってくると思いませんか?

<関連記事>: 施工前に塗装しました

<関連記事>: まだ途中ですが、こんなに素敵になりました

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートを
して欲しい、私と話をしたいという方は、お問い合わせ下さい。
全国どこでもご相談を受け付けます。

尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事を
いくつかご覧の上適否をご判断願います。
[PR]
by mikami-homemade | 2017-11-22 11:48 | 外装工事
c0108065_19345471.jpg

岐阜県海津市の輸入住宅で玄関ドアの内部に下地材が入っていない
状況で、ドア・ヒンジやドア・クローザーのビスが利いていない
という記事を以前書かせて頂きました。

もうドアの納まりもガタガタで、修理・メンテナンスをして使える
ようにすることも出来なかった為、今回ドアを新しいものに交換
しました。

ドア自体も何故か通常より幅が狭いタイプでしたので、10cm程
建物の開口部を広くして、大きめのファイバーグラス製のドアを
取り付けました。

それが、こちらの写真。夕陽が当たって、美しく光ってますねぇ。

構造的に無理をして取り付けたのでは、輸入住宅ビルダーとは
言えませんから、慎重に構造を確認しながら補強を加えていきました。

外壁はレンガ・タイル張りでしたから、こちらもきれいにカット
しながらの作業で相当時間も掛かりましたよ。

でも、こんな素敵なステンドグラスの輸入玄関ドアが付けば、
その苦労もどこかに吹き飛んでしまうくらいです。

あとは、ドアの周囲をきれいに納める為に、昨日紹介したファイポン
(Fypon)の飾りを取り付けて、ドアを塗装すれば完成です。

また、その様子は追ってご案内します。

<関連記事>: ビスが留まらないグラスファイバー製玄関ドア


輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートを
して欲しい、私と話をしたいという方は、お問い合わせ下さい。
全国どこでもご相談を受け付けます。

尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事を
いくつかご覧の上適否をご判断願います。

[PR]
by mikami-homemade | 2017-11-21 19:44 | リフォーム