輸入住宅の専門家による施工情報の提供


by Supervisor-homemade


c0108065_11353025.jpg
c0108065_1136029.jpg
c0108065_11361730.jpg

[PR]
# by mikami-homemade | 2007-03-09 11:18 | 内装(造作)工事

紙が命の高性能断熱材

断熱材として使っているセルロースファイバーとは天然木質繊維の断熱材
c0108065_105684.jpg
c0108065_10562929.jpg
c0108065_10564769.jpg


セルロースファイバーは、新聞紙を粉々にしてホウ酸を混ぜて作られている、天然木質繊維の断熱材です。人体への影響も少ないエコ材料であることが最大の特長で、古紙を利用していることで、エコロジー時代、リサイクル時代と環境にやさしい断熱材として、お勧めいたします。
機能、性能面も大変優れており、木質繊維特有の吸放湿性で適度な湿度を保ちます。その他、害虫対策にも効果を発揮します。セルロースファイバーは紙です。紙はもちろん木からですね。木は自然素材ならではの吸放湿性を持っています。湿度が高くなると材料内に湿気を蓄え、乾燥すると放湿するため、結露防止にも役立ちます。住まいの大敵、カビを追放します。
また、ホウ酸には緩消毒性能があり、ゴキブリ、ネズミ、白アリ、カビ、ダニ等を追いやっていきます。


セルロースファイバーは欧米諸国で広く利用されています。米国の断熱材種別シェアを調べてみるとセルロースファイバーが最も多く使用されていることがわかります。(インターセル調査)安全基準に厳しいアメリカで60年の実績を積んでいますが、日本では価格が高いためか、リサイクルの意識の違いか、アメリカやヨーロッパに比べて採用率は極めて低くなっています。

ちなみに、日本でのセルロースファイバーの歴史は、今から約20年前と浅く、50年以上の歴史を持つアメリカとは、歴史も理解もまだまだといったところでしょうか。


安全性

セルロースファイバーはホウ素系薬品により、防燃処理がされています。ホウ素系薬品は、医療、肥料、食器、除草剤などにも使われ、毒性が非常に低く、人体への蓄積や残留がほとんどありません。その毒性は、食塩と同等以下です。
また、ホウ酸は自然の岩盤から精製されています。

防音・吸音性
セルロースファイバーは、繊維自体の空気泡により、入射した音エネルギーを熱エネルギーに置換する作用があります。それに加えて繊維同士が絡み合うことにより、厚い空気の層を保持しています。二重の空気層がダブル効果で音を吸収しますので、他の断熱材と比べ非常に吸音に優れています。中からのピアノの音・外からの車の音など、施工されたお客様からびっくりされている報告をよく聞きます。
[PR]
# by mikami-homemade | 2007-03-06 10:30 | 断熱材入れ工事

THE 防水紙

外壁からの雨の進入を防ぐ防水紙ですが、みなさんは注意してみたことがありますか?結構外壁のことばかり気にして、肝心な防水紙を見落としていますよ。防水紙は最終の堤防です。これさえ水が超えなければ安心です。
c0108065_14455148.jpg
c0108065_1446919.jpg
c0108065_14462689.jpg


従来の防水紙は、アメリカでも問題になっていたそうです。外部からの水分は通さず、内部の湿気は放出すると従来の防水紙はうたっていましたが私も現場で、従来の防水紙を貼ったあとの雨の日に、なぜか中の壁に水がべったりとついているのです。このウエザーメイトプラスを購入するときアメリカでもこの問題が起きていると聞いて、納得できました。残念ながらほとんどの建築会社が従来のものをつかっていて、このウエザーメイトプラスを名古屋近郊で使っているのは弊社と、もう1社だけのようです。もし建築会社で入手したいとお思いの方がみえましたらお教えいたしますが・・・
[PR]
# by mikami-homemade | 2007-03-05 14:47 | 独り言
防水紙を張りましたので、内部の断熱入れの準備です。性能は次回説明いたします(簡単な実験を行う準備が必要なので)
c0108065_813458.jpg
c0108065_8143292.jpg


この防水紙(ウエザーメイトプラス)は、幅が9FT(≒2740mm)あるのでつなぎ目も少なく安心です。国産はほとんどが910mmなのでつなぎ目が、ウエザーメイトプラスと比べて2箇所ずつ余分に入ってしまいます。これだけでもかなり違いますね。
[PR]
# by mikami-homemade | 2007-02-28 08:06 | 外装工事

金物本締め

本日プラスターボードが入りました。荷重もかかっていよいよ金物を締めます。
ホールダウン金物・外部バンドの釘うちを行いました。ホールダウン金物とは、建築物の構造躯体を基礎にしっかり固定するための接合金物で、住宅の四隅に取り付けるボルトのことです。
建物を支える基礎から土台や柱が抜けないように、柱と土台を緊結するための特別なボルトで、地震の揺れによって柱が土台から引き抜かれないように取り付けます。1階と2階の柱の接続にも使われることがある。建築基準法では、柱と土台など構造上重要な部分に、ホールダウン金物やアンカーボルトをはじめとする金物を使うことを義務づけられています。
こちらのお家のツーバイフォー(2×4)工法は、もともとアメリカ・カナダなど北米で生まれた建築方法です。軸組工法が柱や梁といった軸で建物を支えているのに対し、ツーバイフォー工法は床、壁、天井などの「面」で支える構造になっています。その面の枠組をつくる際に、主として断面サイズが2×4インチの角材を用いることから、このような名称がついています。日本では1974年に建設省が技術基準を定めてから導入され、別名「枠組壁工法」ともいいます。
 建築に使用される部材や金物などは、規格に適合したものを使用することになっていて、施工についてもマニュアル化されているため、材料の違いや職人の腕などによる品質のバラツキが出にくい工法といえます。釘も使う場所によって長さや太さが違い、一目でわかるように釘自体に、色分けがほどこされています。
c0108065_19133293.jpg

[PR]
# by mikami-homemade | 2007-02-26 19:15 | 建て方

c0108065_1915930.jpgこんなふうになっています、この赤い部分から暖かい空気がひゅうひゅう出て行きます。
これは土台から壁を通り屋根をつたって来る、通気工法です。 湿気が多く気温が高い日本で木材の呼吸する特性(湿気を吸ったり吐いたりします)すなわち、木に触れる空気が淀んでいるとその調湿機能が低下します。木に触れる空気は対流している事が大切です。

 通気工法は建物の構造体内に空気の通り道を作る事により、壁の内部で温まり湿気を多く含んだ空気を排気し、常に新鮮な空気を供給するように考えられた工法です。自然をうまく利用し、自然に抵抗しない、自然との共生を考えた工法です。
[PR]
# by mikami-homemade | 2007-02-24 19:32 | 外装工事

FRP防水工事2

さて今日はFRP防水工事です。一昔前はステンレス貼りで行っていましたがコーキングでとめている釘を押さえるため、後々コーキングが切れて、雨漏りが起きて
c0108065_1617569.jpg
メンテナンスがかかり大変です。
今回のFRP防水は、立ち上がり200ミリまで防水をかけます。通常は200ミリですが今回は300ミリ近くまで行ってくれています。サービスですね
においは強くのですが、役1日で感じなくなります。最近では水性のものが出ています、これはにおいがほとんど無く施工性もよいので、今後主流になると思いますが、まだコストが高いため今回はFRPで施工しました。
[PR]
# by mikami-homemade | 2007-02-23 16:00 | 外装工事

棟換気

おやおや、棟から光が漏れています。これは暖まった空気が抜けていくように換気を取っている写真です。これをつくることによって、夏や冬快適に過ごせますし、冬場の屋根裏に結露が起きるのを防ぎます。え?家の中がスースーするんじゃないかな?って。ご安心ください。今ここで説明をすると長くなっちゃうので、知りたい方は直接聞いてください。またここの部分に、うちの会社オリジナルの必殺技があります。
c0108065_1659657.jpg

[PR]
# by mikami-homemade | 2007-02-19 16:42 | 建て方

屋根伏せ

アスファルトシングルを使っています。これは優れものです、これを使わなくちゃ輸入住宅のよさが出ません。
瓦やカラーベストより軽く、アスファルト・ファイバーグラスマットでできていて、防水性・デザイン性に優れています。また30年の保証がつくくらいですから、建売住宅なんかを考えると家の寿命まで大丈夫なくらいメンテ知らずですね。(アスベストは一切含んでいません)従来のシングルを一新するアメリカの屋根材です。もちろん防火認定も受けております。自分の家にも是非使いたい逸品です。c0108065_16391681.jpg
[PR]
# by mikami-homemade | 2007-02-18 16:20 | 外装工事

バルコニー防水下地

バルコニーの防水下地工事を行いました。15ミリの合板の上に直接FRP防水を行ったり、この上に12ミリの合板を貼り防水をかけることがありますが、防火(外部からの火が来ないように防火サイディングを15ミリの合板の上に貼り下地をつくりました。c0108065_15595571.jpg
[PR]
# by mikami-homemade | 2007-02-17 15:49 | 外装工事