輸入住宅の専門家による施工情報の提供


by Supervisor-homemade
c0108065_12522502.jpg

急勾配の屋根が、途中で折れ曲がって緩い勾配の屋根に変化する
デザインの中折れ屋根。

カナダでは、ルーフデッキ(屋根付きのウッドデッキ)付きのログハウス
などで使われる手法ですが、日本ではあまり見かけない屋根ですよね。

途中で折れ曲がっている形状ですが、それでも屋根は一体のものとして
繋がっていますから、国産のカラーベストのようなコンクリート板の
屋根材や瓦では曲がりの部分の納まりがきれいに出来ません。

それに引き換え、北米のアスファルトシングル葺きは、柔らかな
グラスファイバー入りのアスファルトで成型された薄い素材で出来て
いますから、簡単に曲げることが可能です。

だから、こんなに美しいデザインの折れ屋根が出来るという訳です。

勿論、屋根材は上から下まで連続して施工されていますから、防水性
でも弱点はありません。

ただ、折れ屋根で気を付けたいのは、緩い勾配にする時の防雨性能。

あまり緩すぎる勾配だと、強い雨風が吹き上げた際に中に雨が侵入して
しまう恐れがあります。

ですから、勾配は最低でも3.5寸(長さ10に対して高さ3.5の比率で
上がっていく)勾配にしなければなりません。

屋根瓦に比べて格段に軽く地震にも安全ですし、条件はありますが
一生保証という屋根材は、私たちが使うアスファルトシングルしか
ありません。(将来の屋根の塗り替えも、基本不要です)

こうして私たちのレンガ積み輸入住宅(大分市)は、出来ていきます。

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートを
して欲しい、私と話をしたいという方は、お問い合わせ下さい。
全国どこでもご相談を受け付けます。

尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事を
いくつかご覧の上適否をご判断願います。

[PR]
# by mikami-homemade | 2017-08-29 13:01 | 外装工事
c0108065_11161850.jpg

先週トラックに断熱材と機材を積んで、大分市へトンボ返りしてきた
のですが、その際に施主であるお客様からお土産を頂きました。

大分の銘菓「ざびえる」や地元高級レトルトカレーの数々。

いや~、めっちゃ嬉しいですぅ。

お菓子は会社でおやつに頂いたり、お客様がいらした際にお茶請けとして
お出ししようと思います。

カレーについては、家族全員前世はインド人だったというくらいカレーが
大好きですから、じっくり家で味わいたいと思います。
(と言っても、すぐに全部子供に食べられてしまうでしょうが・・・)

こうやって、いろいろお気遣いを頂けると、私でなくても自然と
仕事に力が入るものですよね。

性格が単純ということかも知れませんが、家づくりはやはり人と人
との関係や気持ちが大切な仕事だと思います。

私たちもそういう気持ちをいつも持って、素敵な輸入住宅を建てて
いきたいと思います。

そうそう、私も名古屋土産に味噌煮込みうどんや赤味噌、ビール、
黒酢、リンゴ酢を持っていきましたよ。(一部は、地元の大工さん
たちにもお裾分けをしました)

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートを
して欲しい、私と話をしたいという方は、お問い合わせ下さい。
全国どこでもご相談を受け付けます。

尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事を
いくつかご覧の上適否をご判断願います。

[PR]
# by mikami-homemade | 2017-08-28 11:24 | 全般

まるでお布団です

c0108065_13301215.jpg

昨日、屋根の通気スペーサーの素晴らしさについて書きましたが、
今日は自然素材であるセルロース・ファイバーの断熱工事について
書かせて頂きます。

セルロースとは、小学校の理科でも習った通り、植物の細胞壁を
形作る繊維ですが、私たちはセルロースを固めて作った紙を再度
粉砕したものを家の断熱材に使います。

セルロースは、元々木の繊維ですから、木造の柱材と素材的には
全く同じ。そういう点でも全てが木に囲まれている家になる訳です。

セルロースを施工する為には、まず不織布という空気を通す布を
張らなければなりません。布を張らずに壁に吹き付ける方法も
ありますが、化学物質の入った糊を混ぜて壁に布着させますから、
せっかくの自然素材が台無しです。

だから、少々手間は掛かりますが、壁全面に不織布をたるみなく
張っていきます。

ピンと張った不織布に太いホースを入れる為の穴を明けて、
そこからブローイング・マシンで細かな綿状のセルロースを
吹き込みます。

ご覧のように壁の中に隙間なくセルロースが入りますから、
グラスウールのように断熱欠損が生じることも心配ありません。

勿論、あまり多く入れ過ぎると、その上に張る石膏ボードも
膨れてしまいますから、その加減が絶妙でないといけません。

写真のように、不織布が少しだけ膨らんだ感じは、まさに
お布団のような感じです。

でも、実際に触ってみると、フワフワした感じではなく、結構
しっかり固い感じがして安心感があるんですよ。

石膏ボードを内装に張ってしまえば、断熱材は全く見えなく
なってしまいますが、見えないところこそ本当は大切なんです。

そうそう、断熱工事が終わって石膏ボードを張る前には、
普通ビニールシートのべーパーバリアを湿気除けに張りますが、
壁自体を呼吸させるセルロースや羊毛の断熱壁では不要です。

ビニールで家を覆うなんて、家自体を窒息させる以外何ものでも
ありませんよね。勿論、ビニールクロスも論外です。

<関連記事>: 木の細胞繊維であるセルロース断熱材

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートを
して欲しい、私と話をしたいという方は、お問い合わせ下さい。
全国どこでもご相談を受け付けます。

尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事を
いくつかご覧の上適否をご判断願います。

[PR]
# by mikami-homemade | 2017-08-27 13:46 | 断熱材入れ工事
c0108065_14551047.jpg

サッシの取付けや室内配線が完了したといことで、そろそろ断熱材を
入れたいという現場からの要請を頂きました。

そこで、週初めにセルロースの断熱材を壁内に吹き込む為のブローイング
マシン(吹き込み機)とセルロース、天然羊毛の断熱材などをトラックに
積み込みました。

ブローイング・マシンは200kg近い重さがありますし、断熱材も
相当量を積み込みましたから、積載量のほぼ限界で名古屋~大分間を
走ってきました。

いい年なのに、ほんとよくこんな大変なことをやりますよね。

断熱処理の作業等については、また後日ご案内することとして、
その前段階のことについて少しお話をしたいと思います。

自然素材の断熱材は、室内の温度調整を行ってくれるばかりか、
湿度の調整をも自動でやってくれるスグレモノです。勿論、
解体時にはリサイクルも可能です。

こうした機能は、グラスウールやロックウールなどの無機質な
断熱材ではあり得ません。

だからこそ、大変な手間と費用が掛かっても、私たちはお客様の
家にはこうした断熱材を入れる訳ですが、温度や湿度を最終的に
どこかから外に出さなければ、それらが室内に籠ってしまいます。

そうしたものは、上昇気流によって徐々に上へ上へと上がっていき、
最後には屋根裏や屋根下地にまで到達します。

当然、そこにグラスウールのようなものが張ってあれば、グラスウール
等が湿気ってしまい、断熱性能が低下するばかりか、屋根裏結露によって
屋根の野地板や屋根垂木が腐ってきてしまいます。

湿気や熱は絶えず下から上がってきますから、単にセルロースや羊毛を
断熱として入れただけでは、そのうち飽和状態となってせっかくの
自然素材の断熱材も意味をなさなくなってしまいます。

そこで入れるのが、写真のような通気スペーサー。

これは、外壁の通気層や軒下換気口から上がってくる空気を、この
段ボールの内側にある通気層に通して、最後に屋根の棟から放出する
為に施工されます。

(素材の段ボールは、セルロースと同じ木の繊維で出来ています。
ですから、木造の構造材との相性は抜群ですし、吸放湿作用性もあります)

その空気の上昇を利用して、自然素材の断熱材を通過した室内の湿気
や熱をも外へと逃がすのが、通気スペーサーの役割でもあります。

つまり、家(外壁)の外側の通気層によって家の構造そのものを乾燥
させるという役割と、室内の余分な湿気や熱を自然に屋外に出して、
室内環境を整える役割を果たしているのです。

これって、家やそこに住む人にとっては、相当素敵なことなんです。

自然素材の断熱材を自然な状態のまま入れたり、通気層を形成するように
施工したりと、結構な手間・暇・コストが掛かりますから、殆どの
住宅メーカーではやっていません。

何故こんないいことをやらないのか? お客様の目に触れないことは
やればやるだけ価格競争で不利になるからです。

だって、見た目同じで坪単価が高かったら、買ってもらえないと
誰しも考えますよね。

それって、お客様のことをほんとに考えた家づくりと言えるでしょうか。

だから私は、見積だけで判断する人は嫌いですし、自分が手を抜いて
儲けだけを優先することもしたくありません。

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートを
して欲しい、私と話をしたいという方は、お問い合わせ下さい。
全国どこでもご相談を受け付けます。

尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事を
いくつかご覧の上適否をご判断願います。

[PR]
# by mikami-homemade | 2017-08-26 15:13 | 断熱材入れ工事
c0108065_11024118.jpg

神奈川のお客様から、ミルガード(Milgard)のシングルハングの
バランサーの糸が切れたので、部品を注文したいという問い合わせを
頂きました。

電話でお話を伺い、バランサーに刻印された番号と写真をお送り
頂きたいというお願いをした処、番号は一方が「82」、もう一方が
「84」という回答がありました。

普通は、「18-4」という感じの数字であるはずなんですが、いつもと
全然違っています。

また、窓の両サイドに付いているバランサーは、通常同じ長さ、
同じ強度であるはずですから、番号が違っているということは
あり得ません。

お客様側で何か間違えがあるような気がしましたので、写真で寸法や
番号が分かるようなものを送って下さいとお願いしたのですが、
写真をメールで送るというのがあまり得意でないのか、実物を郵送
頂くということになりました。

そこで、受け取った不具合品の写真がこちら。

バランサーの長さが、全長で25㎝程度しかありません。普通は、
50㎝程度のものであるはずですが、半分しかないバランサーです。

確かにこれなら、「8-4」とか「8-2」というのも分かります。
こんな短いチャネルバランサーもあるんですね。ビックリしました。

今回は、「8-4」で統一して同じ仕様のバランサーを2本調達して
差し上げようと思います。

長く輸入資材のメンテナンス部品の調達をしていると、いろんな
ことがありますねぇ。

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートを
して欲しい、私と話をしたいという方は、お問い合わせ下さい。
全国どこでもご相談を受け付けます。

尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事を
いくつかご覧の上適否をご判断願います。


[PR]
# by mikami-homemade | 2017-08-23 11:13 | メンテナンス
c0108065_17120588.jpg

先週、愛知県大府市にある輸入住宅のメンテナンスに伺ってきました。

こちらのおうちを建てた工務店は、既に輸入資材で家づくりをして
おらず、修理を依頼する専門業者がいなかったそうです。

そこで私共が呼ばれてメンテナンスに伺った訳ですが、その際別の
案件の修理についてもご相談がありました。

それが、このペアガラスの内部結露。

アメリカ ハード(Hurd)社の輸入サッシなんですが、ガラスの中が
薄っすら曇っていました。

陽が当たる昼間、それも暑い夏場は水分が蒸発して結露は起こり
にくくなります。(但し、気体になっているだけで、水分自体は
ペアガラス内に滞留しています)

にも拘わらず、ペアガラスが曇っているのは、相当な量の水分が中に
入り込んでいると考えていいでしょう。

きっと、寒い冬場や梅雨時などは、もっと顕著に結露が発生している
ことでしょうね。

ペアガラスをよく見ると、ガラスとガラスの間にもう1枚ガラス
のような薄いものが確認出来ました。

お客様はトリプルガラスではなくペアガラスだとおっしゃっていますから、
2枚のガラスの中間にあるものは断熱・遮熱効果を更にアップさせる
ヒートミラーの薄膜であることが分かりました。

この時代、ヒートミラーはペアガラスの3割増しくらいの金額だった
ように思いますから、お客様も相当頑張ったと思います。

ただ、こうして内部結露をしてしまったアルミクラッド・サッシは、
窓の建具ごと交換する以外にはありません。

サッシの外部に防水コーキングをちょっと打つだけで、こうした
トラブルの多くはリスクを減らすことが出来たんですけどね。

輸入住宅にお住まいの皆さん、今からでも遅くないですから
ご自身でも是非サッシのコーキング処理をやってみて下さい。

勿論、国産サッシをお使いの家でも、やればそれなりの効果は
あるはずですよ。

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートを
して欲しい、私と話をしたいという方は、お問い合わせ下さい。
全国どこでもご相談を受け付けます。

尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事を
いくつかご覧の上適否をご判断願います。

[PR]
# by mikami-homemade | 2017-08-22 17:22 | メンテナンス
c0108065_12584183.jpg

アンダーセン(Andersen)社製ナローライン・シリーズの2連の
ダブルハング・サッシ。

窓枠や建具枠が細く繊細に出来ているので、そう呼ばれている
訳ですが、輸入住宅ブームの頃には本当にたくさん施工された
サッシだと思います。

その頃から20年近く時間が経ってきて、窓のメンテナンスもそろそろ
必要になってきたようです。

こちらのサッシは、窓枠の両側に見えるバランサーの吊り糸が切れて、
サッシの開閉に支障をきたす状態になったようです。

アンダーセンのダブルハングは、ペラ(Pella)と同様上から吊り糸で
建具を持ち上げているという構造ですから、糸(紐)が片側でも切れて
しまうと窓の建具が落ちてきてしまいます。

つまり、窓を上げようとしても自然と下がってきてしまう状況と
なります。

こういう場合、吊り糸を内蔵している左右のバランサーを交換する
こととなる訳ですが、この交換は結構力やコツが必要ですから、
一度にたくさん直すことには無理があります。

慣れた私たちでも、一日に5ヵ所くらいの窓を直すと腕や手の筋肉が
ブラブラになってきます。

そうは言っても、お客様の時間的な制約もありますから、出来るだけ
一度にやれるように頑張るのですが、家の全部がダブルハングという
おうちは一日では到底施工は完了しません。

一般の皆さんもご自身で交換された方もいらっしゃるでしょうが、
その苦労はなかなかのものだったと思います。

交換すればまた元の通りに動くようになりますから、是非10年毎
にバランサーの交換をするようにして下さいね。

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートを
して欲しい、私と話をしたいという方は、お問い合わせ下さい。
全国どこでもご相談を受け付けます。

尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事を
いくつかご覧の上適否をご判断願います。

[PR]
# by mikami-homemade | 2017-08-21 13:06 | メンテナンス
c0108065_12312666.jpeg

昨日も輸入住宅のメンテナンスについて、いろいろ問い合わせを
頂きました。

その中で特に多くなってきているのが、ガレージドアの修理です。

電動のオープナーの交換も毎週のようにあるのですが、写真にあるような
トーション・スプリングが切れたというトラブルも全国の方からたくさん
ご相談があります。

こちらは、メーカーが分からないガレージドアなんですが、幅が4.9mも
あるダブルサイズのガレージドア。

普通、ダブルサイズ(車が横並びで2台分)のドアとなると、重さ100kg
を超えるくらいとなりますから、トーション・スプリングは2本付くのが
一般的。

でも、写真では少し長めのバネが1本だけ。こんなんでドアが持ち上がる
のかと思いきや、ドアは67kgしかないそうな。

素材はきっとアルミ製の薄板なのかも知れませんが、ここまで軽いのは
初めてです。(この重さは、幅2.4mのガレージドアくらいです)

こちらのお客様は、奈良県に程近い三重県にお住まいですから、
職人が名古屋から行くか関西から行くか、悩みますねぇ。

何れにしても、車を通勤の行き帰りにご利用とのことですから、
出来るだけ早めに修理をしてあげなければなりません。

でも、今日は日曜日。いろいろな手配は週明けの月曜になりますが、
それまで少々お待ち下さいね。

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートを
して欲しい、私と話をしたいという方は、お問い合わせ下さい。
全国どこでもご相談を受け付けます。

尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事を
いくつかご覧の上適否をご判断願います。

[PR]
# by mikami-homemade | 2017-08-20 12:39 | 輸入設備
c0108065_11045785.jpg

アメリカ アンダーセン(Andersen)社の輸入サッシに取付けられて
いる網戸固定ピン。

つまみの上側の方に少しヒビが入っているらしく、頭が下がった
感じになっています。

このつまみの部分が一番太陽光に曝されていますから、プラスチックの
劣化が著しくなっています。

このつまみの先に棒状のシャフトが付いているのですが、シャフトに
ついては網戸フレームの中に隠れていますから、金属でも樹脂でも
あまり劣化はしないと思います。

私たちは、マーヴィン(Marvin)社から調達している網戸の固定ピンを
在庫していますが、アンダーセンやハード(Hurd)のものも全く同じ
網戸ピンが使われています。

今回、関西のお客様からアンダーセン用のピンの問い合わせを頂いた
のですが、私共の在庫のものを20セット程注文頂きました。

ここに挙げた輸入サッシ以外でもきっと同じ網戸ピンを使っている
でしょうから、もし新築から10年以上経っている輸入住宅でしたら、
一度点検しては如何でしょうか。

数に限りはありますが、数件分のおうちのメンテナンスでしたら
在庫のものを供給可能です。

これからの台風シーズン前に、網戸の修理も是非お願いします。

<関連記事>: 網戸の固定ピン、劣化していませんか? (2010年9月28日)

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートを
して欲しい、私と話をしたいという方は、お問い合わせ下さい。
全国どこでもご相談を受け付けます。

尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事を
いくつかご覧の上適否をご判断願います。

[PR]
# by mikami-homemade | 2017-08-19 11:20 | メンテナンス
c0108065_15335552.jpg

室内側が木製、屋外側がアルミの枠で出来たアルミクラッド・サッシ。

マーヴィンやアンダーセン、ハードなど、いろいろな輸入サッシ・メーカー
がこの種の窓を作っています。

そんなアルミクラッド・サッシですが、カナダのウィルマーなど既に
メーカーがなくなってしまったものも存在します。

こちらは、ノード(Nord)社製のアルミクラッド・サッシですが、やはり
窓やドアの製造はしておらず、日本国内での流通も10年以上前に終了
しています。

ノードは、ドアの製造がメインでサッシの供給については然程多くないですが、
それでも時折施工された輸入住宅を見掛けます。

私の印象としては、雨仕舞に少し弱点がある感じがして、建具の木部が
腐ってくるリスクがあるかも知れません。

と言っても、20年近く前のアルミクラッド・サッシの多くは、雨仕舞が
いいというサッシは少なかった気がしますし、その後改善されたと言っても
過言ではありません。

そういう点では、この時代特に悪かったということではないと思います。

あと、このサッシの問題としては、バランサーと建具とを連結する
鋳物のピボットバーが破損するということがありました。

内蔵しているコイル・バランサーは消耗品ですから、そのうち交換を
余儀なくされるのですが、ピボットバーは壊れることをあまり想定して
いない部品ですから、調達するのは少々厄介です。

(このピボットバーは、全く同じ形状のものが北米でも見つかりません)

まあ、いざとなったら国内で特注生産してもらうということも可能
ですから、何とかなると思いますがそれなりの費用は掛かります。

何れにしても、美しい輸入住宅をお客様が維持していく為に、
私たちも力を貸していきたいと思っています。

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートを
して欲しい、私と話をしたいという方は、お問い合わせ下さい。
全国どこでもご相談を受け付けます。

尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事を
いくつかご覧の上適否をご判断願います。

[PR]
# by mikami-homemade | 2017-08-18 15:43 | メンテナンス