輸入住宅の専門家による施工情報の提供


by Supervisor-homemade

網が破れた網戸

c0108065_13474553.jpg


日進市に住むお客様からホームメイドの事務所に網が破れた
輸入サッシの網戸をご持参頂きました。

かなり古い網戸のようで、フレームも曲がったり捻ったりして
少々歪んでいます。

写真でもお分かりのように、黒かった網戸のスクリーンは白く変色
してきていますし、このように一部網が破れてきています。

網戸フレームの歪みが多少あっても、少し手で戻してやれば
窓に取り付けることに問題はないと思いますが、スクリーンの劣化は
交換する以外にはありません。

また、網を交換する際には、網をフレームに固定する為の細いゴムで
出来たビード(網押さえ)が悪くなっていないかもチェックする
必要があります。

グラスファイバーで出来た輸入サッシの網等は、ホームセンターでは
売っていませんから、私共のような専門業者から購入頂くしか
方法はありませんが、材料と道具さえあれば誰でも簡単に交換する
ことは可能です。

勿論、やったことのない人は最初失敗するかも知れませんが、
失敗なくして成功はありません。何事も経験ですから、是非挑戦して
もらいたいと思います。

ただ、それをやる時間のない方やDIYに自信のない方は、私共に
ご依頼頂ければ張り替えして差し上げますよ。

その場合は、ホームメイドに直接持ち込んで頂くか、網戸を宅配等で
お送り下さいね。いよいよ春です。網戸を直して、窓を開けましょう!

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートを
して欲しい、私と話をしたいという方は、お問い合わせ下さい。
全国どこでもご相談を受け付けます。

尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事を
いくつかご覧の上適否をご判断願います。
[PR]
# by mikami-homemade | 2017-03-07 13:53 | メンテナンス
c0108065_13485080.jpg


あまり気にしていない人も多いかも知れませんが、ビルトインガレージ
のオーバースライダーにはボトム・ラバーと呼ばれるゴム製の
クッション材が取付けられています。

写真は、奈良県のお客様からお送り頂いたものですが、ゴムが少し
波立っている感じですし、ガレージドアの端までボトム・ラバーが
届いていない状況のようです。

ボトム・ラバーは、ドアと地面との間の隙間をなくし、ガレージの
気密性を上げる効果があります。また、ドアが閉まる時に地面への
クッション効果も期待出来ますから、ガレージドアや電動オープナー
への衝撃を和らげてもくれます。

ボトム・ラバーも経年劣化する消耗品ですから、ゴムが割れたり
破れたりしたら、交換するようにして下さい。

たまにこのボトム・ラバーを取付けしていないガレージ・シャッターも
あるようですが、ガレージドアの寿命にも影響するかも知れませんので、
取付けしておいた方がいいでしょう。

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートを
して欲しい、私と話をしたいという方は、お問い合わせ下さい。
全国どこでもご相談を受け付けます。

尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事を
いくつかご覧の上適否をご判断願います。
[PR]
# by mikami-homemade | 2017-03-06 13:53 | メンテナンス
c0108065_18461426.jpg


レクサンドーレンを含めて、北欧系木製輸入ドアのデッドロックには
ガードプレートが装着されていないものもあるようです。

勿論、北米系の輸入玄関ドアでもガードプレートが付けられていない
ものも存在しますが、うまく装着出来るものが少ないという点で、
北欧系の輸入ドアは対策が大変かも知れません。

この写真のように、ドアとドア枠との間に隙間が明いていると、
デッドロック・バーが外から丸見えとなってしまいます。

ここにバールのようなものを無理やり入れたり、金切り用の糸ノコで
デッドロック・バーを切断したりすれば、鍵の意味がありません。

高級なチーク材で出来た北欧系の玄関ドアですから、空き巣が
目を付ける前にガードプレートを装着して、犯行前にドアの破壊を
諦めるような抑止力を手に入れることが重要です。

ホームメイドでは、レクサンドーレンやスウェドア用にも
ガードプレートを販売していますから、防犯対策をご相談下さい。

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートを
して欲しい、私と話をしたいという方は、お問い合わせ下さい。
全国どこでもご相談を受け付けます。

尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事を
いくつかご覧の上適否をご判断願います。
[PR]
# by mikami-homemade | 2017-03-05 18:50 | 輸入住宅
c0108065_10381395.jpg


施工して12年経つウェイン・ダルトン(Wayne Dalton)社製の
ガレージドアが、割れてしまったので、修理をお願いしたいという
ご依頼を頂きました。

埼玉県のお客様ですが、お近くに対応頂けるような業者さんが
いらっしゃらないということで、名古屋の私共にわざわざご連絡を
頂いたとのことでした。

早速、状況を確認する為に写真をお送り頂いたのですが、
スプリングのシステムが特殊なトルクマスターと呼ばれるタイプの
ガレージドアでした。

このトルクマスターは、ウェイン・ダルトンのみが採用している
開閉機構で、日本国内では対応する部品類が存在しない状況です。

10年程度で交換が必要となるスプリング(バネ)ですから、こちらの
ものもそろそろ交換のタイミングに来ていますし、今後のメンテナンス
を考えれば、私たちも在庫を持っている標準的なトーション・スプリング
にこの際交換しておくべきだと考えます。

今回破損したガレージドアは、スチール製かファイバーグラス製の
もののように見えますが、こうしたものは断熱性や軽量化を考えて、
中身にウレタンフォームが入れられています。

ドア表面の薄いスチールやファイバーグラスの面材に覆われている
状態ではある程度の強度を発揮しますが、面材が割れたり剥がれたり
してしまうと、極端にその強度が失われてしまいます。

ガレージドアと電動オープナーとを繋げている黒いドア・アームが
ありますが、このドア・アームとドアとがボルト留めされた部分から
割れが入っている感じです。

こういう場合、ドアがスムースに上がらない状況の中、無理に
オープナーでドアを引き上げようとして、この部分に大きな負荷が
掛かってしまったか、もしくはドアがオーバースライドした状況の
時に、ドアの中央を押し下げるような力が加わったのが原因と
思われます。

このままガレージドアを開閉させて使っていると、ドアがレール
から脱落したりして、人や車の上に落ちてくる恐れもありますから、
もしこうなったら作動させることは中止して下さい。

今回幸い代替出来るガレージドアがありますから、ドアの交換や
システムの切り換えが可能ですが、絶妙のバランスや力加減で
作動するガレージドアですから、こうなる前に定期的な点検や
調整を行うよう心掛けましょう。

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートを
して欲しい、私と話をしたいという方は、お問い合わせ下さい。
全国どこでもご相談を受け付けます。

尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事を
いくつかご覧の上適否をご判断願います。
[PR]
# by mikami-homemade | 2017-03-04 10:46 | メンテナンス

割れたモール枠の交換品

c0108065_11542182.jpg


樹脂なので仕方ありませんが、陽の当たる場所では割れが入ります。

先日記事にファイバーグラス製玄関ドアのステンドグラスを固定
する為のモール材(押し縁)の交換が必要と書かせて頂きましたが、
その代替の新品が届きました。

木目に見える塗装を施す為、下地となる樹脂の色はベージュです。

お客様にもドアの写真をお送り頂いたり、モール材の採寸をして
頂いたりして、このメソナイト(Masonite)社の部材が合致する
のではないかということで調達しました。

ファイバーグラス製玄関ドアのメーカーは、北米に五万とありますから
同じサイズ・同じデザインのものを見付けるのは至難の業です。

でも、今回はきっとうまくいくような気がします。

古いものを外して、このモール材を新しく取り付けるのも、結構
面倒な作業ですが、ドアのメンテナンスをする際でなければ
交換するなんてことはなかなか出来ません。

だって、交換する際には、ドアの表面の塗装が剥げたり傷付いたり
しますからね。

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートを
して欲しい、私と話をしたいという方は、お問い合わせ下さい。
全国どこでもご相談を受け付けます。

尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事を
いくつかご覧の上適否をご判断願います。
[PR]
# by mikami-homemade | 2017-03-03 11:59 | メンテナンス
c0108065_12403422.jpg


輸入住宅のキッチンで定番とも言えるドイツ製食洗機ミーレ(Miele)。

洗練されたデザインや優れた耐久性、高い機能性が評価されてきた
のですが、日本にやってきたのが1992年。もう25年にもなるんですね。

今までは価格も国産のものに比べて、それなりに高いものであった
のですが、今回25周年を記念して特別価格の「G 4920 SCi」を
販売するそうです。

国産のものは45cm幅が多いのですが、この商品は60cm幅と大きめで
最大14人分の食器を洗うことが出来るばかりか、フライパンやボウル、
鍋も食器と一緒に洗えるのが素敵です。

この製品は、ドアのパネル材を別途取付けるタイプですので、キッチンの
ドアとお揃いの色にも出来ますね。

あと、プログラム時間を短縮するショート機能や、チャイルドロックも
備えているらしいですから、これは結構お値打ちです。

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートを
して欲しい、私と話をしたいという方は、お問い合わせ下さい。
全国どこでもご相談を受け付けます。

尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事を
いくつかご覧の上適否をご判断願います。
[PR]
# by mikami-homemade | 2017-03-02 12:45 | 輸入設備
c0108065_9314499.jpg


日本のおうちでは、インテリアの小物が部屋に並んでいる様子を
よく見かけます。

旅行の思い出や家族の作品を見て、当時のことを懐かしく感じる
ということは素晴らしいことではありますが、それらが無造作に
並んでいると、部屋のコンセプトやデザインを壊してしまうかも
知れません。

思い出の品は、部屋のアクセントとして出来るだけ最小限にして
おくと、その存在が活きるものとなるでしょう。

ただ、部屋の中に何も飾らないという選択もよくありません。

それは、インテリアへの自信のなさと自身のセンスへの恐れの
現れでもあるのです。そういう時は、勇気を持ってコーディネイトに
挑戦すべきです。

そんな時に役立つのは、壁に掛ける絵画かも知れません。
それは、彩りやインテリアのテーマを暗示させるものでもあります。

また、絵と同様に部屋に明るさや奥行、想像力といった隠し味を
付け加えてくれるのが、ミラーです。

写真のものは、照明器具で定評のある北米のキチラー(Kichler)社
の鏡です。

柔らかな金属の細い板を籠のように編み上げたデザインは、陽気な
太陽のようでもあり、自然を愛する象徴的な鳥かごをイメージさせる
かも知れません。

まずは、インテリアのコンセプトを決めて、それをテーマにした
要素を付け加えていけば、きっと美しいインテリアを実現出来ると
思います。あとは、失敗を恐れないことですよ。

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートを
して欲しい、私と話をしたいという方は、お問い合わせ下さい。
全国どこでもご相談を受け付けます。

尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事を
いくつかご覧の上適否をご判断願います。
[PR]
# by mikami-homemade | 2017-03-01 09:37 | 全般
c0108065_11224762.jpg


日本でも人気の高いフランク・ロイド・ライト。

その建築思想である「有機的建築」を称して、ユーソニア(Usonia)と
いう言葉が使われますが、アメリカではそれを再現したレプリカ建築が、
今でも各地で造られているようです。

この建物もその一つで、アメリカのウィスコンシン州の湖の畔に
建っている平屋の建物。

そこに施工されているのが、日本の輸入住宅でも多く採用されている
マーヴィン(Marvin)社製アルミクラッド・サッシです。

ほの暗い空間に開放的で重厚感のあるサッシは、クラシックなデザインを
醸し出すには打って付けかも知れません。

天井ギリギリまで伸ばされた背の高いデザインは、建物の奥の方まで
光をもっていくことを意識しています。

デザインに新しい古いはありません。そこに高い技術で作られた美しい
木製サッシが施工されれば、また長く愛されること請け合いです。

こういう建物をアメリカまで見に行きたいものですねぇ。

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートを
して欲しい、私と話をしたいという方は、お問い合わせ下さい。
全国どこでもご相談を受け付けます。

尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事を
いくつかご覧の上適否をご判断願います。
[PR]
# by mikami-homemade | 2017-02-28 11:28 | 輸入住宅
c0108065_12264493.jpg


先週、山梨県のお客様からメーカー不明の輸入の樹脂サッシに
取り付けられているチャンネル・バランサーが不具合を起したので、
交換したいというご相談を頂きました。

何でも、これから販売する中古物件の輸入住宅に施工されている窓に
付けられているものらしく、これが正常でないと売るに売れない
といった状況なのかも知れません。

写真をよく見ると、糸に連結しているはずのバネには、糸がつながって
いないような感じですし、糸自体も変に曲がっていていつ切れても
おかしくない状態です。

バランサーは、窓を開閉させる為には必修のパーツです。そこに
付いているバネや糸(ヒモ)が伸びたり切れたりしてしまうと、
サッシを持ち上げる機能が働きません。

つまり、開かずのサッシとなってしまう訳ですね。

バランサーは、10年毎くらいで交換する消耗品です。少し開け閉めが
おかしいなと感じたら、バランサーの破損を疑って下さい。

また、不具合のある窓以外に、上げ下げ窓がいくつか存在する場合は、
今正常なサッシもそろそろバランサーを交換する時期に来ています。

その時は、まだ大丈夫と思わずに全てのバランサーを交換するように
して頂きたいと思います。一度にやらないと、輸入する経費だけでも
バカになりませんから・・・。

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートを
して欲しい、私と話をしたいという方は、お問い合わせ下さい。
全国どこでもご相談を受け付けます。

尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事を
いくつかご覧の上適否をご判断願います。
[PR]
# by mikami-homemade | 2017-02-27 12:36 | メンテナンス
c0108065_12225557.jpg


静岡県御殿場のお客様から、久しぶりに連絡を頂きました。

ペラ(Pella)の上げ下げ窓の建具の下に付いているウェザーストリップ
(気密・防水用パッキン材)が、古くなってきたので交換したいという
ことでした。

この6月で築10年だそうで、写真を見る限り手入れをしてきれいに
お使い頂いているようですが、悪くなる前に早めに交換をしようと
いうことなんでしょうね。

白いボトム・ウェザーストリップの他に、上窓と下窓との噛み合わせ
部分にもグレーのウェザーストリップが付いていますから、そこも
一緒に交換したいとのこと。

普通のお客様は、悪くなって初めて交換・修理を考えるという人が
多いのですが、それだと窓への雨水の侵入があってからということに
なりますから、木製サッシの劣化などのトラブルも同時に直さなければ
ならなくなります。

まだきれいなうちに、トラブルを未然に防ぐ点検・補修を考える
ことは将来のメンテナンス費用を抑制することにつながりますから、
実は安上がりな暮らしをも実現出来るのだと思います。

皆さん、急がば回れですよ。輸入サッシの不具合等を放置しないで
早めに対処して下さいね。

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートを
して欲しい、私と話をしたいという方は、お問い合わせ下さい。
全国どこでもご相談を受け付けます。

尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事を
いくつかご覧の上適否をご判断願います。
[PR]
# by mikami-homemade | 2017-02-26 12:27 | 定期点検