輸入住宅の専門家による施工情報の提供


by Supervisor-homemade
c0108065_10551245.jpg

8年前に新築施工させて頂いた日進市のレンガ積み輸入住宅ですが、
キッチンと洗面の水栓金具の吐水口から水が漏れる不具合に
ついて相談がありました。

写真のキッチン水栓については、時折ポタポタと水が落ちる程度
ですが、洗面についてはずっと水が出続けるといった感じです。

こういう場合、ハンドル・レバーの台座に内蔵されたセラミック
バルブ(日本で言う止水パッキン)に問題があると考えていいでしょう。

これらの水栓金具は、カナダのアクアディス(Aquadis)社という
メーカーのものなんですが、数年前に一度廃業してから他の資本
によって復活したという経緯があります。

ですから、今の水栓金具と古い水栓金具との間には部品の互換性が
ない可能性が高いと思われます。

幸いなことに、廃業してすぐの時にカナダの卸し会社に残っていた
セラミック・カートリッジの在庫を少し調達しておいたので、
修理・メンテナンスは可能です。

キッチンの水栓金具については、同じ形式のセラミック・バルブが
ありましたので、すぐに交換して直すことが出来ました。

ただ、洗面については、私たちが在庫で持っているものとほんの
少し形状が違っていて、交換することは不可能でした。

同じメーカーのものでも、製品や生産時期によってセラミック
バルブに違いがありますから、これが他社のものであれば
全く合わないと考えた方が自然です。

確かに似たようなバルブだと思われる人もいるかも知れませんが、
こうしたバルブは北米には無数に存在します。

水漏れしたから交換したいと思っても安易に購入を考えないで、
メーカーや品番、施工時期を図面や仕様書で確認した上で、
私たちのような専門家に相談するようにして下さい。

こうしたことが分からなければ、セラミック・カートリッジを
交換するよりも、本体ごと入れ替える方が反って時間や費用も
抑えられるかも知れません。

その際は、予備のバルブも一緒に購入しておくといいかも
知れませんね。これさえあれば、水漏れの不具合には
将来も心配要りませんから・・・。

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートを
して欲しい、私と話をしたいという方は、お問い合わせ下さい。
全国どこでもご相談を受け付けます。

尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事を
いくつかご覧の上適否をご判断願います。


[PR]
# by mikami-homemade | 2017-10-07 11:07 | メンテナンス
c0108065_10194218.jpg

岐阜県山県市の輸入住宅でバランサーが切れたウィンテック社製
シングルハング・サッシのバランサー交換に行ってきました。

Wintechの窓だけでなく、ノード(Nord)社のダブルハング・サッシ
についてもピボットバーやコイル・バランサーを交換したり、パラペイント
で木部の防水塗装を施したりもしました。

今回は、私たちが壊れた部品を交換して差し上げただけでなく、
窓の構造や不具合の原因、交換方法やその際の注意点なども
お客様にレクチャーしてきました。

輸入サッシは、アルミクラッドや樹脂などいろいろな素材のものが
存在します。勿論、窓メーカーも様々ですから、構造や交換方法も
それぞれ違うと思われています。

実際に使われている部品や防水・防雨に対する考え方に違いがあって、
細かな部分で異なっていますが、おおよそのことは同じであると
考えています。

ですから、一度基本を理解し、それをそれぞれのサッシに応用すれば、
大抵の輸入サッシをメンテナンスすることは可能です。

輸入サッシをお使いの皆さんは、ご自身のおうちのサッシをよく観察し、
その構造や仕組み、部材を理解した上でメンテナンスや修理を行う
ようにして下さい。

そういったことが分からないというお客様は、まずは私共のような
輸入住宅のプロに依頼して、どうやれば直せるのかをご覧頂きたいと
思います。

誰だって、やったことがないのに最初からやれる人はいないですからね。

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートを
して欲しい、私と話をしたいという方は、お問い合わせ下さい。
全国どこでもご相談を受け付けます。

尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事を
いくつかご覧の上適否をご判断願います。



[PR]
# by mikami-homemade | 2017-10-06 10:23 | メンテナンス
c0108065_09501962.jpg

幅2.2m、高さ1.7mの開口しかない地下式のビルトイン・ガレージ。

通常のガレージドアは、幅2.4m、高さ2.1m又は2.4mという
大きさだから、こちらの開口寸法は相当小さいことはお分かりですね。

まず、こういうガレージを作ることは、そうそうないことだと
思いますが、もし作るとしたらこの開口に合わせて特注するしか
ありません。

でも、こちらに設置されたガレージドアは、特注でオーダーした
ものではないらしく、既製品のドアを開口寸法に合わせてカット
されているようです。

木製のガレージドアは、いくつものパネルを組み合わせて1枚の
ドアを形成します。それを4~6段積み重ねることで、大きな
ガレージドアにしています。

ですから、幅や高さを短くカットするということは、組付けた
接合部分を切断することに他なりません。

勿論、そんなことをすれば、組み合わせたパネルの強度が落ちて
しまい、長年の使用には耐えられなくなります。

こちらのガレージドアは、15年近くお使いのようですが、
ご覧のように金物を接合部に取り付けてパネルの脱落を辛うじて
防いでいます。

こんな状態では、いずれドアパネルが崩壊して、大きく壊れる
ことになるでしょう。そうなったら、下にいる人や車にも
危険が及んでしまいます。

施工したビルダーに問題はありますが、こうなったら一刻も早く
この開口寸法に適合したガレージドアを製作した上で交換すべき
だと思います。

尚、ドアだけでなく、レール類も規定の取付けをされていませんから、
電動オープナーにも大きな負担が掛かってしまい、その寿命を縮めて
いることは間違いありません。

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートを
して欲しい、私と話をしたいという方は、お問い合わせ下さい。
全国どこでもご相談を受け付けます。

尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事を
いくつかご覧の上適否をご判断願います。

[PR]
# by mikami-homemade | 2017-10-05 09:58 | 輸入設備

邪魔なゴミ箱を美しく

c0108065_10274311.jpg


国産のキッチンでもそうですが、ゴミ箱を置くスペースって
結構邪魔だったりしませんか。

キッチンの一角にキャビネットを設けないようにして、
そこにゴミ箱を置くというスタイルの人もいるようですが、
ゴミ箱が隠れているようで隠れていないなんて感じになりませんか。

そう、キッチンにゴミ箱を置くのって、結構美しくないんです。

私たちは、生ごみを入れるゴミ箱は、シンク下のキャビネットの中に
納めてしまい、その他のゴミは写真のような4分割の分別ゴミ箱を
余ったキャビネットの中に設置します。

プラスチックの色分けされた3つのゴミ箱は、それぞれ入れるものを
予め決めて捨てられます。

一番奥にあるキャンバス地のバッグ型ゴミ箱は、少し多めに入れても
膨らみますから、たくさん入れられます。

勿論、全てのゴミ箱は、フレームから脱着出来ますから、捨てるのも
装着するのも簡単です。

北米のキッチン・アクセサリーは、種類も豊富。

こんなゴミ箱一つとっても、楽しいデザインのものが手に入ります。

型にはまっていない自由な輸入のキッチン・キャビネット。
新築時には、こんなアクセサリーの中から自分に合ったものを
組み込みたいですよね。

これであなたのキッチンも、美しくスッキリしてみませんか。

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートを
して欲しい、私と話をしたいという方は、お問い合わせ下さい。
全国どこでもご相談を受け付けます。

尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事を
いくつかご覧の上適否をご判断願います。
[PR]
# by mikami-homemade | 2017-10-04 10:32 | 輸入設備
c0108065_11370963.jpg

ペラ(Pella)のアルミクラッド・サッシをお使いのお客様から
ロックレバーが半分くらいしか下がらず、完全にロックすることが
出来ないという相談を頂きました。

写真は、お客様からお送り頂いたものですが、建具(障子)側の
ストライクの穴にロック・ラッチの爪がしっかり入らない感じです。

こういう場合、建具自体がその重さで垂れて、取付け位置が変化
した為に窓枠内にしっかり入らなくなったという原因が考えられます。

また、ラッチ自体の機能に不具合が生じ、ラッチの動く範囲が
狭くなって穴へ入るべきところが入らなくなったという問題かも
知れません。

建て付けの問題であれば、建具の高さや水平を確認した上で、
起こしを調整してやる必要があります。

ラッチの問題であれば、ロック・ラッチを交換すべきでしょう。

勿論、その両方の問題であったり、最近の雨や湿気で建具の木が
膨張したり、歪んだりしている可能性もありますから、よく状況を
観察して適切な対処をしなければなりません。

最近は、どのサッシもペアガラスになってきていますから、建具の
重量もそれなりにあります。

建具の下がりや変形が起こりやすい状況が、今のサッシには必然的に
ありますから、ちゃんと調整しなければ防犯性にも不安が残ります。

輸入サッシは、癖があるものもあり、調整にも技術や経験が必要
ですが、ちゃんと直せば元のスムースな開閉が可能となります。

冬が来る前に、どうぞ皆さんの輸入住宅でもサッシのチェックを
してみては如何でしょうか。

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートを
して欲しい、私と話をしたいという方は、お問い合わせ下さい。
全国どこでもご相談を受け付けます。

尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事を
いくつかご覧の上適否をご判断願います。

[PR]
# by mikami-homemade | 2017-10-03 11:46 | メンテナンス
c0108065_12203123.jpg

既に会社がなくなってしまったウェンコ(WENCO)社の
サッシの網戸が破損したので調達したいという相談がありました。

通常輸入サッシの網戸は、アルミの細い枠で出来ていますから、
外す時に落としたり歪めたりして、曲がることがよくあります。

また、古くなってくると、プラスチックで出来た網戸のコーナー
の部品が経年劣化で破損します。

そうなると、網戸が形を保持することが出来ませんから、
網戸を新しいものにするか、コーナー部品を特定して海外から
調達するかしか方法はありません。

そこまでに古くなった網戸は、網(スクリーン)自体も劣化して
きていますし、網戸を固定するピンも割れてきたりしていますから
修理・メンテナンスが必要です。

でも、ウェンコのようにサッシ・メーカーが存在しないような
ケースでは、既存の網戸を確認してそれと同じ部品や大きさで
新たに製作し直さなければなりません。つまり、オーダーメイド。

そういう点では、たかが網戸とは言え、費用も時間も掛かります。
安易に安く手に入れようと考えないで、ここはちゃんとしたものを
作るようにしたいものです。

勿論、網戸も手入れをすれば長持ちしますから、日頃の掃除や
メンテナンスを忘れずに行って下さいね。

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートを
して欲しい、私と話をしたいという方は、お問い合わせ下さい。
全国どこでもご相談を受け付けます。

尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事を
いくつかご覧の上適否をご判断願います。


[PR]
# by mikami-homemade | 2017-10-02 12:32 | メンテナンス

この溝で、全然違います

c0108065_10505011.jpg


大分市で施工しているレンガ積み輸入住宅 U様邸。

せっかくの機会ですから、レンガ積みで外壁を造る際の素敵な
部分をいろいろと紹介していきたいと思います。

レンガ積みの精度がいいかどうか、職人の腕がいいかどうかは、
こうやってレンガの壁に頭を近づけるとよく分かります。

正面からレンガの外壁を見るより、壁に沿って視線を遣ると
壁が真っ直ぐかどうか、垂直に立っているかどうかを

確認出来るのです。

ご覧下さい、このレンガの水平・垂直加減を!
どの方向を見ても、レンガが一直線に積まれていますよね。

これぞ、本場カナダのレンガ積み職人たちの真骨頂です。

そして、窓の下にアゴのように飛び出しているのが、ボトムシル。
ウィンドウ・シルとも呼ばれますが、外装材に厚みのない現代の
家には見られないデザインです。

つまり、明治・大正期に建てられた東京駅の丸の内駅舎などの
レンガで出来た歴史的建造物しか、このような装飾は見られません。

でも、これは単なる飾りという訳ではありません。ちゃんと
役割があるんですね。

それが、雨だれの防止。窓の両サイドは雨が溜まって垂直に
流れていきます。それと一緒に汚れも落ちていきますから、
窓の下には黒い雨だれが付いて取れなくなります。

そんな雨だれをこのボトムシルが受けてくれて、ボトムシル
全体に広がります。その広がった雨水がそこから落ちる時に、
ボトムシルの下端に彫られた溝(アンダーカット・ライン)で
遮られ、外壁に伝わることなく地面へと落ちるという訳です。

これがあるのとないのとでは、外壁の美しさが全然違います。

100年以上使ってもらうことを念頭に入れた施工ですから、
私たちはこういうことにまで神経を遣っているんですね。

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートを
して欲しい、私と話をしたいという方は、お問い合わせ下さい。
全国どこでもご相談を受け付けます。

尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事を
いくつかご覧の上適否をご判断願います。


[PR]
# by mikami-homemade | 2017-10-01 11:01 | 外装工事
c0108065_11530732.jpg

以前何度か輸入住宅のメンテナンスでご依頼を頂いたお客様から、
室内の壁に穴を明けてしまったので、補修をお願いしたいという
ご相談を頂きました。

そのおうちは、私共が手掛けた家ではありませんが、当時としては
珍しく壁をドライウォールで仕上げています。

何故穴が明いたのかは分かりませんが、写真からして20cm四方
の石膏ボードを張り直した上で塗装をしてやる必要がありそうです。

ドライウォール用の塗料は、新築した当時のものをお客様が保管
していらっしゃるようで、それを利用すれば壁全体の塗装をする
こともなく、タッチアップで直せそうです。

ただ、私たちが使う天然石膏のドライウォール・パテは、揮発性の
化学物質を含んでいないので、乾きが遅いんです。

勿論、天然石膏ならではの粘りや柔軟性がある分、壁に割れが
入りにくいというメリットがありますから使うんですが・・・。

ビニールクロスなどでは、部分的な補修といったことは不可能
ですし、塗料だけあれば部屋の模様替えも出来ますから、
ドライウォールは簡単で非常に便利です。

(尚、輸入の専用塗料は臭いもないので、部屋に家族がいても
工事が可能なんですよ)

ただ、これをやれる人が日本には少ないんですよね。

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートを
して欲しい、私と話をしたいという方は、お問い合わせ下さい。
全国どこでもご相談を受け付けます。

尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事を
いくつかご覧の上適否をご判断願います。

[PR]
# by mikami-homemade | 2017-09-30 12:00 | メンテナンス
c0108065_12154021.jpg

昨日に引き続き大分市の外壁レンガ積みの様子をご覧に入れます。

建物の壁の一部だけをアクセントとしてレンガ張りするおうちは多いと
思いますが、レンガ積みをする場合は建物の全面(四面全て)をレンガで
覆います。

それは、一部の壁だけを重くしてしまうと、地震の横揺れによってGが
掛かった場合、その面だけが建物や他の外壁を強く引っ張ったり押したり
するからです。

つまり、建物としては、力のバランスが崩れてしまうということです。

それを防ぐ為には、全ての外壁を同じ重量、同じ強度で施工する必要が
あるのです。そうすることで、隣り合う壁同士が支え合って地震の揺れ
に耐えることが可能となります。

また、レンガそのものの重量は、基礎の方に掛かってきますから、
構造体の壁には何ら負担は掛かりません。

下から積んでいく本物のレンガ積みは、そこが味噌なんですね。

どうでしょう、1階部分がほぼ積み上がった壁は、1枚のパネルのように
平らに仕上がっています。

窓周りのレンガの奥行きを見なければ、ブリック調のデザインサイディング
と見分けが付かないかも知れません。

勿論、外壁のレンガを触った時の質感や重厚感のある見た目は、フェイク
のレンガとは明らかに違いがあるとは思いますが・・・。

窓の下端にアゴのように出っ張ったボトムシル(窓カウンター)も、
レンガ積みならではの美しいデザインですね。
(尚、ボトムシルは、窓から垂れる汚い雨だれ跡を防いでくれます)

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートを
して欲しい、私と話をしたいという方は、お問い合わせ下さい。
全国どこでもご相談を受け付けます。

尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事を
いくつかご覧の上適否をご判断願います。

[PR]
# by mikami-homemade | 2017-09-29 12:21 | 外装工事
c0108065_13090625.jpg

大分市で建築中の輸入住宅で、レンガ積みが始まって10日余り。

カナダのレンガ職人たちは、順調に仕事をこなしているようです。

カナダ製のレンガが、いくつも足場の上に置いてありますが、
こうしておくとレンガを効率よく積んでいけるのです。

それにしてもすごい量でしょ。でお、これはほんの極僅かなんですよ。

右手には、コテでモルタルを練っているレンガ職人が写っています。
(このコテも、レンガ積み専用に輸入したものなんです)

彼は、比較的若いですが、早くて美しいレンガ積みをしてくれる
いい職人です。

日本でレンガの家と言えば、タイル状のスライス・ブリック張りが
普通ですが、本物のレンガを積んだ家は重厚感が違います。

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートを
して欲しい、私と話をしたいという方は、お問い合わせ下さい。
全国どこでもご相談を受け付けます。

尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事を
いくつかご覧の上適否をご判断願います。


[PR]
# by mikami-homemade | 2017-09-28 13:20 | 外装工事