輸入住宅の専門家による施工情報の提供


by Supervisor-homemade
c0108065_1125478.jpg


屋外側がアルミで出来た木製輸入サッシのマーヴィン(Marvin)。

最近製造されたものではトラブルの相談を頂くことはありませんが、
1990年代以前に施工された窓では室内側の木部が腐ってくる
という不具合が数多くありました。

勿論、こうしたトラブルはマーヴィンに限ったことではなく、
木製サッシ全般で起こったことですが、その原因は2つのことが
考えられます。

1つ目は、サッシ自体の構造的な問題や防水処理の劣化です。

構造的な問題とは、外装のアルミ板と木部とがピッタリ接している
形状だった為に、サッシで内部結露が発生すると水分が接触面に
滞留してしまうということでした。

それは、建具と窓枠とが接する部分でも起こりました。

こうしたことは構造的な問題ですから、サッシ・メーカーの改善が
必要ですが、木部に適切な防水塗料を塗ることである程度防止する
ことも出来たと思います。

でも、実際には内装用のニスのような塗装を施していただけで、木部に
何ら防水塗装がなされていなかったことも問題だったと思います。

また、ガラスとアルミの境界線やアルミ・カバーのつなぎ目の
防水処理が何等かの原因で劣化したり、切れたりして雨水が
そこから侵入する問題もありました。

2つ目は、施工後のケアが不十分だったということです。

アルミクラッドの木製サッシは、自然素材で出来ています。
ですから、水分による腐敗が生じるということを常に意識して
いなければなりません。

にも拘わらず、多くの輸入住宅で梅雨や台風の時期でも常に
窓を閉め切ったままにして、晴れ間にサッシを開けて乾燥させる
というケアを怠ってきました。

また、サッシの防水処理が経年劣化で悪くなるということを
考えなかった為に、こちらも放置された状態で10年近く
分からなかったというご家庭が多いのです。

国産のアルミサッシにはない高級感や温かみ、湿気や温度を
調節してくれる素晴らしい機能が木製輸入サッシにはありますが、
ものには必ずデメリットも存在します。

輸入サッシのメーカーは、クレームに対して真摯に改善を
進めてきたところが残っていますから、構造的な部分では
問題は少なくなると思われます。

ただ、その後のケアという部分では、未だにそれをお客様側に
伝えていない住宅メーカーが存在します。
(こうした注意記事を書く建築会社は、ほぼありませんね)

また、そうしたデメリットに対応した生活を心掛けるお客様が
少ないというのも、現実としてあるでしょう。

高品質な輸入住宅を後世まで残していきたいというのであれば、
アフターケアが出来るビルダーと付き合っていくことも大切
ですが、お客様側でも家を注意深く見守っていくことも必要
だと思います。

これは、輸入・国産、どちらに限ったことではありません。

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートを
して欲しい、私と話をしたいという方は、お問い合わせ下さい。
全国どこでもご相談を受け付けます。

尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事を
いくつかご覧の上適否をご判断願います。
[PR]
by mikami-homemade | 2016-09-28 11:35 | 輸入住宅
c0108065_18305029.jpg
どんなに外壁の塗装や防水をやり直しても、どんなに屋根の
塗装や防水をやり直しても、雨漏りが止まらない輸入住宅が
どれ程あるのでしょうか。

こうしたトラブルの多くは、輸入資材への知識不足だったり、
英語の施工マニュアルを読まずに間違った施工をした為に起こる
ケースが後を絶ちません。

住宅メーカーの中には、施工した責任を放棄して補修工事をも
投げ出してしまう処もあるようですから、お客様は自力で試行錯誤を
繰り返すだけで、最後は泣き寝入りという状況です。

でも、雨漏りには必ず原因があり、その原因となるところを解決
さえすれば、何事もなかったかのように問題は解消されますから、
諦めないで下さいね。

ただ、その原因は一つではないかも知れません。資材そのものの
問題の他に、施工不良が重なっていることもありますから、過信
せずに慎重に調査をすべきだと思います。

この写真は、先日雨漏りの補修工事を開始した日進市の現場です。

20年近く前に大手ゼネコンが手掛けた珍しい輸入住宅なんですが、
アルミクラッド・サッシの選定に誤りがありました。

また、輸入サッシの木部やアルミのつなぎ目に対して、適切な
塗装や十分な防水処理を施していなかったのが原因です。

アルミクラッド・サッシのアルミの隙間や木部が劣化したことに
よって発生した割れから雨水が侵入して、それが防水紙(シート)
と構造用合板との間を通って下の階に落ちていったようです。

ですから、いくら外側の外壁や屋根をコーキングしても、いくら防水
シートをきれいに施工しても、その内側を雨水が流れていったのですから、
雨漏りが直るはずはありません。

(防水紙は、透湿性のないアスファルト・ルーフィングが使われて
いますから、本当なら外壁を全部剥がしてやり直ししたい処です)

ご覧のように、雨が伝った処の合板は黒ずんで腐っていました。
ただ、合板の表面を流れていたようですから、その内側のグラス
ウールの断熱材は乾いた状態で無事でした。
(尚、内部を確認する為に、合板の黒ずんだ部分は撤去しています)

多少2x4の柱材(スタッド)に損傷がありますので、その部分は
取り外して交換します。

雨水がどこから来たのか、どこを通ったのかで損傷する箇所も違って
きます。当然、その復旧方法も変わります。
(直し方は、都度状況によって異なるのです)

想像や思い込みだけで全く違う場所を補修しても雨漏りが直らない
ということを施工者も自覚しなければいけません。

設計士やリフォーム業者をプロとして信用するのは、ある意味当然
ですが、間違った施工をしてしまう業者が少なくありませんから、
ご注意下さい。(大手ゼネコンは、そもそも畑違いですから、
直せないのは至極当たり前ですが・・・)

この現場の工事の様子は、また順次記事にアップしていきますね。

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートを
して欲しい、私と話をしたいという方は、お問い合わせ下さい。
全国どこでもご相談を受け付けます。

尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事を
いくつかご覧の上適否をご判断願います。

[PR]
by mikami-homemade | 2016-08-24 18:40 | 外装工事

そろそろ、塗り時です

c0108065_12502953.jpg
北海道のお客様からスウェドア(スウェーデン・ドア)の
塗り直しについて相談を頂きました。

美しいチーク材の木目が健在ですが、ドアの下部の塗装が
剥がれてきています。

塗装の剥がれくらいならまだ大丈夫ですが、表面のチーク材が
めくれてきたり、表面に割れが見受けられるようになってくると
修理するのが難しくなってきますから、注意が必要です。

ただ、このドアの状態からすると、玄関上の庇(ひさし)に
ある程度深さがあって、雨に当たりにくい場所なのでしょうから、
メンテナンスの頻度もそれ程多く必要はないと感じます。

とは言いつつ、玄関ポーチの土間がドア下すれすれという状況は、
ドアの下端を腐らせるリスクがあるかも知れません。

こういう場合、パラペイントのティンバーケアのような木部用防水塗料を
塗る際に、ドアを一旦外して下端や上端も丹念に塗装してあげることを
お勧めします。

もし可能なら、ドアを取り付ける時にドアの建て起こしや位置調整を
してあげると、更にいいですね。

そうすると、ドア・ラッチの掛かりがよくなったり、ロックの固さが
軽減されたりするので、開閉もスムースになりますよ。

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートを
して欲しい、私と話をしたいという方は、お問い合わせ下さい。
全国どこでもご相談を受け付けます。

尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事を
いくつかご覧の上適否をご判断願います。

[PR]
by mikami-homemade | 2016-08-19 12:58 | 塗装工事

塗り直せば、まだ大丈夫

c0108065_10431081.jpg


シンプソン(Simpson)社製木製輸入ドア、シャトーミッシェル。

両袖にサイドライト(子扉)が付いている上に、トップにも
トランザムの明かり取りまで付いている豪華な玄関ですね。

ただ、新築から20年近く経っているにも係らず、塗り直し等の
メンテナンスを全くやってこなかったので、木の表面が黒ずんだりして
劣化が見受けられます。

ただ、この玄関の位置が、下屋のある奥の方であった為、雨に曝される
ことが少なかったようで、20年にしては傷みが少ない方ではあります。

木の割れなどもあまりないようですから、この程度なら表面に少し
ペーパーを当てて、スムースにしてからパラペイントのティンバーケアを
塗装してやれば、相当元に戻るような気がします。

尚、表面の化粧板が既に剥がれた状況の場合は、真っ白く塗装する方が
美しく仕上がると思います。ヨーロピアンに行くなら、赤や緑で塗装
するのも楽しいですよ。

また、経年劣化していれば、ドア下のボトム・ウェザーストリップなどの
気密パッキン材なども破れてきていますから、交換した方がいいですね。

あとは、防犯対策として鍵の隙間にガードプレートを装着したり、
必要あればダブルロックにするなりすれば、ほぼ完璧です。

(その他には、ドア・ヒンジを交換してドアの位置調整をしたり、
ディンプル・キーのシリンダーに交換して更に防犯を強化する
などありますが、少しずつやれる範囲で行いましょう)

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートを
して欲しい、私と話をしたいという方は、お問い合わせ下さい。
全国どこでもご相談を受け付けます。

尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事を
いくつかご覧の上適否をご判断願います。
[PR]
by mikami-homemade | 2016-08-11 10:48 | 塗装工事

窓を取付け前に塗装する

c0108065_1683787.jpg


アルミクラッドに代表される室内側が木製の輸入サッシ。

マーヴィン、アンダーセン、ペラ、ハードなど、名だたる有名メーカー
のものは、全て木の温かみを感じるサッシばかりです。

ただ、こうした高品質、高級感のある窓も外壁や屋根からの雨漏りで
せっかくの木部が腐ってくるといったトラブルも多く発生しています。

また、サッシ(建具)の枠とガラスとの隙間やアルミのつなぎ目など
から雨水が侵入して、木を腐らせることもしばしばです。

こうした木製サッシは、新築時に木の塗装をするのですが、防水塗装
ではなく、室内用のニスやステインが塗装に使われることが多く、
雨水が侵入してきた時に何の役にも立たないのが現状です。
(尚、出荷時に塗装がされているのは、外装のアルミ部分だけです)

そこで私たち ホームメイドでは、家に窓を装着する前に、サッシの
裏側になるところまで木部用の防水塗料 Para社製ティンバー・
ケアを全て塗る試みをしてみました。

そう、構造で隠れてしまう部分も塗装しますから、万一水や湿気が
壁の中にまで入り込んでも木製サッシを防御してくれるという
画期的な施工をやろうとしています。

写真は、その塗装風景ですが、木部がナチュラルな黄色味がかった
色に見えるところがティンバー・ケアで塗装した部分です。

普通は、内側の目に見えるところしか塗装しませんから、外側に
色が付いているのは日本でも初めての施工ではないかと思いますし、
全てが露出した状態ですから細かな部分まで塗装出来ます。

ただ、このように高さが1.8mもあるような大きなサッシだと、
取り回しが大変で塗るのには相当な手間が掛かります。

今回は、築18年の輸入住宅のサッシが一部腐ってきたので、
外装の防水改修工事を兼ねてサッシ自体を交換する為に
窓を輸入しています。

防水に不安のあるおうちですから、ここまでやればお客様も
安心して頂ける気がします。

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートを
して欲しい、私と話をしたいという方は、お問い合わせ下さい。
全国どこでもご相談を受け付けます。

尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事を
いくつかご覧の上適否をご判断願います。
[PR]
by mikami-homemade | 2016-08-02 16:14 | 塗装工事

大胆だけれど、美しい

c0108065_11392174.jpg


こちらの写真は、カナダのパラペイントのサイトで公開している外装の
配色提案例です。

濃いグレーの壁というと、日本ではネズミ色と呼ばれ、暗いイメージ
として敬遠されがちですが、同じグレーでもカナダの家はなんてお洒落
なんだと思いませんか?

グレーと一言で言っても、Para Paintsの色には青や紫、茶色などの
微妙な顔料(着色の素)が含まれています。

また、隣同士になる色のインパクトや相性、そしてアクセントになる
遊びの色もしっかり計算してデザインするので、色の美しさが
際立ってみえるという訳です。

また、色として認識しない白を用いることで、色の混雑を防いでいる
とも言えますね。

さて、日本に住む皆さんは、こうした色の遊びが出来るでしょうか。

もしそうしたいという希望がおありでしたら、ペイントに対する
知識と経験を持つプロにサポートしてもらうことをお勧めします。

そして、パラペイントのように美しいカラーが出せる輸入塗料を
ふんだんに使って、外観を飾ってみては如何でしょうか。

家の価値は、外観の色やデザインで決まると言っても過言ではありません。

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートを
して欲しい、私と話をしたいという方は、お問い合わせ下さい。
全国どこでもご相談を受け付けます。

尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事を
いくつかご覧の上適否をご判断願います。

関連ページ:パラペイント
[PR]
by mikami-homemade | 2016-07-24 11:45 | 外装工事
c0108065_139156.jpg


パラペイントの屋外木部用防水塗料、ティンバーケアをヒノキの
角材に塗って放置したのが、2009年7月。

普通だったら、形は留めているかも知れないが、劣化が進んで
相当腐れも出てきているように思いますが、2012年に続いて
定点観測を行ってみました。

まず、ティンバーケアを塗ったヒノキと比較する為に同時に放置した
ウリンと無塗装のヒノキから見てみましょう。

ウリンは言わずと知れた南洋材。細胞密度が高く、石のように固い
木材です。当初シケンズという木部用塗料を塗ってあったのですが、
それは見事に取れてしまったかも知れません。

でも、木の表面に出ていた紫色のアク(樹液?)が取れて、グレー
色に変化したくらいで、割れも以前の状況と変わらないといった
感じです。

そういった意味では、ウリンの耐候性はすごいものがありますね。

ただ、南洋材は熱帯雨林の伐採規制から、将来的には手に入らなく
なる素材であることから、交換が必要になった時の調達に難がある
かも知れません。

次に、無塗装のヒノキですが、白かった木肌も既に苔むして、
年輪の中心からの割れも相当な状況になっています。

角材の角のところなどは、ボロボロと欠落する状態になりつつあります。

でも、単体で晒されていたせいか、雨が降らなければ常に乾燥する
状況でしたから、7年間野ざらしの割にはよく頑張っている方です。

最後に、ティンバーケアを塗ったヒノキですが、当初の黄色い
塗装の色は所々剥げてきていますが、劣化等による欠損は全く
見られません。

ただ、年輪の中心からの割れは、無塗装の程ではないにしろ、
少しずつ入ってきている状態です。

それでも、腐朽菌やカビなどによる黒ずみや腐りはありませんね。

多分、ティンバーケアの塗装は、一度しか塗っていないと思いますので、
二度塗りすれば5年の耐久性があるというのは、まんざら嘘ではない
ようです。(勿論、今回はそれ以上の年月が経っていますが・・・)

木製のデッキやパーゴラを作られる方は、是非このティンバーケアを
塗ってから施工してみては如何でしょうか。

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートを
して欲しい、私と話をしたいという方は、お問い合わせ下さい。
全国どこでもご相談を受け付けます。

尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事を
いくつかご覧の上適否をご判断願います。

<関連記事>: PARA ティンバーケアは、こんなに強い! (2009年09月11日)

<関連記事>: PARA ティンバーケア 定点観測 (2012年12月16日)
[PR]
by mikami-homemade | 2016-07-12 13:21 | 塗装工事
c0108065_15404225.jpg


昨日、18年ぶりくらいお会いしていないお客様が、来社されました。

家の塗替えなどを計画されていらしたそうですが、知り合いの塗装
業者さんから提示された外壁の色がどうしても好みでないということで
NETでいろいろ検索していたら、私のサイトを見付けたそうです。

そこで、私が手掛けた作品やパラペイントなどのブログ記事を
ご覧頂き、輸入住宅に特化したこんなビルダーが名古屋にいるんだ
ということで、連絡を頂きました。

実は、このお客様には以前何度かお会いしていて、いろいろと
輸入住宅の説明をさせて頂いたことがあったのです。

勿論、私が当時どんなお話をさせて頂いたのかは、もう忘れてしまい
ましたが、その方のお名前等はよく覚えておりました。

電話を切った後、お客様の方でもどこかで聞いたことがある名前だと
思われたみたいで、ご夫婦でその話をされた時、「あっ、あの人だ」と
いうことになったそうです。

いや~、ほんと奇遇ですねぇ。

当然、私も今までずっと輸入住宅を手掛けてきましたから、輸入資材や
輸入塗料の色などについては、その当時よりも圧倒的に知識や知恵が
付いております。

外壁だけでなく、玄関ドアの色やサッシ・モール、将来のリノベーション
についてもいろいろ提案や紹介をさせて頂けると思います。

ただ、新築は十数年も前のことなのに、その時のお客様の情熱は、
全く失われていなかったのにはビックリしました。

やはり愛着というものは、いつまで経っても変わらないものでなければ
いけません。

まだ、私共で施工するかどうかは分かりませんが、この再会が
いいご縁になるといいですね。

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートを
して欲しい、私と話をしたいという方は、お問い合わせ下さい。
全国どこでもご相談を受け付けます。

尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事を
いくつかご覧の上適否をご判断願います。
[PR]
by mikami-homemade | 2016-07-11 15:47 | 外装工事
c0108065_12193666.jpg


INSPIRINGとは、「人を鼓舞する」とか「元気付ける」とかいう
意味の言葉です。

そんなテーマでデザインされたインテリアが、こちらです。

カナダに於いてドライウォール用の塗料で絶大な人気を誇る
パラペイントが提案する内装ですが、白い幅木(壁とカーペットとが
接するラインに施工する内装枠材)と少し黄色がかったベージュの壁
との相性が実に上品です。

また、テーブルやイスには、磨かれたダーク・チェリー材のものが
使われていて、落ち着いたアンティークさを演出しています。

そして、アクセントとしてテーブルと床に緑を配して、ベージュの
壁の美しさを引き立たせています。

勿論、壁に塗られた塗料は、上品さを感じさせるツヤ消し。白い幅木は
8分ツヤの塗料を使い、インテリアに高級感を与えています。

色とツヤ、隣り合わせた色同士の相性、素材感を計算してこそ、美しい
インテリアが作られることを感じてもらえましたでしょうか。

デザインは、センスと経験がなければ、いいものにはなり得ません。
だから、素人の皆さんの思いを形に出来るビルダーは、それ程多くない
かも知れませんね。

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートを
して欲しい、私と話をしたいという方は、お問い合わせ下さい。
全国どこでもご相談を受け付けます。

尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事を
いくつかご覧の上適否をご判断願います。
[PR]
by mikami-homemade | 2016-07-07 12:26 | 輸入住宅
c0108065_1062795.jpg


Para Paintsのサイトで紹介されているブログに掲載された
カナダの家の外観です。

グレーを基調とした全体像に、白い窓やガレージ・ドアをアクセント
にしたデザインは、エレガントな印象を与えていますね。

また、窓に映り込んだ青い空が、爽やかな雰囲気を感じさせます。

家のデザインは、家そのものの色遣いも非常に大切ですが、外構
デザインやお隣を含めた周囲の環境も加味しながら、自身の家が
どんな風にその場所に建っているかを想像することで決定する
必要があるのです。

でも、そこまで考えて外壁の色を決めている人は、日本では
非常に少ないのです。

それは、住宅メーカーの設計担当、リフォーム業者やペンキ屋さんで
色のことを勉強している人は全く存在していないのが原因です。

塗装工事を営業する人が、色については素人というのは、欧米では
考えられないことなんです。

色は感覚が大きな要素を占める素材ですから、美的センスがなければ
どうにもなりません。

そんな状況の中、塗料の性能や耐久性、丁寧な施工、安い価格の説明を
受けることはあっても、色の提案やコーディネートをしてくれる業者
さんが、皆さんの周囲にいらっしゃいますか?

確かに塗料の性能や施工の内容は大切なことですが、それはお客様に
とっては当たり前のこと。

外装の塗り替えで一番大切なことは、衰えた家のデザインを蘇らせて
その価値や愛着を取り戻すことなのです。

なのにあなたは、家のリフォームにおいて色以外のことで業者を
選択していませんか?

あなた一人で色を考えるより、プロのアドバイザーと一緒に
構想を練った方が素敵なリフォームが出来るのは自明の理です。

そう、色は家の性能そのものであり、価値を大きく左右します。

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートを
して欲しい、私と話をしたいという方は、お問い合わせ下さい。
全国どこでもご相談を受け付けます。

尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事を
いくつかご覧の上適否をご判断願います。
[PR]
by mikami-homemade | 2016-07-06 10:13 | 外装工事